2019年11月19日

令和元年九州場所 10日目●竜電

10日目 ●御嶽海(寄り切り)竜電○

立ち合い、頭で当たった御嶽海は左を差し、右上手を引いて一気に寄る。しかし竜電も下手を取り、上手を引いて左四つの状態になるとこの寄りを耐える。竜電は御嶽海の上手を切ると寄っていく。御嶽海はこらえようとするもこらえきれず、そのまま寄り切り。御嶽海は連勝が止まり、5勝5敗で中盤戦を終えた。

立ち合い、竜電に早い段階で下手を取られていたが、構わずに寄って勝負を決めようとする姿勢はとても良かった。ただあそこまで攻め込んだのであれば決めきってほしかった。四つは御嶽海の得意とする形ではないが、白鵬や鶴竜を始め上位は四つが得意な力士が多い。若手でもこの竜電のほか、朝乃山や遠藤も四つの力士だ。こういった相手でも、今日みたいな状態まで行った時には四つ相撲でも勝てるくらいの力はつけておきたい。

中盤戦が終わって5勝5敗。10勝のためにはもう一番も負けられなくなった。残り5日は白鵬、貴景勝、阿炎、遠藤、朝乃山と全員三役以上。10勝はもちろん、勝ち越しだって簡単ではない。ただ、序盤戦が終わった5日目時点と比べると内容は格段に良くなっている。まずは勝ち越しに向けて、一日一日を集中して取っていきたい。

明日の相手は遠藤。過去の対戦は6勝4敗で、先場所は千秋楽に対戦し、寄り切りで勝利した。遠藤は先場所、2度目の小結の場所で8勝7敗と初めて勝ち越した。枠があかなかったため番付は据え置きで、今場所はここまで4勝6敗。まだ白鵬戦が残っており、勝ち越しのためには明日は負けられないところだろう。しかしこちらも当然負けられない。御嶽海としては今日の竜電戦のように四つに組んでしまうとやはり厳しい。突き放すかもろ差しになりたい。

過去の対戦
28初 ○御嶽海(押し倒し)遠藤●
28夏 ●御嶽海(寄り切り)遠藤○
28秋 ●御嶽海(寄り切り)遠藤○
29夏 ○御嶽海(引き落とし)遠藤●
30春 ●御嶽海(叩き込み)遠藤○
30夏 ○御嶽海(上手出し投げ)遠藤●
31春 ○御嶽海(押し出し)遠藤●
元夏 ●御嶽海(寄り切り)遠藤○
元名 ○御嶽海(押し出し)遠藤●
元秋 ○御嶽海(寄り切り)遠藤●


中盤戦が終わって、優勝争いは依然白鵬が1敗でトップ。輝が敗れたため、2敗は朝乃山1人となった。3敗で輝のほか、貴景勝、正代、千代丸の4人が追う。白鵬の状態を見るに優勝の可能性があるのはここまでだろう。このうち幕内上位にいるのは白鵬、朝乃山、貴景勝だが、朝乃山はすでに2人との直接対決を終えており、三役以上との対戦も残りは御嶽海のみ。一方で白鵬は4人、貴景勝は3人、三役以上との対戦を残している(直接対決を含む)。3人全員とこれから対戦する御嶽海が、優勝争いの大きなカギを握っている。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:28 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: