2016年07月17日

オールスター2016 第2戦結果

2回、DeNA・筒香の2試合連続となるホームランで全セが先制。さらに広島・鈴木の犠牲フライでこの回2点を挙げる。さらに3回、広島・丸のホームランで全セが3-0とリードする。2連敗はしたくない全パは5回、日本ハム・大谷のホームランでまず1点。さらに西武・浅村の2ランで一気に同点に追いつく。7回、ソフトバンク・今宮のタイムリー内野安打で全パが勝ち越すが、その裏、阪神・原口のタイムリー、ヤクルト・大引のタイムリーで全セが逆転。しかし8回、日本ハム・大谷のタイムリーで全パが同点とし、そのまま試合終了。第2戦は引き分けに終わり、今年のオールスターは全セの1勝1分となった。

今日も接戦、というか引き分けでホームランも出て、今年は現地観戦の人にとっては2試合とも素晴らしいオールスターだったんじゃないかと思う。主役はMVPも獲った大谷。ホームランを含む3安打2打点の大活躍を見せた。大谷は初日のホームランダービーで優勝しているので、今年のオールスターで賞金350万円をゲットしたということに(MVP300万+HRダービー50万)。

巨人からは今日は坂本が出場。打撃では3打数ノーヒットといいところがなかったが、守備で好プレーを見せた。セリーグのセカンドは山田とか菊池とかすごいのがいるから坂本も楽しかっただろうな。

オールスターも終わって、後半戦は18日から再開となる。

posted by K at 00:44 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

オールスター2016 第1戦結果

オールスター第1戦はヤフオクドームで開催。全セの先発は巨人の菅野、全パの先発はソフトバンクの和田。先発の2人はともに2イニングを完璧に抑える。試合が動いたのは4回、巨人・坂本のホームランで全セが先制する。5回にはDeNA・筒香、ヤクルト・バレンティンにもホームランが出て3-0とするが、その裏、ソフトバンク・長谷川のホームランで全パも1点を返す。8回、ロッテ・田村のタイムリーで全パが1点差に迫るが、9回、DeNA・戸柱の2点タイムリーで再び3点差に。全パはその裏、西武・栗山の2ランでまたも1点差に迫ったが、あと一歩及ばず、初戦は全セが制した。

ホームランが5本出て、最後までどっちが勝つか分からない展開ということで現地で見た人にとっては非常にいい試合だったと思う。テレビで見てても単純に試合として面白かったし。ただセリーグは10安打したけど、パリーグは4安打だったのでパリーグの打者は不完全燃焼かも。

一番印象に残ったのは西武の栗山。長年にわたって活躍している選手だがオールスターとは縁がなく、15年目にして初出場。その初打席で2ランホームランを打った。本人もずっと出たいと思っていただろうし、これはちょっと感動した。

巨人の選手は3人とも出場。菅野は先発で2イニングをパーフェクトに抑えた。その後がホームラン合戦になったのでちょっと印象が薄くなってしまったかもしれないが、大役を見事に果たした。坂本は両チーム初安打となる先制ホームランで敢闘選手賞を受賞。MVPは2安打した筒香に譲ったがインパクトを残した。マシソンはリリーフで8回に登板し、1失点したものの注目の大谷は抑えた。球速も157キロ出てたし、初めてのオールスターでまずまずの結果ではないだろうか。明日も出るかもしれないし。

明日は横浜スタジアムで開催。先発は全セがDeNAの石田、全パがロッテの涌井。

posted by K at 00:52 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

2015日本シリーズ第5戦

【第5戦】神宮球場
ヤクルト(1勝)0-5ソフトバンク(3勝)

ソフトバンクが王手をかけて迎えた第5戦。先発はソフトバンクがスタンリッジ、ヤクルトが石川。4回、李大浩の2ランでソフトバンクが先制。5回には明石のタイムリーと柳田の内野ゴロの間に2点を追加、4-0とする。もう負けられないヤクルトは反撃したいが、スタンリッジ、さらに中継ぎの森、バリオスの前に連打が出ない。逆に9回、ソフトバンクが柳田のタイムリーでダメ押しの5点目を挙げる。最後は絶対的守護神のサファテが締めゲームセット。ソフトバンクが球団史上初の日本シリーズ連覇を達成した。

ソフトバンクは本当に強かった。今日も上位打線が出塁し、中軸が返すという理想的な攻撃で得点を重ね、先発が試合を作って強力なリリーフ陣が締めた。シーズンの最後までまったく隙がなかった。これをキャプテンで4番だった内川を欠いた状況で成し遂げたというのがとんでもないと思う。

ヤクルトは最後までレギュラーシーズンの調子を取り戻せなかった。結局先発は誰も5回を投げ切れず、チーム打率は.182にとどまった。特に優勝の原動力となった打線の不振は大きかった。ソフトバンクの投手陣が良かったのももちろんあるが、ヤクルトは久しぶりの日本シリーズで、こういう大舞台に慣れている選手がいなかったのも原因だろうか。とにかく実力を出し切れずに終わってしまったのは残念だった。

MVPは今日もホームランを打ち、打率5割、8打点となった李大浩。優秀選手賞はいずれもソフトバンクの明石、武田、バンデンハーク。敢闘選手賞はヤクルトの山田が受賞した。

今年のプロ野球もこれで終わり。今年はソフトバンクが終始圧倒した1年だったが、これからソフトバンクの黄金時代となるのだろうか。ソフトバンクは若い選手も多いのでその可能性は高いと思うが、絶対ではないと思う。2009年、巨人は今年のソフトバンクとほぼ同じ89勝を挙げてリーグ優勝、日本一となったが、翌年はリーグ3位で日本シリーズにも出られなかった。何が起きるかは分からないので、来年は他の11球団の意地を見たい。

これからはストーブリーグが始まる。今年はFAする選手があまり多くなさそうなのだが、その分宣言した選手は争奪戦になる可能性が高いだろう。また戦力外選手が他球団で翌年活躍することも多く、誰がどのチームに拾われるかも注目だ。

ということで、選手の皆様、監督コーチの皆様、1年間お疲れさまでした。

posted by K at 23:52 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

2015日本シリーズ第4戦

【第4戦】神宮球場
ヤクルト(1勝)4-6ソフトバンク(2勝)

ソフトバンクの2勝1敗で迎えた第4戦。先発はヤクルトが館山、ソフトバンクが攝津。初回、李大浩のタイムリーでソフトバンクが先制する。3回には李大浩の3点タイムリー、細川のタイムリーで4点を追加し、5-0とする。今日負けると後が無くなるヤクルトは4回、中村のタイムリーで1点を返す。しかし6回、細川のホームランでソフトバンクが1点を追加し、再び5点差に。その裏、ヤクルトは上田の2点タイムリー、川端の内野ゴロの間に1点で計3点を返し、2点差とする。しかし、その後はソフトバンクのリリーフ陣の前に得点を挙げることができず試合終了。ソフトバンクが3勝目となり、日本シリーズ連覇についに王手をかけた。

昨日敗れたソフトバンクだったが、今日は序盤に大量リードを奪った。このシリーズはレギュラーシーズンに4番だった内川が骨折で不在なのだが、代わりに4番に入った李大浩が大活躍している。今日を含めて6打点、打率は5割を超えている。このまま日本一になったらシリーズMVPの最有力候補だろう。また、昨日一発を浴びた千賀を含めて、今日はリリーフ陣が見事に抑えた。昨日の負けをまったく引きずっていない。やはり強い。

連勝といきたかったヤクルトは館山が試合を作れなかった。ヤクルトにとって、ここまで先発が全員5回を投げ切れずに降板しているというのは大きな誤算だろう。リリーフ陣は早いイニングから投げつつも頑張っているが、ここまではリリーフ陣が登板した時点でもう手遅れという状況になってしまっている。打線は神宮に戻って少しずつ良くなっているので、あとは先発だけだ。

ついにソフトバンクが王手をかけた。日本シリーズ連覇というのはしばらく無くて、最後に連覇をしたのは1990年から92年にかけて3連覇をした西武。ソフトバンクが連覇をすれば、南海ホークス時代から通じて球団史上初となる。敵地神宮で決めるのか。明日の予想先発はソフトバンクがスタンリッジ、ヤクルトは中4日で石川か。

posted by K at 23:47 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

2015日本シリーズ第3戦

【第3戦】神宮球場
ヤクルト(0勝)8―4ソフトバンク(2勝)

舞台を神宮に移しての第3戦。先発はヤクルトが杉浦、ソフトバンクが中田。初回、山田の2ランでヤクルトがこのシリーズ初めて先制する。しかしその直後、杉浦のワイルドピッチと福田のタイムリーで同点に。3回、またも山田のホームランでヤクルトが勝ち越すが、4回、今宮のホームランでまたも同点。さらに5回には明石にもホームランが出て、ソフトバンクがこの試合初めてリードする。しかしその裏、三度山田が、今度は逆転2ラン。ヤクルトがまたも勝ち越す。そして8回には、畠山のホームランと中村の2点タイムリーでヤクルトが3点を追加。鉄壁の中継ぎ陣で逃げ切ったヤクルトがシリーズ初勝利を挙げた。

ついに山田が目覚めたヤクルト。日本シリーズでの3打席連続ホームランは長嶋茂雄さん以来45年ぶり。長嶋さんは2試合にまたがっての記録であり、1試合3ホームランは日本シリーズ史上初となる。3打席目はちょっと鳥肌立った。また中継ぎ陣もソフトバンクの強力打線をよく抑えた。一方で心配なのは、3試合連続で5回を投げ切れていない先発陣と、山田・畠山以外の打撃陣。とくに打撃陣はいまだにチーム打率.165。あと3人くらいがシーズン通りの打撃に戻らないと厳しいだろう。

ポストシーズン初黒星となったソフトバンクは投手陣が崩れた。先発の中田は今後出番があるか微妙なのでまだしも、千賀と五十嵐が打たれたのはちょっと痛いか。打撃陣では柳田の不調が続く。柳田は3番で、その前もその後も好調なので柳田が復調すれば一気に打線がつながりそうだが、さすがにヤクルト投手陣のマークもきついのだろう。

これでヤクルトが1勝2敗と1つ返した。だが、依然ソフトバンクが有利な状況は変わらない。ヤクルトは神宮での残り2戦も勝って福岡へ行きたいところだ。明日の予想先発はヤクルトが館山、ソフトバンクが攝津。

posted by K at 23:34 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする