2015年10月15日

クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦 巨人0-4ヤクルト

1勝1敗で迎えた第2戦、先発は巨人が中4日のマイコラス、ヤクルトが小川。4回、畠山の犠牲フライでヤクルトが先制。さらに続く雄平の打球を阿部がフィルダースチョイスし、さらに1点が入る。6回には満塁からバレンティンが2点タイムリーを打ち4-0、マイコラスをKOする。小川は巨人打線に連打を許さず、8回を無失点。9回をバーネットが抑え、ヤクルトがシリーズ初勝利。アドバンテージと合わせて2勝1敗と一歩リードした。

先発のマイコラスは6回途中4失点。マイコラスが4失点はちょっと予想外だった。中4日の影響か、単にヤクルト打線が良かったのか。しかも、ちょっと打たれた相手が悪い。昨日ノーヒットだった山田とバレンティンが点につながるヒット。畠山も打点を挙げ、川端はここまで打率5割超。今日で打線が目覚めたということにならなければいいが。

打線は小川の前に1点も取れず。チャンスが全くないわけではなく、2回には満塁のチャンスもあったが、打順が下位だったのもあり無得点に終わった。阿部が好調なのはいいんだけど、その阿部の前にランナーを出せないのが痛い。今日は9回の第4打席以外は阿部が先頭打者となっていた。打順の組み替えを考えた方がいいかもしれない。あとはまあ、立岡が走塁をどうにかすることかな。せっかくヒット2本打ったのに、どっちも走塁でアウトになってしまったし。

マイコラスで負けたのは非常に痛い。残り4試合で1敗しかできない、しかも残りもすべて神宮というのはかなり厳しい。まあシーズン優勝っていうのはそれくらい大きいものだししょうがない。とにかく明日は絶対勝たなければいけない。明日の予想先発は巨人が菅野、ヤクルトが館山。ここで非常に不安な菅野。菅野はとにかくヤクルトとの、というか、神宮との相性が悪く、プロに入ってからまだ1度も神宮で勝っていない。この大事な試合で初勝利をつかむことができるか。対するは館山だが、今季復活した館山には意外と相性がいい。2試合で館山から見て0勝1敗、防御率7.84となっている。ただ最後の顔合わせが8月4日と少し前で、その後は比較的安定したピッチングをしているだけにあまり参考にはならないかもしれない。

posted by K at 21:36 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

クライマックスシリーズファイナルステージ第1戦 巨人4-1ヤクルト

先に4勝した方が日本シリーズに出場するクライマックスシリーズファイナルステージ(1位のヤクルトには1勝のアドバンテージ)。初戦の先発はヤクルトが石川、巨人が内海。4回、畠山のソロホームランでヤクルトが先制する。しかし5回、巨人は坂本の2ランホームランで逆転に成功する。巨人は6回には、代打アンダーソンの2点タイムリーで2点を追加。4-1とする。巨人は内海が5回途中で降板した後細かく継投。ヤクルト打線の追撃を許さず、そのまま勝利した巨人が、1勝1敗のタイとした。

先発の内海は5回途中1失点。できれば5回は投げ切ってほしかったが、個人的には「5回を投げ切って、1点差までなら良し」と思っていたので、まあ期待通りのピッチングはしてくれたんじゃないかと思う。もつれた場合はまた登板する機会もあるかもしれないが、そのときはまた頑張ってもらいたい。

そして内海が5回途中で降板した後は、5人のピッチャーの継投でつないだ。マシソンはランナーを2人出しただけで1アウトも取れずに降板と今後に不安を残したが、残る4人は見事に抑えた。とくにマシソンの後を継いだ山口。2人ランナーがいる状態から7回を抑え、さらに回跨ぎで8回も完璧に抑えた。非常に頼もしい。

打線は今季苦手にしていた石川を早めにマウンドから降ろすことに成功。さらにロマンからも2点を取ったので、初戦としてはまずまず良かったと思う。ヤクルトはリリーフ陣が強力なので、今日のように先発ピッチャーからリードを奪いたい。坂本にホームランが出たのは大きい。1stステージではあまり活躍できなかったが、この1本を機に暴れてほしい。阿部は今日4安打と大当たり。点につながらなかったのは残念だがこのままいってほしい。あとは頼りになる代打アンダーソン。調子良さそうだからスタメンでも良さそうだが、ちょうど守れるポジションが埋まってるし、代打の切り札でもいいか。

今日負けていたらアドバンテージ込みで0勝2敗となっていただけに、今日の勝ちは非常に大きい。これで対戦成績上は五分になった。今後の試合もすべて神宮なので不利なことには変わりないが、昨年巨人がやられたように、ここは一気に行きたい。

明日の予想先発は巨人がマイコラス、ヤクルトが小川。小川はまあ間違いないだろう。ヤクルトとしては連敗は避けたいところだし、3戦目以降だとその後中継ぎで登板するのも苦しくなってくるし。明日はほぼ間違いなくエースに託してくるはず。巨人の先発は中4日のマイコラスか。マイコラスは心配いらないと思うが、3戦目以降も中4日で菅野やポレダを使っていくとするとそっちは心配。あと、高木をロングリリーフに取っとくのはなんか個人的にはもったいない。とにかくマイコラスには好投してもらって、明日も勝ってリードしたい。

posted by K at 23:04 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

クライマックスシリーズ1stステージ第3戦 巨人3-1阪神

勝った方がヤクルトの待つファイナルステージに進出する第3戦。先発は巨人がポレダ、阪神が能見。初回、阿部の犠牲フライで巨人が先制する。ポレダは4回までパーフェクトに抑える好投。5回にはノーアウト1,2塁のピンチを迎えるが、これも切り抜ける。すると6回、阿部のタイムリーで巨人が追加点を挙げる。さらにこの回能見から代わった岩田がワイルドピッチし、もう1点が巨人に入る。しかし7回、阪神は福留のホームランで1点を返し、ポレダはここで降板する。その後はマシソンが2イニングを完璧に抑えると、9回は澤村がマウンドへ。いきなり2者連続ヒットを打たれピンチとなるが、福留、ゴメス、マートンのクリーンナップを抑えゲームセット。巨人がファイナルステージ進出を決めた。

先発のポレダは7回途中1失点。今日も相性の良さを見せた。打たれたヒットはわずか3本。ソロホームランの1点にとどめた。こういうポストシーズンの試合とかって、外国人投手の方が変にプレッシャーを感じたりしなくていいんだろうか。今日投げたのでファイナルで出番が回ってくるかは分からないが、回ってきた場合はこの調子でお願いしたい。

リリーフではマシソンが2イニングをパーフェクトに抑えた。これはとても大きかった。マシソンは今季苦しんだが、終盤で復調。CSでも好調を維持しているようで、心強い。澤村は危なかったが、危ないながらも抑えるのが澤村なので、失点していなければ問題ないと思う。

打線は今日も苦しんだが、4番の阿部が2打点を挙げた。阿部が打てば勝てる、というのを体現した試合だったんじゃないかと思う。同い年の関本は今日が現役最後の試合で、阿部もそういう年齢になってきているわけだが、まだまだ引っ張っていってもらいたい。

昨年日本シリーズ進出を阻まれた阪神にリベンジを果たし、ヤクルトの待つファイナル進出を決めた。ファイナルステージはあさってから始まる。今季、ヤクルト戦は13勝12敗と勝ち越しているものの、神宮での試合に限定すると3勝8敗。そもそもヤクルトは神宮で44勝22敗と大きく勝ち越しており、巨人以上にホームで強い唯一のチームである。さらに、当然ヤクルトには1勝のアドバンテージがある。ヤクルトが圧倒的に有利なのは間違いない。しかし巨人は挑戦者であり、失うものはない。全力で当たって行ってほしい。初戦に勝てば一気に分からなくなる。

先発は、初戦はおそらく高木勇だと思われる。対ヤクルトの成績も良く、神宮での登板は1試合だけだが、その試合は7回1失点と好投している。終盤に調子を落としたのが不安ではあるが、なんとかいいピッチングをしてほしい。もし高木でないとしたら内海か。今季はシーズン通して調子が上がらず、1軍登板はわずか5試合にとどまったが、最後の試合となったヤクルト戦で5回無失点のピッチングで勝ち投手となった。また内海は経験も豊富で、大事な初戦を任せる可能性はありそうだ。このへんは当日まで調子を見極めて決めてほしい。

ヤクルトの先発は分からないが、初戦に来るとしたら小川と石川のどっちかだろう。エースに託すのなら小川、巨人との相性を考えるなら石川か。右投手と左投手の違いはあるが、最近の巨人はスタメンが固定されているので関係ないか。3戦目以降は館山、山中、石山、杉浦などが先発するものと思われる。

posted by K at 23:26 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

クライマックスシリーズ1stステージ第2戦 巨人2-4阪神

巨人が先勝して迎えた第2戦、先発は予想通り巨人が菅野、阪神がメッセンジャー。初回、ゴメスの2ランホームランで阪神が先制。続くマートンが2者連続ホームランを打ち、この回3点を挙げる。巨人はその裏、内野ゴロの間に1点を返し、2点差とする。4回、阪神は1アウト1,2塁のチャンスを作り、ピッチャーのメッセンジャーがバント。これを菅野が3塁に悪送球し、ランナーが生還、再び3点差となる。巨人は7回、代打アンダーソンがホームランを打ち2点差とするが、反撃はここまで。阪神が逃げ切り、1勝1敗のタイとした。

先発の菅野は4回4失点。今日の敗因はやはり菅野ということになるだろう。もちろん今日も2点しか取れなかった打線にも大きな責任はあるけど、今季38イニング投げて5点しか取られていなかった阪神に対していきなり3失点というのは完全に予想外だった。登板間隔が開き過ぎたのが良くなかったのだろうか。

リリーフ陣は頑張った。昨日投げた山口と澤村、そして先発の高木勇以外は全員が投げ、無失点でつないだ。全員ランナーを出しているので盤石というわけではないが、今日登板できたことで、明日投げるプレッシャーを少しでも減らすことができたんじゃないかと思う。

打線は再三チャンスを作りながらも2点のみ。2戦目にして打順を変えてきたのは驚いた。昨日ノーヒットだった坂本を7番に下げ、長野、亀井、井端の打順を上げたが、結果は出なかった。ただ、その柔軟性は良いと思う。

今日決めたいところだったが、阪神が意地を見せた。明日が今年の最終戦とならないよう、全力で臨んでほしい。予想先発は巨人がポレダ、阪神が能見。ポレダは阪神との相性が良く、5勝2敗、防御率2.44。しかも2敗はいずれも甲子園でのものであり、東京ドームでの阪神戦は負けなしである。ポレダはとにかくいつも通り投げてくれればいい。きっと結果はついてくるはずだ。そして能見の巨人戦の成績は2勝2敗、防御率5.01。数字を見ると打っているのだが五分ということで、明日の調子次第ということになりそうだ。また岩田の可能性もあるが、岩田は対巨人が0勝3敗、防御率4.98。防御率は変わらないのに岩田は巨人戦で勝っていない。となると、やはり相性が比較的いい能見が濃厚か。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 21:57 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

クライマックスシリーズ1stステージ第1戦 巨人3-2阪神

クライマックスシリーズ1stステージ第1戦。先発は巨人がマイコラス、阪神が藤浪。4回までは両チーム無得点だ続いたが、5回、マイコラスが自らタイムリーを打ち、巨人が先制する。巨人はさらに6回、亀井のタイムリーで追加点を挙げる。しかし7回、阪神は梅野のタイムリー、西岡の犠牲フライで2点を挙げ、同点とする。試合はそのまま延長戦に入り、10回。巨人は3つの四球で満塁のチャンスをもらうと、代打で高橋由伸が登場。ここで高橋も四球を選び、押し出し。まさかの形で巨人がサヨナラ勝ちを収め、2ndシリーズ進出へ王手をかけた。

先発のマイコラスは7回2失点。プレッシャーもかかる初戦でこの結果なら上々だろう。追いつかれて勝ちはつかなかったが、先制を許さなかったこと、そして逆転を許さなかったこと。この2つをやってくれただけで役割は果たしてくれた。そして打撃でも先制点を自ら挙げたし。球数も100球以内で済んだし、2ndステージに進んだ場合もしっかり投げてくれるだろう。

リリーフ陣もしっかり抑えたが、さっそく澤村を2イニング使ったのが今後に向けて心配と言えば心配。まあ短期決戦だし、出し惜しみするよりはいいか。今日はそうせざるを得ない試合だったし、できれば回跨ぎをしないで済む試合展開にしたい。

打線は藤浪を攻めきれず。藤浪はもちろんすごい投手だけど、先制タイムリーを打つのがピッチャーではいけない。明日からはもうちょっと頑張ってほしいところだが、片岡、坂本、阿部といった上位打線がノーヒットだったのは気がかり。まあ勝ったのでもう1試合は様子を見てもいいだろうが、明日もノーヒットだったら考えてもいいと思う。勝っても負けても。

とにかく初戦を勝ったのは大きい。精神的に大きく優位に立てた。さらに、エースである藤浪がもう投げないだろうというのもでかい。他の阪神先発陣からは割と打っているので、明日一気に決めたい。予想先発は巨人が菅野、阪神がメッセンジャー。明日菅野が勝てればポレダを2ndステージに持っていけるので、菅野にぜひ決めてほしい。

posted by K at 21:54 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする