2019年09月22日

2019.09.22 巨人3-10ヤクルト

2回、ゲレーロの2ランホームランで巨人が先制。しかしその裏、太田のタイムリーでヤクルトが1点を返すと、3回には青木のタイムリーで同点とし、廣岡の3ランホームランで逆転する。続く4回には青木の2点タイムリーと山田の内野ゴロの間の1点で3点を追加する。巨人は5回、田中のタイムリーで1点を返すが、7回、松本の2ランホームランでヤクルトが2点を追加。ここで雨が強くなり試合が中断。そのまま降雨コールドとなった。巨人は優勝を決めた翌日だったが、大敗となった。

先発の桜井は4回8失点。打たれまくってしまった。優勝翌日という特殊な状況での登板ではあったが、今後が不安になるピッチングだった。

打線は坂本、丸、亀井、阿部といった主力をスタメンから外して若手多めで臨んだが3点。今日スタメンに入った選手たちもみんないい選手だけど、やっぱり坂本や丸がいないと迫力という点ではちょっと見劣りするのかなと思う。岡本も含めて、まだ成長できる選手たちだと思うので、こういうスタメンの機会をしっかり活かしてほしい。

明日の先発は巨人が今村、ヤクルトが山田。今村は9月1日以来の登板。そのときは4回途中1失点で負け投手となった。今村にとってはCSの出番をつかむ大事なチャンスになる。チームとしても良い先発はいくらいても困らない。まずは試合をしっかり作ってほしい。対する山田とは今季3度目の対戦。過去2試合は山田から見て2勝0敗、防御率3.55。今季は2度とも負けている相手だが、明日は打って勝ちたい。

posted by K at 22:33 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: