2014年07月18日

7月18日 オールスター第1戦 セ7−0パ

セリーグはマエケン、パリーグは岸が先発。試合が動いたのは3回。セリーグはパリーグの2番手・西からチャンスを作ると、広島の菊池、阪神の鳥谷、広島のエルドレッドの3者連続タイムリーで3点を先制する。5回にはふたたびエルドレッドのタイムリーで1点を追加すると、7回にはまたしてもエルドレッドが、今度は2ランホームランを放つ。セリーグの投手陣はマエケンが3イニングを投げた後、大野、井納、一岡、山口、三上とつなぎ、完封リレー。9回にブランコのタイムリーで1点を追加したセリーグが完勝で初戦を取った。

今年のオールスターファン投票は広島勢が多数選ばれ、原監督はファン投票重視のオーダーを組んだが、それが大当たりした。MVPとなったエルドレッドを筆頭に、先発のマエケン、スタメンで出た丸、菊池、堂林、リリーフで登板した一岡がそれぞれ活躍を見せた(残念ながらキラはノーヒット)。エルドレッドは試合前のホームランダービーでも圧勝だったが、本当に調子がいいんだろうな。後半戦どれだけ打つか、敵ながら楽しみ。

セリーグの投手陣は見事な完封リレー。さすがにリーグを代表する投手たちだった。井納は危なかったが、一岡が火消しした。

巨人の選手は3人出場。坂本・阿部はノーヒットだったが、山口が1イニングをわずか7球で抑える活躍を見せた。菅野・村田の出番は明日だろう。

パリーグはほとんどいいところがないまま終わってしまった。ヒットを打ったのは陽(猛打賞)、長谷川、藤田の3人だけ。無失点に抑えたのも岸だけで、その後の西、福山、クロッタ、佐藤がことごとく失点してしまった。明日はパリーグの逆襲も見たいところ。

表彰選手は、MVPがエルドレッド、敢闘選手がマエケン、岸、陽だった。

明日は甲子園で第2戦。注目の先発投手は、セリーグが藤浪、パリーグが大谷と、高卒2年目投手対決となった。この対決は非常に楽しみだ。大谷が何キロを出すかも注目。

posted by K at 22:24 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

ワールドカップ、グループリーグまでのちょっとしたデータ

ワールドカップは決勝トーナメントに突入、4試合中2試合がPK戦での決着となるなど早くも白熱しているが、今回はグループリーグまでのちょっとしたデータをまとめてみた。

まずは大陸別。

【大陸別データ】

南米    13勝2分3敗 5/6
北中米   5勝3分4敗 3/4
ヨーロッパ 18勝7分14敗 6/13
アフリカ  3勝3分9敗 2/5
アジア   0勝3分9敗 0/4


一番右は決勝トーナメント進出国/出場国。南米の強さが際立つ。6チーム合わせて3敗しかしていない。ブラジル、コロンビア、アルゼンチンは無敗だった。北中米も4チーム中3チームが勝ちあがった。ヨーロッパはスペイン、イタリア、イングランド、ポルトガルといった強豪が敗退したので決勝トーナメント進出は半分以下の6チームに。アフリカは5チーム合わせて3勝しかしていないが、2チームが勝ちあがった。そして問題のアジアは、決勝トーナメントに進めなかったばかりか、1勝することすらできなかった。次回から出場枠が減るかも、と言われているが、これを見るとしょうがないような気もする。どっちかというと増やした方がアジアのレベルは上がるかもしれないけど。

ここからは国別のデータ。続きを読む
posted by K at 23:04 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

W杯予想の答え合わせ グループリーグ編

ワールドカップはグループリーグが終了、決勝トーナメントに進出する16チームが出そろった。

このブログでは開幕前に予想をしていたので、ここでその答え合わせをしてみよう。

ちなみに予想した時の記事はこちら続きを読む
posted by K at 22:22 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

ワールドカップ 日本1−4コロンビア

完敗だったけど、3試合の中で今日の試合が一番良かった。もちろん、コロンビアはベストメンバーではないし、絶対勝たなきゃいけないわけでもなかったというのはある。それでも前半は本当に頑張っていたと思う。ずっと言っていた「自分たちのサッカー」にかなり近づいていたのではないか。前半で飛ばし過ぎたのか、後半は3失点したが、これはもう守備をある程度捨てて攻撃にいったのだから仕方ない。もし前半をリードして終わっていたら後半の戦い方も変わっていたかもしれないが、そういう意味ではやはり最初のPKはもったいなかった。

もう一方の試合ではギリシャが2−1でコートジボワールに勝ったので、もし日本が2−1で勝っていれば決勝トーナメントに進出できていた。結局は自分たちの実力不足だったということだ。ただ、たらればになるけど、もし今日の前半のような試合が初戦、2戦目でできていれば、たぶん勝てたと思う。コロンビアに勝たなければいけないという状況になってしまったのが、今日の最大の敗因だと思う。

大会に入ってから調子が悪かったように見えた岡崎が今日ゴールを決めた。あれは岡崎らしい良いゴールだった。大久保は今日も何度も決定機を作ったけど、どうしてもゴールが決まらなかった。大久保じゃなかったらそもそもチャンスになっていなかったのかもしれないけど、それでもあれだけチャンスがあったので、1点決めてほしかった。

今大会は6人が出場機会がなかった。GK2人はまあしょうがないとして、伊野波、酒井宏樹、酒井高徳、斎藤は残念。斎藤のドリブルとかは見てみたかった。ただ伊野波は28歳だが、後の3人は23,4歳。また最終戦でやっと出場した柿谷と清武もまだ24歳。このあたりは4年後、きっと主力になっているはず。同世代の大迫や山口とともに、これからの日本代表を引っ張っていってほしい。

今回の大会でわかったのは、日本はまだまだ「アジアの強豪」にすぎないということ。世界の中で見ると、弱いとまでは言わないが強豪ではない。でも、日本の実力はこれが限界ではなく、まだまだのびしろがあるはず。いつか「世界の強豪」の仲間入りをするために、今の実力を受け止めて、また成長していってほしい。

日本代表の皆さん、おつかれさまでした。
posted by K at 22:28 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

ワールドカップ、ここまでのまとめ

ワールドカップはここまで、各国が2試合を終了。すでに決勝トーナメント進出を決めた国、グループリーグ敗退が決まった国がある。ここまでをまとめてみよう。

続きを読む
posted by K at 00:30 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする