2017年02月06日

今後発売される写真集情報 2017年2月

前回の記事以降にも新たな発売情報や詳細などが入ってきたので改めて更新。2月から3月にかけてのAKBや乃木坂のメンバーの写真集情報。前回も紹介したものは簡易版になっている。

続きを読む
posted by K at 23:46 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

AKB48 47thシングルは「シュートサイン」

本日開催されている握手会にて、AKB48の47thシングル「シュートサイン」が3月15日に発売されることが発表。あわせてシングルの大まかな内容と表題曲の選抜メンバーも発表された。

AKB48 47thシングル「シュートサイン」3月15日発売
「シュートサイン」選抜メンバー(32名)
小嶋陽菜(センター)、入山杏奈、大西桃香(初選抜)、大家志津香、岡田奈々、小栗有以、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木アゆりあ、小嶋真子、込山榛香、高橋朱里、峯岸みなみ、向井地美音、武藤十夢、横山由依、渡辺麻友(以上AKB)、後藤楽々、須田亜香里、松井珠理奈(以上SKE)、市川美織、白間美瑠、山本彩加(初選抜)、山本彩、吉田朱里(初選抜)(以上NMB)、兒玉遥、指原莉乃、松岡はな、宮脇咲良(以上HKT)、北原里英、中井りか(以上NGT)

昨年の「翼はいらない」以来となる32人選抜。そのときはAKB20(うちチーム8が1)、SKE3、NMB3、HKT3、NGT3という構成だったが、今回はAKB18(うちチーム8が2)、SKE3、NMB5、HKT4、NGT2となる。センターはこれがラストシングルとなるこじはるでまあ大方の予想通りだろう。初選抜はチーム8奈良県代表の大西桃香、NMB期待の若手山本彩加、同じくNMBで紅白選抜6位に入った吉田朱里の3人。前作「ハイテンション」の選抜メンバーは、卒業した島崎遥香を除いて全員そのまま入っている。

今回の選抜はここ最近の注目度などを踏まえて選ばれている感じ。特に大きな指標になっているのが昨年末の紅白選抜。この紅白選抜で16位までに入ったメンバーは今回全員選抜入りを果たした(ぱるるを除く)。初選抜となったアカリンの他、みおりんやしーちゃんが今回選抜入りしたのも紅白選抜で16位以内に入ったからだろう。そしてもう一つがSHOWROOM。今回初選抜となったチーム8のおおにし(これが公式ニックネーム)は、SHOWROOMが全面的に解禁された当初から毎朝5時30分に配信をし、徐々に注目度を高めていった。NGTのりかちゃんに続くSHOWROOM発の選抜入りとなる。もう一人の初選抜・あーやんについては紅白選抜もSHOWROOMも関係ないが、NMBの次世代センターというのが大きいのだろう。たぶん、SKEのららやHKTのはなちゃんも同じ枠。

どんな曲かはわからないが、「シュートサイン」というのはガチンコを意味するプロレスの言葉「シュート」を表すサインとのことで、人差し指と親指を立てるジェスチャー(要するに拳銃の形)のことを言うらしい。そういう言葉をタイトルにしている以上、たぶんしっとりバラードではないだろう。あとプロレスといえば今AKBはドラマ『豆腐プロレス』をやっているので、何か関係してくるかも。


続いて収録内容。
全タイプ、4〜6は1〜3のoff vocal ver.

Type A
1.シュートサイン
2.小嶋陽菜卒業ソング
3.SKE48選抜

Type B
1.シュートサイン
2.小嶋陽菜卒業ソング
3.NMB48選抜

Type C
1.シュートサイン
2.小嶋陽菜卒業ソング
3.HKT48選抜

Type D
1.シュートサイン
2.AKB48選抜
3.NGT48選抜

Type E
1.シュートサイン
2.AKB48選抜
3.乃木坂46、欅坂46、AKB48によるユニット

劇場盤
1.シュートサイン
2.小嶋陽菜卒業ソング
3.まゆゆきりん


全部合わせて9曲。こうやってシングルを発売するたびに、シングルの曲数を少なくして公演曲に回せばいいのにと思ってしまう。これだけ書いてたらそりゃあ新公演なんて無理だよ。

各グループの曲が収録されるのは毎年恒例。こじはるの卒業ソングも予定通り(ソロ曲らしい)。乃木坂とのコラボは昨年もやったが、今年は欅坂も参加するらしい。乃木坂と欅坂のコラボ自体が初めてとなる。まゆゆきりんはなぜこのタイミングかはわからないが、いつ卒業してもおかしくないし、今のうちにやっておこうということだろうか。16期生の曲とか入れてくるかと思ったがさすがにまだ早いか。

発売は3月15日と昨年より1週遅い。総選挙をやるとしたらまた後ろにずれそう。今年はNコンの課題曲もあるのでスケジュールが読めないな。

posted by K at 18:32 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

藤江れいなが卒業を発表

NMB48の藤江れいなが卒業を発表した。

本人のコメントによると、今年の5月でAKBに入って10年となり、そろそろ1人立ちするタイミングだと思ったので卒業を決めたとのこと。卒業後の進路や、卒業時期については発表されなかった。

NMBに移籍して以降は個人的にはあまり活動を見られなくなってしまったので、れいにゃんのイメージはAKB時代で止まってしまっているのだが、そのイメージはフレッシュ。4期なので移籍前の時点ですでに相当なベテランで、今いるメンバーでれいにゃんよりベテランなのは6人しかいない(うち2人は卒業発表済み)のだが、今でもアイドルらしさを保っていると思う。若い時からやってるのに擦れてないというか。でも成長していないわけではなく、NMBではキャプテンも任されたりしていたし、良い成長の仕方をしたんだなと思った。れいにゃんの一番のハイライトはやっぱり第2回じゃんけん大会かな。もし決勝で麻里子様に勝っていたらどうなっていただろうか。「上からマリコ」はまずできなかっただろうが、れいにゃんが「走れ!ペンギン」を歌っていたのだろうか。そうなっていたら、現在のAKBもまた違った形になっていたかもしれない。

れいにゃんの卒業によって、残るAKBの4期生はちーちゃんとしーちゃんの2人になる。4期は元々正規メンバーに上がった人数も多くなかったが、ついに2人か。この2人もかなりの年長だし、特にちーちゃんはこじはるが卒業するとAKB最年長、48グループ全体でもかおたんの次になるけど、いつまでいてくれるだろうか。

AKBから移籍したメンバーの卒業も増えてきている。昨年は2期生の佐江(SKEに移籍)や梅ちゃん(NMBに移籍)、3期生のはるごん(JKTに移籍)が卒業し、先日は3期生のらぶたん(HKTに移籍)も卒業発表した。AKBから移籍したメンバーで残っているのはすーちゃん、みなるん、すずらん(ともにSKEに移籍)、みおりん(NMB)、さしこ(HKT)、きたりえ(NGT)、ちかりな(JKT)か。改めてみると5期多いな。AKBに残っているのはみゃおだけだけど、5期は他の期よりも長く残りそう。

卒業後については具体的には言わなかったが、1人立ちするっていうことはたぶん芸能活動は続けるんだろう。女優の仕事もやっていたけどどんな活動をしていくのかは気になるところ。

また卒業時期も発表はなかったが、5月で10年になる、っていう発言もあったし、丸10年になる5月あたりがめどになるんじゃないかと思う。そう考えるとまだ時間はわりとあるかな。卒業までアイドルれいにゃんとして走り抜けてほしい。

posted by K at 23:32 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2017 2日目夜(25位〜1位)結果

今年のリクアワもいよいよラスト、衝撃のトップ10となった25位〜1位を振り返る。

25位 抑えきれない衝動(AKB 初)
24位 秘密のダイアリー(AKB 89位)
23位 最高かよ(HKT 初)
22位 彼女(AKB 20位)
21位 ハート型ウイルス(AKB 30位)

20位 生意気リップス(HKT 圏外)
19位 天使のしっぽ(AKB 71位)
18位 今夜はShake it!(SKE 初)
17位 夜風の仕業(AKB 21位)
16位 Chain of love(HKT 初)
15位 大人列車(HKT 6位)
14位 空耳ロック(HKT 初)
13位 ここで一発(SKE 12位)
12位 夢ひとつ(HKT 初)
11位 僕は知っている(SKE 2位)

10位 アイスのくちづけ(AKB 33位)
9位 今ならば(NMB 初)
8位 心のプラカード(AKB 10位)
7位 君はどこにいる?(NGT 初)
6位 Make noise(HKT 初)
5位 NGT48(NGT 38位)
4位 月と水鏡(AKB 初)

3位 赤いピンヒールとプロフェッサー(AKB 47位)

2位 47の素敵な街へ(AKB 3位)

1位 Maxとき315号(NGT 初)


ということで、今年の1位はNGT48「Maxとき315号」。そしてNGTは対象曲3曲(「overture」を除く)がすべてトップ10入りという快挙を成し遂げた。これについては別記事で語るとして、ここではそれ以外の曲を。

2位はチーム8の「47の素敵な街へ」。昨年は単独で2位、グループで3位となり、悲願の1位を狙ったもののNGTに阻まれた。年々順位は上がっているのだが、2位で満足はしていないだろう。

3位は珠理奈のソロ曲「赤いピンヒールとプロフェッサー」。昨年単独リクアワで1位を獲得し衝撃を与えた曲。やはり珠理奈は強い。

4位は「M.T.に捧ぐ」公演のゆいはんのソロ曲「月と水鏡」。今年のトップ3はNGT、チーム8、珠理奈ということでチーム8を除くAKBの曲ではこれが最高位(珠理奈は一応AKBのアルバム曲だけど)。総監督の意地を見せたか。

6位以下では昼公演に続きHKTの強さが目立った。HKTファンは1位よりも多くの曲をランクインさせる狙いだったのだろうか。だとしたら今回は大成功といっていいだろう。

トップ100に入らなかった曲としては、まず昨年1位の「奇跡は間に合わない」が圏外。まあそもそも昨年の1位が佐江の卒業需要だったのもあるが、曲の人気もあると思っていたのでまさか100位にも入らないとは思わなかった。昨年のトップ10では「ハロウィン・ナイト」と「唇にBe My Baby」も圏外で、入れ替わりが激しいのがわかる。「ハロウィン・ナイト」は別として、やっぱりその曲のセンターが卒業してしまうと厳しいのかな。

最近は曲の人気以外の要素に左右される方が多いリクアワだが、それでもあんまり酷い曲なら入らないと思うし、そういう面では初登場曲が多いというのは(一定のクオリティは保っているということで)いいことなんではないかと思う。今年も、来年のリクアワの上位に来るような良曲がたくさん生まれることを望みたい。

歌唱メンバーについてはリクアワ公式サイトを参照。
http://www.akb48.co.jp/request_hour/2017/

posted by K at 01:58 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2017 2日目昼(50位〜26位)結果

もうとっくに夜の結果も出ているが、まあ順番にということで、2日目昼、50位〜26位の結果。

カッコ内は、曲が発表されたグループ、昨年のリクエストアワー(グループリクアワ)の順位が書いてある。「初」は昨年のリクアワ以降に発表された曲、「圏外」は昨年100位以内に入らなかった曲。

50位 抱いてツインテール(HKT 圏外)
49位 私はブルーベリーパイ(HKT 圏外)
48位 バラの儀式(AKB 圏外)
47位 岸が見える海から(AKB 初)
46位 ハイテンション(AKB 初)
45位 快速と動体視力(AKB 圏外)
44位 マドンナの選択(AKB 9位)
43位 いじわるチュー(HKT 82位)
42位 翼はいらない(AKB 初)
41位 Show fight!(AKB 53位)

40位 カメレオン女子高生(HKT 18位)
39位 Party is over(AKB 圏外)
38位 恋の指先(HKT 43位)
37位 考える人(AKB 初)
36位 始まりの雪(AKB 14位)
35位 HKT城、今、動く(HKT 初)
34位 窓際LOVER(SKE 初)
33位 片想いよりも思い出を…(NMB 29位)
32位 望遠鏡のない天文台(SKE 初)
31位 LOVE TRIP(AKB 初)

30位 清純フィロソフィー(AKB 26位)
29位 虹の作り方(NMB 初)
28位 永遠プレッシャー(AKB 5位)
27位 365日の紙飛行機(AKB 8位)
26位 Better(AKB 初)

昨年トップ10の曲も登場。またAKBの昨年のシングル曲も次々登場。「しあわせを分けなさい」は入らなそうなので、昨年のAKBシングル曲は25位以内にも入れなかったということに…。「ハイテンション」は投票権が付いていたシングルなんだけど低いなあ。まあセンターのぱるるがすでに卒業しているっていうのもあるんだろうけど。

グループ別でみるとHKTが多いか。昨年圏外の曲をここに入れてくるのがすごいと思う。一方でNGTはいまだゼロ。チーム8もまだ1曲で、ともに1位を狙っているのがわかる。

歌唱メンバーについてはリクアワ公式サイトを参照。
http://www.akb48.co.jp/request_hour/2017/

posted by K at 01:37 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする