2019年10月23日

2019日本シリーズ第2戦〜第4戦結果

第2戦 巨人3-6ソフトバンク
巨人・メルセデス、ソフトバンク・高橋礼、両先発が4回までパーフェクトに抑える好投を見せる。試合が動いたのは7回。松田の3ランホームランでソフトバンクが先制する。続く8回には柳田のホームランと福田の2ランホームランでソフトバンクが3点を追加。巨人は9回、岡本のタイムリー、阿部のタイムリーで3点を返すが、反撃はここまで。ソフトバンクが2連勝とした。

第3戦 巨人2-6ソフトバンク
初回、亀井の先頭打者ホームランで巨人が先制。しかし直後の2回、グラシアルのホームランでソフトバンクがすぐに同点とする。3回、デスパイネのタイムリーでソフトバンクが勝ち越し。その裏、亀井の2打席連続ホームランで巨人が同点とする。4回、ソフトバンクは長谷川の犠牲フライ、柳田の押し出し四球、デスパイネの2点タイムリーで一挙4点を勝ち越し。巨人はその裏満塁のチャンスを作るがそれを逃すと、それ以降はチャンスらしいチャンスも作れずゲームセット。ソフトバンクが3連勝となった。

第4戦 巨人3-4ソフトバンク
4回、グラシアルの3ランホームランでソフトバンクが先制。6回、岡本の2ランホームランで巨人が1点差とする。しかし7回、ソフトバンクは巨人のエラーで1点を追加。その裏、丸のタイムリーで巨人が再び1点差とするが、同点にはできず。結局このままゲームセットとなり、ソフトバンクが4連勝で3年連続の日本一となった。


もうちょっと勝負になると思っていた。ソフトバンクは言うまでもなく強いが、シリーズが始まる前はそれでも勝てると本気で思っていたし、2連敗した後でもなんとか福岡までは、と思っていた。だがすべてにおいて、本当にすべての、あらゆる要素においてソフトバンクのほうが上だった。先発も、中継ぎも、打撃も守備も走塁もすべて。でも一番差があったのは経験ではないかと思う。巨人は日本シリーズに出場するのは6年ぶりだったが、巨人が出ていない5年間でソフトバンクは4度日本一になっている。日本シリーズ初出場の選手が多い巨人と、ほとんどの選手が日本シリーズを経験しているソフトバンク。その差が守備とかに出たんじゃないだろうか。完敗だった。だが、今年巨人は日本シリーズに出た。その経験はちゃんと残る。この経験をちゃんと力に変えて、次こそは日本一になってほしい。ソフトバンクの皆様、日本一おめでとうございます。

最後に、阿部にとっては今日が現役最後の試合となった。今日はスタメンからは外れたが、6回に代打で登場。この打席はデッドボールで出塁し、その後はファーストの守備に。8回に回ってきた現役最後の打席はセカンドゴロとなった。阿部を日本一で送り出せなかったのは何よりも残念だが、これからは指導者として(おそらくまずはコーチとして)、巨人を日本一へと導いてくれると思う。また、マシソンも試合終了後に今季限りで退団し、来年の東京五輪でカナダ代表としてプレーをした後に引退すると表明した。マシソンについては東京五輪を目標にしているのは知っていたし、来季までなのかなとは思っていたが、今季限りで退団というのは驚いた。おそらく日本の他球団に行くわけではなく、カナダに戻って五輪を目指すんじゃないかと思われる。リーグ3連覇に大きく貢献してくれたし、その後もチーム随一の安定感だった。間違いなく巨人史に残る助っ人中継ぎだった。ぜひ東京五輪でもマシソンが投げる姿を見たいので、頑張ってほしい。阿部、マシソン、今までありがとう、そしてお疲れさまでした。

posted by K at 23:13 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: