2019年11月10日

令和元年九州場所 初日、2日目の取組が決定

明日初日を迎える九州場所の初日、2日目の取組が発表され、先場所優勝した東関脇の御嶽海は初日に妙義龍と、2日目に北勝富士との対戦が組まれた。

妙義龍とは過去3勝3敗。先場所は押し出しで勝利した。妙義龍は先場所、途中休場をしながらも再出場し勝ち越し。今場所は東2枚目となっている。初日に当たる相手としては結構嫌な相手だと思うが、逆にここで良い相撲で勝てれば今場所も乗っていけるはず。大関取りとかは一切考えず、とにかく自分の相撲を取り切るのが大事だ。

過去の対戦
28春 ○御嶽海(寄り切り)妙義龍●
30秋 ○御嶽海(押し出し)妙義龍●
30九 ●御嶽海(寄り切り)妙義龍○
31初 ●御嶽海(押し出し)妙義龍○
31春 ●御嶽海(寄り切り)妙義龍○
元秋 ○御嶽海(押し出し)妙義龍●


今場所12勝を挙げれば、大関昇進の目安である3場所合計33勝に届く御嶽海。最大の目標はそこになるだろう。2場所前が1ケタの9勝で、貴景勝が同じく1場所目が9勝だったため一度は昇進を見送られたケースがあるため、33勝しても昇進確実ではないが、その時点の貴景勝と比べると三役経験の豊富さが違うため、個人的には12勝すれば昇進はできるんじゃないかと思っている。とはいえ12勝は相当高いハードルだ。今場所は(初日時点では)横綱・大関も全員出場するし、最低でもこのうち2人には勝たなければいけない。その大きな目標の前に、まずは2場所連続の10勝を目標にしてほしい。そのためには中日まで悪くても2敗、できれば1敗で行きたい。10日目までに勝ち越せれば、10勝、そしてその先の大関昇進が見えてくると思う。


今場所は横綱・大関5人が全員初日に出場。中でも大関返り咲きの貴景勝とかど番の高安は注目だろう。貴景勝は先場所最後まで優勝を争ったが、御嶽海との優勝決定戦で負傷。出場も危ぶまれたが、回復を見せて出場を決めた。ただ本当に大丈夫なのかという不安はある。数日は様子を見る必要がある。高安もまだケガが治り切ってはいないようだが、場所前に婚約発表もしたし、気合が入っていることだろう。また、今場所関脇に落ちた栃ノ心は10勝すれば大関復帰となるがどうなるか。さらに今場所は小結が4人いるという特殊な番付になっており、この4人(阿炎、遠藤、北勝富士、朝乃山)が上位相手にどのように戦っていくかも注目だ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:24 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: