2020年08月04日

令和2年7月場所 千秋楽●照ノ富士

千秋楽 ●御嶽海(寄り切り)照ノ富士○

立ち合い、照ノ富士がいきなり左上手を取る。御嶽海はもろ差しを狙うが、もろ差しになる前に照ノ富士が右上手も取り、一気に寄っていってそのまま寄り切り。この瞬間、照ノ富士の約5年ぶり2度目の優勝が決まった。御嶽海は千秋楽まで優勝争いを演じたものの11勝4敗。それでも6度目となる殊勲賞を獲得した。

今場所の番付は御嶽海が西関脇、照ノ富士が東17枚目で圧倒的に御嶽海のほうが上だが、この日の相撲はまったくそう見えなかった。御嶽海が悪いというよりは、照ノ富士が大関だった頃の相撲を見せた感じ。御嶽海はまわしを取られると厳しいのはわかっていたと思うが、簡単に取られてしまったし、立ち合いをもうちょっと工夫するべきだったかもしれない。

夏場所が中止となり、4か月ぶりとなった7月場所は11勝4敗。2場所連続の2ケタ勝利を達成し、大関挑戦の足固めとした。大関昇進を考える場合、10勝ではなく11勝したのが大きい。大関昇進の目安は3場所合計33勝なので、平均が11勝だからだ。これをあと2場所続けられれば大関昇進となる。あるいは来場所優勝でもすれば、先場所が平幕とはいえ10勝なので来場所後に上がる可能性もあるだろう。ただ、今場所の内容はあまり良くなかった。これはコロナウイルスの影響で出稽古ができず、いつも通りの調整ができなかったのもあるだろう。その中で11勝できたのは地力があったのが大きいと思う。しかし今場所勝てたからといって来場所も同じような内容で勝てるかというとそんな甘くはないだろう。感染の収束の見通しが立たない以上、今後も今までのような稽古はできないかもしれないが、来場所はもっと自分の相撲で勝てるように、稽古を続けていってほしいと思う。


ということで、優勝は照ノ富士だった。関脇時代の平成27年夏場所以来、30場所ぶり2度目の優勝となった。大関経験者が、大関から落ちた後に優勝したのは魁傑以来44年ぶり。この魁傑は現時点では唯一、「陥落直後の場所で10勝する」方法ではなく大関に復帰した力士である。照ノ富士も今場所の相撲が毎場所できるなら、また大関に上がることだって夢ではないだろう。なお元大関の優勝は44年ぶりだが、大関が序二段まで落ち、そこから幕内まで戻ってきて優勝するのはもちろん史上初となる。そもそも大関経験者が幕下以下に落ちても現役を続けること自体が初めてだったが、よくぞここまで戻ってきた。年齢的にはまだ20代だし、身体に気をつけて来場所からも頑張ってほしい。

一方で御嶽海を含む上位陣にとっては、今年2度目の幕尻優勝を許すまさかの事態になってしまった。まあ徳勝龍と違って今回は元大関なのでちょっと特殊ではあるが、それでも朝乃山や御嶽海は直接対決でも止められなかった。2人とも自身の成績は好成績だったが、今場所の結果を悔しいと思って、その悔しさを力に変えてくれればと思う。

春場所終了後、力士にもコロナウイルスの感染者が確認され、5月にはその中の1人だった三段目の勝武士が亡くなるという悲しい出来事もあった。夏場所は中止となり、今場所も名古屋ではなく東京開催、観客は2500人までなど感染防止対策を講じて開催されたが、大きな混乱がなく終わって良かった。普通に開催するにはまだまだ時間がかかると思うし、9月場所が予定通りできるかもわからない。それでも、この15日間はとても楽しめたし、相撲ってやっぱりいいなと思った。力士や親方をはじめとする関係者の人たちには今後もしっかり対策をしてもらって(それでもかかるときはかかるし、その時はしょうがないが)、来場所も無事に開催してほしい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 20:36 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: