2019年09月27日

2019.09.27 巨人6-4DeNA

3回、ソトの2ランホームランでDeNAが先制。4回、坂本のホームラン、そして今日が引退試合となる阿部のホームランで巨人が同点に追いつく。続く5回には炭谷の満塁ホームランが飛び出し、巨人が4点を勝ち越す。9回、ロペスのホームラン、中井の内野ゴロの間にDeNAが2点を返すが、反撃はここまで。巨人はレギュラーシーズンのドーム最終戦、そして阿部の引退試合を見事勝利で飾った。

今日は阿部の引退試合ということで、先発は阿部から指名されたマシソン。阿部とのバッテリーで臨み、1安打されたものの初回を無失点で抑えた。2回は澤村で、阿部はキャッチャーとして座った後、澤村に歩み寄り、頭を叩くふりをしてから握手。その後はファーストにいた大城とポジションを換え、ファーストの守備に就いた。この時点でもすでに見せ場はたっぷりあったが、なんといっても4回。坂本の40号ホームランが出たあとに同点となる完璧な一発を放った。今季の第7号、プロ通算406号だった。あれだけの当たりを見るとあと1年どころか3年くらいは余裕でできそうな気がしてもったいなく感じるのだが、本人が決めたことなのでしょうがない。そして8回、一度守備位置についた後に交代を告げられた。最後まで素晴らしい引退試合だったと思う。

阿部以外では、坂本が40号。巨人生え抜きの右打者では史上初の40本となった。これまでの記録は長嶋さんの39本だったのでミスターを超えた。ホームラン王は厳しくなったが、40本に乗せられて良かった。

そして今日の勝ち投手は5番手で上がり4イニングを無失点に抑えた戸郷。高卒ルーキーが2試合目にしてプロ初勝利を挙げた。前回も5回途中2失点とまずまずのピッチングをしていたし、これはひょっとしたらCSでの起用もあるかもしれない。今日の勝利は本人はずっと忘れないだろう。

さあ、明日がレギュラーシーズンの最終戦。神宮でのヤクルト戦となる。ヤクルトはすでに最下位が決まっている。明日の先発は巨人が山口、ヤクルトが小川。すでに最多勝と最高勝率のタイトルを確定させている山口。もう1つ、現在トップに立っているのが奪三振のタイトルで、DeNAの今永と2個差。そして今永も明日最終戦に先発する。今永と2個差までに収めれば3つ目のタイトルを手にすることになる。明日は勝利はもちろんだが奪三振も狙っていってほしい。対する小川とは今季4度目の対戦。過去3試合は小川から見て0勝2敗、防御率7.56。今季5勝12敗、防御率4.71と苦しんだ小川だが、前回登板では今季初完封と意地を見せた。打線でタイトルに届く可能性がありそうなのは坂本の最多安打(1位と2本差、1位の大島は1試合多い)くらいで、ホームランは3本差なので厳しそう。全員が良いバッティングをすることを期待したい。

posted by K at 21:47 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: