2020年01月22日

令和2年初場所 11日目○阿炎

11日目 ○御嶽海(送り出し)阿炎●

立ち合いから阿炎が突っ張ってくる。阿炎が引いたところで御嶽海は前に出るが、阿炎が長い腕で突き返してきて後退。再び阿炎が叩いたところで攻め返すが、またも突き返されて後退する。しかし、阿炎がさらに前に出ようとしたところでタイミングよく右にかわすと阿炎がバランスを崩し、背を向けたところを送り出し。御嶽海は7勝目を挙げ、勝ち越しに王手をかけた。

長い腕の突っ張りを前になかなか攻められなかったが、よく耐えきった。最後はタイミングが良かったが、よく見えていたのかもしれない。それにしても突っ張りであれだけ後退させられるとは、阿炎もかなり力をつけている。三役を4場所守っている実力は本物だ。

明日の相手は松鳳山。過去の対戦は5勝4敗(幕内では5勝3敗)で、直近の対戦である一昨年の名古屋場所は押し出しで御嶽海が勝利した。このところは幕内中位〜下位で相撲を取っている松鳳山。今場所は東7枚目で、ここまで5勝6敗。1年半対戦がないので過去の対戦はあまり参考にならないかもしれない。35歳でも元気な松鳳山なので油断はできない。ただ、今後対戦が予想される力士はもっと厄介な相手が多いので、明日は勝ってまず勝ち越しを決めたい。中に入られないように気を付けたい。

過去の対戦
27秋 ●御嶽海(掬い投げ)松鳳山○ ※十両
27九 ●御嶽海(上手投げ)松鳳山○
28夏 ●御嶽海(寄り切り)松鳳山○
28名 ○御嶽海(寄り切り)松鳳山●
29春 ○御嶽海(押し出し)松鳳山●
29秋 ○御嶽海(引き落とし)松鳳山●
30春 ●御嶽海(寄り倒し)松鳳山○
30夏 ○御嶽海(押し出し)松鳳山●
30名 ○御嶽海(押し出し)松鳳山●


優勝争いは、1敗の正代と徳勝龍、2敗の貴景勝、豊山、輝は全員勝利。3敗だった栃煌山が敗れて4敗となったが、北勝富士と照強は勝利。優勝争いはこの7人になったと考えていいだろう。特に正代は明日の阿炎戦で三役以上との対戦が最後となるので、明日勝つと優勝が本当に見えてくる。まだ遠藤、御嶽海、隠岐の海といった上位で好調(いずれも4敗)な力士との対戦がないが、今場所の正代はこのままいってしまいそうな感じもする。あとは優勝が現実的になった時の精神面か。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:39 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: