2020年01月25日

令和2年初場所 14日目●竜電

14日目 ●御嶽海(寄り切り)竜電○

立ち合いから、御嶽海は竜電の喉元を押して突き放していこうとする。しかしなかなか竜電を押し込めない。竜電が左に回り込み、素早く左上手を取って優位に立つと、右でもまわしを取ってそのまま寄り切り。御嶽海は3連敗で7勝7敗となり、千秋楽に勝ち越しをかけることになった。

どうも動けていない。良い時の御嶽海であれば、竜電が左に動いたときに素早く反応して逆に攻め込むこともできるはずだが、今日はそのまま竜電に持っていかれてしまった。膝が悪いのか、あるいは気持ちのほうに迷いが出ているか。


明日の対戦相手の前に優勝争いに目を向けると、優勝争いを大きく左右する正代と徳勝龍の1敗同士による直接対決は突き落としで徳勝龍が勝利した。また、残りをすべて勝つことが優勝の条件だった貴景勝は朝乃山に敗れ、優勝争いから脱落。これにより、1敗の徳勝龍が優勝に王手、2敗の正代が追うという形で、優勝はこの2人に絞られた。どちらが勝っても初優勝、かつ平幕優勝となり、徳勝龍が優勝した場合は2000年春場所の貴闘力以来2人目の幕尻優勝となる。徳勝龍が勝つか正代が敗れれば徳勝龍の優勝、徳勝龍が敗れて正代が勝つと2人の優勝決定戦となる。そこで非常に大事になるのが明日の対戦相手だが、徳勝龍は結びの一番で貴景勝と当たることになった。両横綱が休場しているため貴景勝は出場している力士の中で番付最上位であり、千秋楽の結びに最上位と最下位の取組が組まれるという極めて異例の展開になった。過去に2度対戦しており、1勝1敗。ただ直近の対戦が3年前なので参考にはならないだろう。そして正代の相手は、御嶽海となった。

ということで御嶽海は、千秋楽に優勝争いをする正代との対戦が組まれてしまった。確かに番付は近いもののまだ組まれていなかったが、正代の相手としては上位ならすでに勝ち越している遠藤がいるし、下位なら10勝している竜電もいるという中で、御嶽海と組むとは思わなかった。過去の対戦は9勝9敗(幕内では9勝7敗)で、直近の対戦である秋場所は押し出しで御嶽海が勝利した。今場所の状態を考えれば圧倒的に正代有利だが、御嶽海はなぜかこういう時にやたら強い。先場所も優勝争いをしていた朝乃山に勝ったし。また正代にも絶対負けられないというプレッシャーがかかるので、今場所の成績を見てもわからない。優勝争いという点では正代にも勝ってほしいが、やはり御嶽海には勝ち越してほしい。空気を読むタイプではないので全力で行くだろう。どんな結果になるだろうか。

過去の対戦 ※直近10戦
29名 ○御嶽海(下手出し投げ)正代●
29秋 ○御嶽海(叩き込み)正代●
30初 ●御嶽海(押し出し)正代○
30春 ●御嶽海(下手投げ)正代○
30夏 ●御嶽海(掬い投げ)正代○
30名 ○御嶽海(押し出し)正代●
30秋 ○御嶽海(押し出し)正代●
30九 ●御嶽海(押し出し)正代○
元名 ○御嶽海(押し出し)正代●
元秋 ○御嶽海(押し出し)正代●
タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:34 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: