2019年09月19日

AKB48「サステナブル」初日売り上げは133.8万枚

9月17日付のオリコンデイリーシングルランキングが発表され、AKB48のニューシングル「サステナブル」が1位に初登場。初日の売り上げは133.8万枚だった。

オリコンのページ
https://www.oricon.co.jp/rank/js/d/2019-09-17/

初日ミリオンは9作連続で、37作連続38作目のミリオン。初日売り上げの133.8万枚は、前作「ジワるDAYS」の初日119.0万枚から大幅増。昨年同時期のシングル「センチメンタルトレイン」の初日139.4万枚からは少し下がっている。AKBは今年に入り、NGTの件は言うまでもなく、『AKB48 SHOW!』や『AKBINGO!』の終了など、あまり良い話題がなく、総選挙もなかったためシングルも半年ぶりとなる。ただ売り上げに関しては久々なのがむしろプラスに働いたか。

初週売り上げは多くても140万枚ほどになると思われる。

posted by K at 01:05 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

AKB48「ジワるDAYS」初日売り上げは119.0万枚

3月12日付のオリコンデイリーシングルランキングが発表され、AKB48のニューシングル「ジワるDAYS」が1位に初登場。初日の売り上げは119.0万枚だった。

オリコンのページ
https://www.oricon.co.jp/rank/js/d/2019-03-12/

初日ミリオンは8作連続で、36作連続37作目のミリオン。初日売り上げの119.0万枚は、前作「NO WAY MAN」の初日117.3万枚から微増。昨年同時期発売の「ジャーバージャ」の初日102.9万枚からは大きく増えている。今回はNGTの件などもあって苦戦も予想されたが、指原卒業シングルだったり、坂道シリーズ、IZ*ONEなども参加しているという話題性からか前作、昨年同時期のシングルを上回った。

初週売り上げは、伸びても125万枚くらいだろうか。

posted by K at 22:46 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

AKB48 55thシングルタイトルは「ジワるDAYS」

3月13日に発売されるAKB48のニューシングルのタイトルが「ジワるDAYS」であることが発表された。また併せて、カップリング曲の歌唱メンバーも発表された。


共通カップリング(指原莉乃卒業楽曲):指原莉乃

Type-Aカップリング(AKB48カップリング選抜):浅井七海、太田奈緒、大西桃香、小田えりな、加藤玲奈、行天優莉奈、久保怜音、倉野尾成美、込山榛香、佐藤栞、鈴木くるみ、田口愛佳、谷川聖、谷口めぐ、西川怜、前田彩佳、武藤十夢、村山彩希、山田菜々美、横山結衣

Type-Bカップリング(坂道AKB):梅澤美波、梅山恋和、大園桃子、岡部麟、小栗有以、加藤史帆、久保史緒里、小池美波、小坂菜緒、小林由依、齊藤京子、坂口渚沙、佐々木美玲、下尾みう、菅井友香、鈴本美愉、瀧野由美子、田中美久、土生瑞穂、福岡聖菜、矢作萌夏、山内瑞葵、山下美月、与田祐希、渡邉美穂

Type-Cカップリング(IZ4648):梅澤美波、岡田奈々、小栗有以、柏木由紀、クォン・ウンビ、小池美波、小林由依、齋藤飛鳥、指原莉乃、白石麻衣、菅井友香、須田亜香里、チャン・ウォニョン(センター)、チョ・ユリ、長濱ねる、西野七瀬、土生瑞穂、堀未央奈、本田仁美、宮脇咲良(センター)、矢吹奈子、山下美月、横山由依、渡邉理佐

劇場盤カップリング(新ユニット(仮)楽曲):石田千穂、梅山恋和、小熊倫実、久保怜音、末永桜花、矢作萌夏、渡部愛加里


「ジワるDAYS」ってまたすごいタイトルだな…。この曲名とさしこセンターっていうのから考えるに、とりあえずダンス曲ではなさそう。割と横道なアイドル曲になるのだろうか。

カップリングのメンバーは、まずさしこ卒業曲はソロに。ゆかりのメンバーを集めてやるのかとも思ったが、よく考えたらゆかりのメンバーはもうほとんど卒業しちゃってるか…。

Type-Aは姉妹グループなし、AKBメンバーのみのアンダーガールズ的な立ち位置か。れなっちとか十夢もいるので若手だけというわけでもない。
Type-Bはこの時期恒例の坂道AKB。選抜が25人で、AKB側が10人、坂道側が15人。坂道はつい先日改名を発表したけやき坂46改め日向坂46を含めた3グループから各5人となっている。欅坂は1期生だが、他のところは若手中心(乃木坂は3期生だけで固めているなど)となっている。
Type-Cは昨年のFNS歌謡祭で披露された「必然性」を収録した。メンバーも変わらず。なお、集まるのが難しかったのか、この曲はMVはない。
劇場盤は各グループの次世代エース的メンバーを1人ずつ(AKBのみ2人)選抜した新ユニットの曲に。坂道AKBにはSKEとNGTのメンバーはいないが、こちらにはちゃんと入っている。

発売まで1か月なので、そろそろ曲も解禁になるものと思われる。

posted by K at 01:16 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

AKB48 55thシングル選抜メンバーが発表

3月13日発売予定のAKB48の55thシングルの選抜メンバーが発表された。

AKB48 55thシングル選抜メンバー
岡田奈々、岡部麟、小栗有以、柏木由紀、坂口渚沙、下尾みう、高橋朱里、向井地美音、矢作萌夏(初選抜)、山内瑞葵、横山由依(以上AKB48)、菅原茉椰、須田亜香里、松井珠理奈(以上SKE48)、白間美瑠、吉田朱里(以上NMB48)、指原莉乃(センター)、田中美久、松岡はな(以上HKT48)、荻野由佳、中井りか(以上NGT48)、瀧野由美子(STU48)


以上22人。兼任を除いたグループごとの内訳は、AKBが11(うちチーム8が4)、SKEが3、NMBが2、HKTが3、NGTが2、STUが1。

センターは指原莉乃。すでに卒業を発表しているさしこにとって、AKBでのセンターは「#好きなんだ」以来で、総選挙選抜曲以外での表題曲センターは最初で最後となる。今作がラストなのはわかっていたが、今まで総選挙以外でセンターをやっていなかったし、姉妹グループのメンバーが卒業するときにAKBのセンターをやったこともなかったので、何となく今回もないのだろうと思っていたからちょっと驚いた。ただ、さや姉とか玲奈とかと違うのは元々はAKBだったというところで、その辺も理由としてあると思う。あとは卒業までにHKTのシングルが出ない可能性があるとかだろうか。

初選抜は矢作萌夏1人。人気・実力・勢い、どれをとっても申し分ない。まあ間違いなく入るだろうと思っていたし、なんならいきなりセンターをやらせるんじゃないかと思っていたが、さすがにいきなりそこまで背負わせることはしなかったか。でも次のシングルは順当なら総選挙の投票権付きシングルになって、ある意味何をやっても売れるので冒険もできる。次のシングルのセンターの最有力候補だと思っている。

その他のメンバーは、どちらかというと入ったメンバーより落ちたメンバーのほうに驚きが多い。そもそも今回は22人選抜で、総選挙選抜を除くと「ハイテンション」以来の少人数というのもあるが、選抜常連だったれなっち、こじまこ(卒業するのもあるだろうが)や定着し始めていたこみはる、ゆいりーといったところが選ばれていない。また姉妹グループでもSKE小畑優奈、NMB山本彩加といった期待の若手メンバーが入っていない。ちなみに今書いた6人は前作「NO WAY MAN」でも入っていない。前作は『PRODUCE 48』の結果が反映された、ある意味特殊な選抜だと思っていたのだが、選抜枠の減少によって弾き出されたままになってしまった感じか。

ちなみに今回、一部収録内容も発表されているが、どうやら全部合わせて収録曲は6曲で、これは最近のAKBのシングルとしては少ない。しかも1曲は昨年の『FNS歌謡祭』で披露された曲「必然性」なので新曲は5曲となる。今年は年始恒例だったアルバムもなかったが、忙しいのだろうか…。

posted by K at 22:56 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2019」2〜4公演目(75位〜1位)結果

「リクアワ」、2日目の3公演、75位〜1位までの結果を一気に。


2公演目(75位〜51位)
75位 隣の彼はカッコよく見える (HKT48)
74位 ぎこちない通学電車 (NGT48)
73位 純情ソーダ水 (AKB48)
71位タイ 夢へのプロセス (AKB48)
71位タイ 制服を着た名探偵 (SKE48)

70位 大人の世界 (SKE48)
69位 わかりやすくてごめん (AKB48)
68位 泣きべそかくまで (NGT48)
67位 池の水を抜きたい (AKB48)
66位 サンダルじゃできない恋 (AKB48)
65位 抱いてツインテール (HKT48)
64位 “好き”のたね (AKB48)
63位 クロス (SKE48)
62位 ロマンスかくれんぼ (AKB48)
61位 赤いピンヒールとプロフェッサー (AKB48)

60位 恋よりもDream (SKE48)
59位 会いたくて嫌になる (HKT48)
58位 Chain of love (HKT48)
57位 ロマンティックなサヨナラ (NMB48)
56位 友達じゃないか? (AKB48)
55位 ジャーバージャ (AKB48)
54位 恋するRibbon! (HKT48)
53位 僕だって泣いちゃうよ (NMB48)
52位 虹の作り方 (NMB48)
51位 ペダルと車輪と来た道と (STU48)


3公演目(50位〜26位)
50位 奇跡の流星群 (SKE48)
49位 微笑みの瞬間 (AKB48)
48位 窓際LOVER (SKE48)
47位 嵐の夜には (AKB48)
46位 ひと夏の出来事 (AKB48)
45位 終電の夜 (AKB48)
44位 早送りカレンダー(HKT48)
43位 心に太陽 (NGT48)
42位 蜂の巣ダンス (AKB48)
41位 さくらんぼを結べるか? (HKT48)

40位 友達ができた (AKB48)
39位 大人列車 (HKT48)
38位 Whatcha Gonna Do (NGT48)
37位 僕らのStand By Me (HKT48)
35位タイ 誰かの耳 (SKE48)
35位タイ 季節のせいにしたくはない (HKT48)
34位 下の名で呼べたのは… (NGT48)
33位 青春時計 (NGT48)
32位 夜風の仕業 (AKB48)
31位 猫アレルギー (AKB48)

30位 コイントス (AKB48)
29位 夢の階段を上れ! (SKE48)
28位 パッションフルーツの秘密 (HKT48)
27位 秘密のダイアリー (AKB48)
26位 Which one (NMB48)


4公演目(25位〜1位)
25位 波が伝えるもの (AKB48)
24位 最強ツインテール (AKB48)
23位 マドンナの選択 (AKB48)
22位 新しいチャイム (AKB48)
21位 #好きなんだ (AKB48)

20位 抑えきれない衝動 (AKB48)
19位 Show fight! (AKB48)
18位 春はどこから来るのか? (NGT48)
17位 アイスのくちづけ (AKB48)
16位 おはようから始まる世界 (AKB48)
15位 Maxとき315号 (NGT48)
14位 それでも彼女は (AKB48)
13位 今日は負けでもいい (NGT48)
12位 夢は逃げない (NMB48)
11位 仮想恋愛 (HKT48)

10位 世界の人へ (NGT48)
9位 涙の表面張力 (AKB48)
8位 暗闇 (STU48)
7位 抱きつこうか? (AKB48)
6位 ここで一発 (SKE48)
5位 月と水鏡 (AKB48)
4位 君は僕の風 (AKB48)
3位 センチメンタルトレイン (AKB48)
2位 ロマンティック病 (HKT48)
1位 47の素敵な街へ (AKB48)


ということで、1位はチーム8の「47の素敵な街へ」だった。毎年トップ3に入りながらなかなか1位に立てなかったが、ついに1位となった。

昨年上位を席巻したNGTの曲がどうなるかは、時期が時期なだけに危惧もされていたが、今年は10位が最高となり、ランクインした曲も大きく減った。まあ昨年が異常にランクインしたのであって今年くらいのほうが本来の人気に近い感じに思えるし、むしろこれでもまだこういう投票物は強いと感じる。最後の公演、AKB以外は1曲か2曲しかない中でトップ20に4曲入ってるので。

何はともあれ、とりあえず「リクアワ」は無事に終わって良かった。
posted by K at 23:05 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする