2019年09月21日

令和元年秋場所 14日目○豪栄道

14日目 ○御嶽海(突き落とし)豪栄道●

勝負は一瞬。立ち合いで踏み込もうとした豪栄道に対し、御嶽海は右に動いて突き落とし。これが完璧に決まり、御嶽海が11勝目。優勝争いの先頭に立ったまま千秋楽を迎えることになった。

正直に言うなら、正面から当たってそのうえで勝ってほしかったという思いはある。ただ、とっさに動いたのだとしても、この大事な一番でこういう立ち合いをできる図太さというか精神力はすごい。最近は立ち合いの変化はまったくしていなかったし、だれも予想していなかっただろう。だからこそ決まった。この一番をしっかりつなげてほしい。

優勝が懸かった千秋楽の相手は遠藤。過去の対戦は5勝4敗で、先場所は押し出しで御嶽海が勝利した。久々に小結に返り咲いた遠藤はここまで8勝6敗。三役で初めての勝ち越しを決めている。現在、3敗で貴景勝、隠岐の海と並んでいる御嶽海だが、明日はこの2人の直接対決が組まれている。つまり御嶽海は勝てば決定戦、負けると優勝がなくなる一番となる。取組は御嶽海のほうがあとで、相手がわかってからの一番となるが、まずは決定戦は考えずに遠藤戦に集中したい。遠藤には勝った先場所も、負けたその前の場所もともに立ち合いでまわしを取られている。こうなると御嶽海にとっては厳しくなる。まわしを与えないように取ることができるかどうかが重要。ものすごいプレッシャーがかかる一番になると思うが、跳ね返してほしい。

過去の対戦
28初 ○御嶽海(押し倒し)遠藤●
28夏 ●御嶽海(寄り切り)遠藤○
28秋 ●御嶽海(寄り切り)遠藤○
29夏 ○御嶽海(引き落とし)遠藤●
30春 ●御嶽海(叩き込み)遠藤○
30夏 ○御嶽海(上手出し投げ)遠藤●
31春 ○御嶽海(押し出し)遠藤●
元夏 ●御嶽海(寄り切り)遠藤○
元名 ○御嶽海(押し出し)遠藤●

そして、もし御嶽海が勝った場合は貴景勝か隠岐の海との優勝決定戦となる。貴景勝とは過去7勝5敗で、今場所は中日に当たって貴景勝が勝利している。隠岐の海とは過去1勝2敗で、直近の対戦は昨年初場所。このときは突き出しで隠岐の海が勝利している。つまり、直近の対戦ではどちらにも負けていることになる。ただ、そこまで苦手という意識はないはずなので、もし決定戦まで進めたなら思い切って行けると思う。


ということですでに書いているが、3敗4人のうち剣翔が敗れて4敗に後退。4敗には朝乃山もいたが、千秋楽に貴景勝と隠岐の海の一番が組まれたため優勝争いから脱落した。明日、御嶽海が敗れると直接対決に勝った方が優勝、御嶽海が勝つと決定戦となる。両関脇のどちらかが勝てば2度目の優勝、隠岐の海が勝てば平幕優勝かつ34歳という高齢での初優勝となる。誰が優勝するのか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:10 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: