2018年03月22日

小嶋菜月が卒業を発表

AKB48の小嶋菜月が、自身の生誕祭にて卒業を発表した。

本人のコメントによると、昨年組閣発表があったのを受けて、自分も新しい道へ一歩踏み出そうと卒業を決めたとのこと。卒業公演などの日程は未定だが、最後の握手会は8月12日になる予定。

なっつんは選抜には縁がなかったが、個性豊かなメンバーだった。きたりえをも凌駕する超絶歌唱力とか、グループ屈指のグラビア向けなダイナマイトボディとか。そのへんが元サッカー日本代表の岩本輝雄さんにハマり、テルさんプロデュース公演ではセンターも務めた。記録より記憶に残るメンバーかもしれない。

なっつんは11期最後の1人だったが、これで11期は全員卒業となる。全員卒業になるのは8期、2期、6期、7期に次ぐ事態。ちなみに、1期(峯岸)、3期(柏木)、4期(大家)も48グループに残るメンバーは1人。先輩の9期や10期がまだそれなりに残っていることを考えると早い気もするが、11期は合格から1年しないうちに5人まで減っていたので仕方ないだろうか。

先日卒業発表した田野ちゃんも、組閣発表があったのを受けて、と言っていたので、もしかしたらまだ卒業発表するメンバーもいるかもしれない。これからちょうど総選挙の立候補期間に入るし、もし立候補しないようなメンバーがいたら、しばらくは注意してみた方がいいだろう。

posted by K at 01:08 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

AKB48 52ndシングル選抜メンバー&第10回総選挙概要発表

本日、5月30日に発売されるAKB48の52ndシングルの選抜メンバーがSHOWROOMで発表された。今回はポジションも同時に発表されている(坂道方式)。

AKB48 52ndシングル選抜メンバー

4列目(向かって左から) 松岡はな(HKT)、山本彩加(NMB)、福岡聖菜(AKB・初)、山内瑞葵(AKB・初)、久保怜音(AKB)、矢吹奈子(HKT・初)、小畑優奈(SKE)
3列目(向かって左から) 村山彩希(AKB)、中井りか(NGT)、加藤玲奈(AKB)、岡部麟(チーム8)、吉田朱里(NMB)、瀧野由美子(STU)、込山榛香(AKB)
2列目(向かって左から) 小嶋真子(AKB)、高橋朱里(AKB)、須田亜香里(SKE)、向井地美音(AKB)、岡田奈々(AKB)、荻野由佳(NGT)、白間美瑠(NMB)
1列目(向かって左から) 横山由依(AKB)、山本彩(NMB)、宮脇咲良(HKT)、小栗有以(チーム8・センター)、松井珠理奈(SKE)、指原莉乃(HKT)、柏木由紀(AKB)

以上、全28名。総選挙の投票権付きシングルと言えば大人数選抜というのが恒例だったが、今回は2011年の「Everyday、カチューシャ」以来となる30人未満の選抜となった。まあこれでも昔と比べたらだいぶ多いんだけど、そこはメンバー数自体も増えているので仕方ないところかと思う。

今回、自身初のセンターとなったのがゆいゆい。チーム8メンバーがセンターをするのは初。このところ選抜の常連であり、握手会の人気もトップクラス。満を持してのセンターと言えるだろう。ちなみにたぶんだけど、21世紀生まれのメンバーがAKBのシングル表題曲でセンターをするのも初めてだと思う。

初選抜はせいちゃん、ずっきー、なこの3人。せいちゃんとなこはとっくに入っていてもおかしくなかったが、念願の選抜となった。ずっきーは16期からは初の選抜入り。この勢いのまま、総選挙でもランクインを狙う。

グループごとの内訳は、AKBが12、チーム8が2、SKEが3、NMBが4、HKTが4、NGTが2、STUが1。チーム8を含めたAKBが半分なのでまあこのへんが良いバランスなのかなと思う。


そして、総選挙の概要も発表された。

総選挙特設サイト
https://www.akb48.co.jp/sousenkyo53rd/

主なポイント
・国内グループの他、JKT48、BNK48、TPE48の日本から移籍したメンバー以外も立候補可能に
・イベントの名称が『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』に、選抜メンバーは『世界選抜メンバー』に
・81位〜100位が第10回世界選抜総選挙記念枠(仮名)として当選
・立候補受け付けは3月23日17:00〜3月27日23:59
・投票期間は5月29日10:00〜6月15日15:00
・速報発表は5月30日、開票は6月16日
・会場は未定

最大のポイントはなんといっても「世界選抜」という点だろう。これまでは基本的に国内グループのメンバー及び、AKBから移籍した海外グループのメンバー(はるごん、ちかりな等)のみに立候補が認められていたが、今年はそれ以外の、現地で受かったメンバーも立候補できるということになる。そのため立候補者数は昨年から跳ね上がる可能性もある。ただ、投票方法にもよるが、海外のメンバーは立候補してもそんなにランクインはしないんじゃないかとは思う。100位以内に1人か2人入るかどうかじゃないだろうか。

あとは、当選枠の拡大。しばらくは当選が80位までで固定されていたが、今回は10回記念、そして世界選抜記念ということで、100位まで拡大された。昨年は延長戦として100位までのメンバーは発表だけされていたが、今年はそれがランクインということになる。先ほど書いたように、海外グループのメンバーが20人もランクインするとはちょっと考えづらいので、これは国内グループメンバーにとってはチャンスだろう。

会場はまだ発表されていないが、見に行くファンだってホテルとかチケットとか取らなきゃいけないし、そう遠くないうちに発表になるとは思う。立候補は早くも今週の金曜日から受付。誰が立候補し、誰が立候補しないのかにも注目だ。

posted by K at 01:07 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

「AKB48グループセンター試験」トップ100が発表

3月10日に行われた「AKB48グループセンター試験」の、メンバーの成績上位100人が発表された。このうち、上位16人に関しては特別選抜として楽曲をリリースすることが発表されている。

AKB48の公式サイト
https://www.akb48.co.jp/lp/akb48test2018/

続きを読む
posted by K at 01:43 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田野優花が卒業を発表

AKB48の田野優花が卒業を発表した。本人が、SHOWROOMで自ら発表した。

本人によると、卒業については2年くらい前から考えていたが、昨年末に組閣発表があり決心したとのこと。最後の個別握手会は8月12日で、それ以外の日程については未定。ただし「今のチームで辞めたい」と言っていることから、新チーム体制に移行する前に卒業公演が行われると思われる。

現在13年目のAKBグループだが、これまでの全メンバーでもトップクラスのパフォーマンス力を誇るのが田野ちゃん。歌・ダンスともにハイレベルで、その実力から、宮本亜門さん演出の舞台「ウィズ」では主演を務めたほか、AKBと関係のない舞台にも多数出演、昨年は映画主演も果たした。そうした仕事が増えた分、AKBの仕事は徐々に少なくなっていた。そのへんも、卒業の一因なのかなと思っている。

最近はいろいろあったし、ちょっと卒業しそうな予感もあったけど、田野ちゃんはずっと応援していたので実際発表されると寂しい。でも卒業後も芸能活動は続けるというし、田野ちゃんの能力ならば仕事はきっとたくさんあるだろう(テレビに出るかは別として)。もしかしたら卒業後の方が活躍する可能性もある。握手会以外は現チーム体制のうちに卒業するとなると残りの時間はそう長くないだろうが、個人的には残りのAKB人生も、その後の芸能人生も応援していきたいと思う。

posted by K at 00:28 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

AKB48「ジャーバージャ」初日売り上げは102.9万枚

3月13日付のオリコンデイリーシングルランキングが発表され、AKB48のニューシングル「ジャーバージャ」が1位に初登場。初日の売り上げは102.9万枚だった。

オリコン基準では4作連続の初日ミリオンで、32作連続、33作目のミリオンを達成した。

前作「11月のアンクレット」の初日は104.8万枚なので微減。一方、昨年の同時期に出したシングル「シュートサイン」の初日は93.4万枚だったので、そこからは大きく増やしている。これだけ見ると調子がいいように見えるが、実は昨年末(今年度)のランキングからオリコンは集計方法が変わり、ものすごくざっくりいうと48グループには有利になった。なので、それでこの売り上げということは実際は下がっていると考えた方が良い。事実、ビルボードチャートの方では「ジャーバージャ」が初日110.6万枚なのに対し、「11月のアンクレット」は145.4万枚、「シュートサイン」は120.0万枚だった。集計方法が変わっていなかったら、今作は累計でもミリオンが危なかったと思われる。

最近は2日目以降はあまり伸びないので、初週売り上げは107万枚くらいになると予想される。

posted by K at 13:12 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする