2019年11月25日

令和元年九州場所 千秋楽●阿炎

千秋楽 ●御嶽海(叩き込み)阿炎○

立ち合い、阿炎がもろ手突きからすぐに引く。御嶽海はそこを前に出るが、阿炎は回り込んで凌ぐと逆襲。長い腕を活かして前に出てくるが、今度は御嶽海が回り込んで凌ぐ。御嶽海は下から手を出して阿炎の突きを逸らすと攻めるが、土俵際で阿炎が叩き込み。軍配は最初御嶽海に上がったが、物言いがつき、協議の結果阿炎の足が出る前に御嶽海が落ちており、軍配差し違えで阿炎の勝ち。御嶽海は6勝9敗で今場所を終えた。

前に出る姿勢は見せたが、最後の詰めが甘かった。立ち合いから阿炎のペースだったような気がする。阿炎は立ち合いもろ手突きでそこからすぐに引いたが、それも考えられていたように見えた。その後の逆襲まで阿炎のペースで、反撃はしたがそこまで相手のペースだった分焦りもあったのかなと思う。

6勝9敗。大関取りどころか、来場所は三役から落ちることが濃厚になった。序盤に目の上を切ってしまうというアクシデントは確かにあったが、それを考慮しても今場所は内容が良くないものが多かった。アクシデントの影響がほとんどなくなった終盤も良くない相撲があった。特に立ち合いが鈍い日が多く、主導権を握れない一番が多かったのが負け越しの大きな原因だと思う。

来場所はまたやり直しになる。おそらく平幕に落ちることになるので、まずは三役に戻り、それから大関にふたたび挑む。しかし今のままではまた同じようになってしまう。さらなる稽古が必要だ。目の上を切っても勝てるような力を、土俵際まで追い込んだら確実に勝てるような力を、つけるには稽古しかない。今場所の苦い経験を活かしてくれると信じている。


昨日優勝を決めた白鵬は、今日も貴景勝に勝って14勝1敗とした。白鵬にとっては令和初、また日本国籍取得後初の優勝となった。初日から上位陣の休場が相次いだ中で、唯一横綱としての責任を果たしたと言える。貴景勝も10勝に届かなかったし、もし今場所白鵬がいなかったらと思うとぞっとする。やや乱暴な立ち合いもあったし、全盛期ほどの力はないのかもしれないが、ケガがなければまだまだ最強なのだということを改めて見せつけた。

上位の不振が目立った中で健闘したのが朝乃山。千秋楽は敗れたが新小結の場所で11勝を挙げた。今場所は確実に大関取りの起点となる場所になった。先場所は平幕だったが10勝しているので、来場所優勝でもすれば一気に大関という可能性もあるだろうが、まずは10勝を狙うことになるだろう。年間最多勝も獲得し、来年は相撲界の主役を狙う1年になる。

来場所も注目はたくさん。朝乃山もそうだが、他には関脇に落ちる高安。大関復帰のために10勝が必要になる。万全であれば高安にとっては決して高いハードルではないが、万全な状態に戻せるかどうかが最大の焦点になる。大関復帰に失敗した栃ノ心と同様、ケガが多いため、3場所で33勝という条件をもう一度満たすのは難しい。来場所までに体の調子を整えたい。また、豪栄道はかど番。このところ大関から落ちる力士が続出している(貴景勝は戻ったが)中、豪栄道まで落ちてしまうのか、踏みとどまれるのかは注目。あとは、炎鵬がもしかしたら来場所上位と対戦する圏内まで番付を上げてくる可能性があるので、そうなったら来場所は盛り上がることになるだろう。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 01:31 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: