2015年07月19日

オールスター2015 第2戦

【第2戦】MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
全セ 8―3 全パ

投手リレー
セ:黒田、前田、田中、大野、バーネット、呉昇桓
パ:吉川、ディクソン、十亀、増田、武田、高橋朋

広島黒田、日本ハム吉川の先発で始まった試合。試合は3回、広島會澤のホームランでセリーグが先制する。4回にはDeNA梶谷、広島田中のタイムリーで3点を追加し、4-0とする。連敗は避けたいパリーグは5回、西武秋山のホームランで1点を返すが、その裏、セリーグはDeNA筒香、広島新井、DeNA梶谷の3連続タイムリーで3点を追加し、突き放す。6回、西武森が10代では清原以来となるオールスターでのホームランを打ち、パリーグが2点を返す。しかし8回、中日平田のホームランでセリーグがダメ押し。セリーグが連勝で交流戦の無念を晴らした。

なんで交流戦であんなに負けたんだ、と思うくらいのセリーグの躍動。まあ2戦ともセリーグ本拠地というのもあったのかもしれないが、なんにせよ今日もよく打った。とくに地元・広島の選手たちが活躍。丸と菊池はノーヒットだったが、新井と田中はタイムリー。新井は敢闘選手賞、田中はBe a driver.賞を獲得した。そして先制ホームランの會澤は見事、今日のMVPを獲得した。投手も黒田からマエケンへの豪華リレーが実現。2人とも無失点ながら、ヒットを打たれたためか賞はもらえなかった。とはいえ、地元の、そして投票したファンの期待に応えた結果となった。

広島勢以外では梶谷が活躍。2日とも打点を挙げたのは田中と梶谷だけであり、梶谷も敢闘選手賞を獲得した。巨人選手は阿部が代打で登場し凡退。鈴木は代走で登場し、昨日に続いて盗塁を決めたが、藤浪3塁コーチの指示で三盗を狙ったところスタートが早すぎて失敗。1盗塁、1盗塁死という結果だった。

連敗となったパリーグだが、見せ場を作ったのは敢闘選手にも選ばれた森。昨日も藤浪との対戦で東京ドームの天井に打球を当てるという離れ業を見せたが昨日はアウトだった。しかし今日は見事ホームラン。10代でのホームランは清原以来2人目とのことで、あらためてとんでもない打者であることを思い知らされた。最多得票だったのもよくわかる。今後もその豪快な打撃を貫いてほしい。

今年のオールスターは2戦とも楽しかった。巨人のいるセリーグが連勝したからというのもあるだろうが、対戦も見ごたえがあったと思う。普段は敵同士の選手たちが楽しそうに話してるのを見るのは良いなと思う。日本代表でも一緒になることはあるけど、そういうときは真剣勝負なので、リラックスした表情を見られるのはやっぱりオールスターだけだ。

お祭りは終わり、リーグ戦は早くも月曜日から再開する。残り試合は各チームとも60試合前後で、ここから優勝争い、CS争いが本格化してくる。まれにみる大混戦のセリーグ、差が開きつつあるパリーグ、それぞれどのように動いていくのか。まずはどこがスタートダッシュを決めるかに注目したい。

posted by K at 00:59 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

オールスター2015 第1戦

【第1戦】東京ドーム
全セ 8―6 全パ

投手リレー
セ:菅野、藤浪、高木勇、山口、山崎康
パ:大谷 、西、涌井、森、宮西、松井裕

セリーグが菅野、パリーグが大谷の先発で始まった試合は、2回、DeNAロペスのタイムリーでセリーグが先制。しかし3回、パリーグはソフトバンク今宮のタイムリーで同点に追いつき、さらにロッテ清田の3ランで勝ち越しに成功する。セリーグはその裏、DeNA筒香の犠牲フライで1点を返すと、5回、DeNA梶谷のタイムリーで1点差とし、さらにパリーグ内野のエラーによって同点に追いついた。ここからはセリーグのペースとなり、6回には巨人阿部のホームラン、ヤクルト川端のタイムリー、阪神鳥谷のタイムリーで3点を勝ち越し。8回には広島田中のタイムリーでダメ押しの1点を挙げた。パリーグは9回、日本ハム中田のタイムリー、西武炭谷のタイムリーで2点を返すが、最後はDeNA山アが抑えてゲームセット。第1戦はセリーグが勝利した。

打撃戦でなかなか面白かった。投手の人たちには悪いけどやっぱり野球は打たなきゃ面白くない。目立ったのはDeNAの選手たちで、選ばれた野手3人が全員ヒット・打点を挙げるという活躍を見せた。とくにロペスは3安打で、敢闘選手にも選ばれた。

東京ドームでの試合ということで、巨人の選手たちも全員出場。先発を務めた菅野は2回まで完璧だったが、3回に清田の3ランを含め4失点。3回パーフェクトならMVPもあっただけに残念だった。高木勇は3番手で登場し、1安打されたものの無失点。オールスターをきっかけにリーグ戦でも復調してほしいところ。山口は4番手で登場し、1回をパーフェクト。こちらも復調してもらいたい。阿部はスタメン出場して決勝ホームランを含む2安打で敢闘選手に選ばれた。ただし2安打目は2塁を狙って柳田に刺された。やっぱり足が遅いんだなと再確認。そして19年目で初出場となった鈴木は代走で登場。1球目で見事盗塁を決め期待に応えると、梶谷のタイムリーでホームに戻ってきた。今日はこれが一番嬉しかった。明日ももし登場したらぜひ盗塁を決めてほしい。

乱打戦で失点するピッチャーが多かった中、唯一複数イニングを投げて無失点だった阪神の藤浪がMVPを獲得。藤浪と同じ大阪桐蔭出身の選手が3番から6番を占めたパリーグ打線をパーフェクトに抑えた。とくに後輩の森との対決が見られたのが良かった。

パリーグは今日はちょっと見どころが少なかったが、清田の3ランは見事だった。清田は敢闘選手にも選ばれている。明日は存在感を見せられるか。

明日は広島の本拠地、マツダスタジアムでの試合。先発はセリーグが広島の黒田、パリーグが日本ハムの吉川となっている。吉川は広島の広陵出身なので先発に選ばれたものと思われる。注目は黒田を含む広島勢。ファン投票で選ばれた5人を含め、広島からは7人が選ばれており、スタメンは広島だらけとなることが予想される。また黒田からマエケンへのリレーが見られる可能性も高く、このあたりも注目だ。

ちなみにまだ出場していない選手は以下の通り。全員投手で、野手は今日全員出場した。

セ:黒田、前田(以上広島)、呉昇桓(阪神)、大野(中日)、田中(DeNA)、バーネット(ヤクルト)
パ:吉川(日本ハム)、武田(ソフトバンク)、ディクソン(オリックス)、増田、十亀、高橋(以上西武)

posted by K at 23:19 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

プロ野球1週間のまとめ 7/6〜7/12

プロ野球、先週1週間のまとめ。

続きを読む
タグ:野球
posted by K at 23:28 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

プロ野球1週間のまとめ 6/29〜7/5

しばらくやってなかったプロ野球1週間のまとめ。

続きを読む
タグ:野球
posted by K at 22:53 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

6月28日 巨人4―6ヤクルト

初回、ダブルプレーの間にヤクルトが1点を先制。ヤクルトは4回、菅野の暴投で1点、さらに内野ゴロの間に1点を加え、3―0とする。巨人は2年ぶりの一軍マウンドとなった館山の前になかなか点を奪えずにいたが、5回、高橋の3ランで同点に追いつく。さらにチャンスを作って館山を降板させると、代わった秋吉から相川が犠牲フライを打ち、勝ち越しに成功した。しかしその裏、山田が逆転2ランを放ちヤクルトが再び勝ち越し。7回には上田のタイムリーで突き放した。ヤクルトが勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の菅野は7回途中6失点。今日は菅野が悪かった。珍しく打線が4点「も」取ったので今日は勝ちたかったが、残念だった。逆転した直後に打たれたのもちょっと印象が悪い。まあ金曜登板予定だったのが2日ずれて、調整も大変だったのかもしれない。次はしっかり頑張ってほしい。

打線は5回に一挙4点を挙げたが、それだけ。6回以降は1安打に抑えられた。2年ぶりの復帰登板となった館山はまだ本調子ではなかったようで、その館山は打てたがリリーフは打てなかった。結局あまり良くなってはいないということだろう。まあ・・・今日は館山がちゃんと投げたというのが野球ファンとして嬉しかったのでいいか。

このカードは1勝1敗で、カード連続負け越しはなんとか止めた。次こそは勝ち越したい。次は本拠地で広島戦。広島は現在5位だが、巨人との差は1.5ゲーム。この3連戦次第ではひっくり返る可能性もある。気を引き締めて臨みたいところだ。あと、おそらく火曜日は黒田が登板すると思われ、黒田の日本復帰後初対戦となる。これは楽しみだ。
posted by K at 22:33 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする