2017年11月30日

横綱・日馬富士が引退

横綱・日馬富士が引退届を提出した。先月の貴ノ岩への暴行の責任を取った形となる。

思うに、この事件が公になった時点で、日馬富士にはもう引退する道しか残っていなかったと思う。過去にも暴力問題で信用を失っていた相撲界で、一番の模範とならなければいけないはずの横綱がこのようなことを起こしてしまったのだから。仮に本人が引退届を出さなくても、横綱審議委員会はきっと引退勧告をしたと思うし、結局引退することになっていたと思う。そう考えると、勧告の前に自分から引退届を出せただけでもまだ良かったのではないだろうか。個人的にも引退は仕方ないところだと思う。貴ノ岩の態度がどれだけ悪かったとしても、また何で殴ったとか何発殴ったとかそういうのは関係なく、とにかく暴行をしてしまったというその事実が問題。

もし引退にならない道があったとすれば、協会で内々に処理するくらいだと思うが、貴乃花親方がそうさせなかった。もちろん、貴乃花親方が普通に相撲協会に報告していても、協会がちゃんと事件を公にして、最終的に今回と同じことになっていた可能性もあるし、個人的にはそうであると信じたい。でも貴乃花親方は万が一を恐れたのだと思う。もし今回のことが公にならなかったら、それこそ相撲界は以前の状態に戻ってしまう。貴ノ岩を守るだけでなく、相撲界をより良いものにするための今回の行動なのだと思っている(ちょっと極端すぎるかもしれないが)。

引退は仕方ないところだが、日馬富士の相撲がもう見られないというのはとにかく残念。力士としては恵まれた体格ではなかったが、日馬富士が見せる速攻はほれぼれするもので本当にすごかった。朝青龍引退後の全盛期の白鵬相手に、五分とは言わないまでもまともにやり合うことができた唯一の力士だったのではないかと思う。ここ数年はケガに苦しんでいたが、秋場所の執念の優勝もすごかった。だからこそ、このような形で土俵を去ることになるのが残念だ。

日馬富士の力士人生はこれで終わりということになるが、事件はこれで終わりにしてはいけない。協会はしっかりと調査をして真実を明らかにし、このようなことが二度と起こらないようにしていかなければならない。協会の内部にいる貴乃花親方でさえ協会を信用していない(ように見える)ので、協会自体が変わっていかなければいけないだろう。私が相撲を見るようになってから横綱が引退するのは2度目だが、2回とも不祥事による引退である。もうこんなことは見たくない。今回の事件で相撲界が失うものは多いかもしれないが、何かを得て、良い方に向かってくれればと思う。

タグ:相撲
posted by K at 00:50 | Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

横綱・稀勢の里が誕生

本日、大相撲春場所の番付編成会議と臨時理事会が行われ、初場所で初優勝を果たした大関・稀勢の里の第72代横綱への昇進が決定した。

稀勢の里は昇進伝達式で「謹んでお受け致します。横綱の名に恥じぬよう精進致します。本日はありがとうございました」と口上を述べた。このところの横綱は昇進伝達式の際、四字熟語を述べることが多く、たとえば白鵬は「精神一到」、日馬富士は「全身全霊」、朝青龍と鶴竜は「一生懸命」を口上の中に入れていたが、稀勢の里は四字熟語を入れず、非常にシンプルな口上となった。でもこれがいちばん稀勢の里らしい口上なのかなと思う。

また、横綱の土俵入りは雲竜型を選択。今の3横綱は鶴竜が雲竜型、白鵬と日馬富士が不知火型なので、これでどっちの型も2人ずつとなってバランスは良くなった。横綱・稀勢の里の土俵入りも楽しみ。

横綱となった稀勢の里に求められるのはやはり優勝。これまでは次の横綱として優勝を期待されていたが、実際に横綱になると今度は優勝が使命になる。まずは横綱として1回優勝したい。そうすれば稀勢の里自身もまた気が楽になると思う。

稀勢の里の横綱昇進によって、大相撲は4横綱時代に突入した。4横綱というのは過去にも例があり、直近だと1999年から2000年にかけて、曙、貴乃花、若乃花、武蔵丸の4横綱がいた時代がある。ただ4横綱時代が長く続くことは少なく、4横綱自体は過去に15回あるが(今回が16回目)、その状態が1年以上続いたのは5例しかない。今回の4横綱も稀勢の里を含め全員が30代ということで、少なくとも5年後も同じ状態ということはないだろう。この4横綱時代がいつまで続くか注目。

現在、大相撲の勢力図は変わり始めている。一昨年までは3横綱に照ノ富士を加えモンゴル出身力士全盛だった。それが昨年、琴奨菊が久々に日本出身力士として優勝。さらに豪栄道が全勝優勝を果たし、そして稀勢の里が横綱昇進を果たした。しかし、初場所の時点で大関以上だった7人の力士は照ノ富士を除いて全員30代。ケガや衰えが出始めてもおかしくない時期であり、実際に琴奨菊は2場所連続で負け越し、大関から陥落することが決まった。対照的に、関脇以下では高安や御嶽海といった平成生まれの20代力士が台頭し始めている。今年いっぱいくらいはまだ4横綱の時代なのではないかと思うが、そこから先は全く分からない。再来年には元号が平成から変わるとも言われているが、そのとき上位の番付はどうなっていて、誰がトップに立っているのか。今後の大相撲からも目が離せない。

posted by K at 23:49 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

大関・稀勢の里が初優勝

大相撲初場所の14日目。1敗で単独トップの大関・稀勢の里は逸ノ城を寄り切りで破って1敗を維持。その後、唯一2敗で追いかけていた横綱・白鵬が貴ノ岩に寄り切りで敗れたため、千秋楽を待たずして、稀勢の里の初優勝が決まった。30歳6か月、初土俵から89場所目、新入幕から71場所目、大関31場所目での悲願の初優勝となった。

長かった…長かったけどついにつかんだ。大関になる前から次の横綱候補として期待され、大関になってからもずっと優勝を期待され続けたが、初優勝は琴奨菊と豪栄道に先を越された。ただ安定感は横綱も含めた全力士の中でも1,2を争い、昨年は史上初めて優勝せずに年間最多勝を獲得した。あとは優勝するだけだったのだが、今場所ついに悲願を果たした。稀勢の里が勝ってではなく、白鵬が負けたことで優勝が決まったのは少しあっけなくもあったが、稀勢の里も今日の相撲はしっかり勝ったので良い気持ちで優勝の瞬間を迎えられたのではないだろうか。

悲願だった優勝は手にした。しかし稀勢の里の悲願はもう一つあるはずだ。横綱昇進。先場所は12勝での準優勝だったので、今場所後に横綱昇進するのであれば相当ハイレベルな優勝が求められていたが、もし明日勝って14勝となると、これは対象になるかもしれない。個人的には明日負けて13勝ならもう一場所様子見でもいいかなと思っているが、14勝ならば世間の雰囲気を考えても上がりそうな気はする。今場所後の昇進を狙うのであれば、明日の一番は非常に重要となる。結びの一番、要注目だ。

場所はあと1日残っているが、ひとまず、稀勢の里優勝おめでとう!
posted by K at 19:53 | Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

大関・豪栄道が初優勝

大関・豪栄道が、秋場所14日目で玉鷲に寄り切りで勝利し、自身初の幕内最高優勝を決めた。

豪栄道は大関昇進後1年半、ケガの影響もあって優勝争いはおろか10勝を挙げることもできなかった。今年の春場所で12勝3敗、千秋楽まで優勝争いに残る好成績を挙げたが、その後は前半戦は勝てるようになったものの上位との直接対決でなかなか勝てず、先場所は7勝8敗と負け越し、カド番で今場所を迎えていた。正直なところ、自分も今場所の優勝候補だとはまったく考えていなかったし、中日で勝ち越しを決めてもまだ、どこかで負けてしまうんじゃないかと思っていた。

しかし今場所の豪栄道は違った。10日目で照ノ富士、そして11日目で綱とりを目指した稀勢の里を破ると、12日目は鶴竜、13日目は日馬富士の両横綱も撃破。そして勝てば優勝という今日の一番では最初の立ち合いが不成立となったが、2度目の立ち合いでも中に入り、自分の形になって万全の寄り切り。自分の相撲で優勝をつかんだ。大阪出身の力士としては戦後初、実に86年ぶりの優勝とのこと。

そして優勝は決まったが、場所はあと1日残っており、豪栄道は全勝優勝をかける。もし全勝優勝となれば、日本人力士では貴乃花以来20年ぶりで、今世紀初となる。来場所は綱とりとなるが、15勝と14勝ではやはり印象も違ってくるし、勝って来場所につなげたいところだ。

タグ:相撲 豪栄道
posted by K at 20:07 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

大関・琴奨菊が初優勝

今日まで行われた大相撲初場所で、大関・琴奨菊が同じく大関の豪栄道を下し、14勝1敗の成績で初優勝を果たした。

琴奨菊は少し前から調子が良くなったなというのはなんとなく感じていた。結婚したからなのかなと思っていたのだが、今日のインタビューによるとそれに加えて半年前からやっているトレーニングが合っているらしい。まあ、ひとつコレっていうことではなくて、いろいろが組み合わさっての今場所だったんだろうと思う。

今場所はとにかく内容が素晴らしかった。負けた豊ノ島戦も含めて自分の相撲が貫けたと思う。豊ノ島戦で敗れてから立て直したのも見事だった。

今回の優勝は琴奨菊の初優勝であると同時に、日本出身力士にとって2006年初場所の栃東以来、ちょうど10年ぶりの優勝となった。日本出身力士となっているのは、帰化して日本人になったモンゴル出身の旭天鵬が2012年夏場所に優勝しているからである。それにしても10年、長かった。なにしろ、栃東が最後に優勝した時点で白鵬はまだ1度も優勝していない。それだけ前のことである。

2006年の主な出来事
・第1次安倍内閣が発足
・ホリエモン逮捕
・この年のヒット曲「Real Face」「純恋歌」「宙船」など
・プレイステーション3、Wii発売
・トリノオリンピックで荒川静香が金メダル、「イナバウアー」が流行語大賞
・サッカーワールドカップ決勝でジダンが頭突き
・野球の新庄、サッカーの中田英寿が引退
・芦田愛菜ちゃん1歳(栃東優勝時点)
・寺田心くんまだ生まれてない

とりあえずこれでどれくらい前のことかというのが分かると思う。というかむしろこれが書きたいがためにこの記事を書いている。この間、朝青龍が10回、白鵬が35回、日馬富士が7回、鶴竜が2回、琴欧洲、把瑠都、旭天鵬、照ノ富士が1回優勝しているが、日本出身力士はどうしても手が届かなかった。重い重い扉をついに琴奨菊が開けた。見てる側としてもこれだけ間が空いてしまうとどうしても日本人を応援してしまうし、その分優勝をわずかの差で逃した時の落胆も大きかったので、琴奨菊が優勝してくれたことで今後しばらくはそういうことからも解放されて、こっちももう少し気楽に見られるようになるのではないだろうか。

しかし琴奨菊本人はまだまだ気楽にはなれない。今場所優勝したことで、来場所は綱取りとなる。理事長や審判部長はこれまでの安定感の無さから内容を求められると言っていたが、それでも来場所も優勝ならば結局は横綱昇進となるのではないかと思われる。たとえ11勝とかでも。まあ、横綱が複数休場するとかになった場合はまた変わってくるだろうが。問題は優勝を逃した場合。14勝すればたぶん上がるだろう。13勝・12勝だとその推移による。初日から連敗して早々に優勝争いから脱落とかしたら見送られる可能性もあるが、千秋楽まで優勝争いをした場合は世論も盛り上がるので上がる可能性はある。11勝以下だと優勝でない限りはもう1場所ということになるのでは。

まだ終わったばかりだが、来場所にも期待が膨らむ。その一方で、個人的には来場所こそ稀勢の里に期待したい。というのも、来場所の大関陣は以下のようになる。

琴奨菊←綱取り
稀勢の里
豪栄道←かど番
照ノ富士←かど番

このように、稀勢の里がいわばいちばん注目度の低い大関になる。稀勢の里が優勝できないのはここ一番での弱さであり、それはプレッシャーに起因していると思われる。しかし、稀勢の里が期待されていた「日本出身力士の優勝」は今場所琴奨菊が果たした。来場所はプレッシャーから解放されて本来の力を出してくれるのではないかと期待している。また今場所は4勝11敗と散々だった豪栄道。今日は琴奨菊との対戦で勝っても負けても地獄という大変な一番だったと思うが、よくぞ逃げずに向き合ったと思う。豪栄道にもまだ終わってもらっては困るので、来場所は逆襲を期待したい。

最後に、琴奨菊優勝おめでとう、そしてありがとう。

タグ:相撲 琴奨菊
posted by K at 23:45 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする