2018年05月26日

平成30年夏場所 14日目●正代

14日目 ●御嶽海(掬い投げ)正代○

立ち合い、御嶽海が踏み込むが、正代が弾き飛ばす。その後は御嶽海が左を差し、右上手も取って寄っていく。しかし土俵際で正代が掬い投げで逆転。土俵から落ちた御嶽海は右足を痛めた様子で、付け人に肩を借りながら土俵を後にした。

内容的には悪くはなかったと思う。前に攻める姿勢は出ていた。ただ、正代の体勢は不利に見えながらもずっと投げようとしていて、最後の最後で御嶽海がこらえきれなかったように感じた。

ただ今日は負けたことよりも足の状態が心配。掬い投げで土俵から落ちた後しばらく立ち上がれず、その後土俵には上がったものの、ずっと右足をかばうようにしていた。肩を借りながらではあるが歩いてはいたので、力士生命にかかわるような大ケガということはないと思うが、明日の出場は状態を見て、ということになるだろう。あと1日なので出たい気持ちもあるだろうが、勝ち越しは決めているし、無理は絶対にしないでほしい。

ということで出場するかはわからないが、明日千秋楽の相手は逸ノ城。過去の対戦は2勝3敗で、先場所は押し出しで御嶽海が勝利した。逸ノ城は今場所西関脇で、ここまで8勝6敗。今日は白鵬を破り、新関脇だった場所以来となる関脇での勝ち越しを決めた。明日、もし出場したとしても万全の状態ではないはずなので、逸ノ城に勝つのは簡単ではないが、勝つにはとにかく組まないことが重要。押して動かなくても我慢したい。

過去の対戦
28春 ●御嶽海(送り出し)逸ノ城○
29秋 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●
29九 ●御嶽海(押し出し)逸ノ城○
30初 ●御嶽海(寄り切り)逸ノ城○
30春 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●


優勝争いは、1敗同士の直接対決を鶴竜が制し、単独トップに立った。そして白鵬は逸ノ城に敗れたため、優勝争いから脱落。優勝は1敗の鶴竜、2敗の栃ノ心のどちらかということになった。明日、鶴竜が白鵬に勝つか、栃ノ心が勢に敗れると、鶴竜の2場所連続の優勝が決まる。鶴竜が敗れ、栃ノ心が勝った場合は、2人の優勝決定戦となる。


タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 19:43 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年夏場所 13日目○琴奨菊

13日目 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●

立ち合い、御嶽海がすぐにもろ差しになる。琴奨菊は腕を抱えて投げようとするが、御嶽海はしっかりとついていく。一度はもろ差しの状態が解けるが、もう一度もろ差しになると一気に寄っていき、土俵際で粘る琴奨菊を寄り切り。御嶽海は2場所ぶりの勝ち越しを決めた。

今日はとにかく攻め続けたのが良かった。まず立ち合いで勝ってもろ差しになれたのがなにより大きかったが、投げを打たれたり、もろ差しの状態が解けたりしても引いたり叩いたりすることなく、常に前に出ようとしていたのが勝利につながった。

これで2場所ぶりの勝ち越しとなった。栃ノ心の大関昇進が確定的で関脇の枠が1つ空き、平幕に御嶽海を上回るような強い星の力士もいないため、来場所の関脇返り咲きもほぼ確実となった。逸ノ城次第では東関脇もあり得る。あとは残り2日もしっかり勝つだけだ。

明日の相手は正代。過去の対戦は5勝7敗(幕内では5勝5敗)で、このところ正代が連勝中。先場所は下手投げで敗れた。正代は今場所西4枚目で、ここまで8勝5敗。なんといっても今日、ここまで全勝で来ていた栃ノ心を破り勝ち越しを決めた。御嶽海としては突き放していきたいところだが、組むのを避けすぎて引いたりするのは避けたいところだ。


過去の対戦
27夏 ●御嶽海(下手投げ)正代○ ※幕下
27秋 ●御嶽海(寄り倒し)正代○ ※十両
28初 ●御嶽海(寄り切り)正代○
28春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
28名 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29初 ○御嶽海(寄り倒し)正代●
29春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
29夏 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29名 ○御嶽海(下手出し投げ)正代●
29秋 ○御嶽海(叩き込み)正代●
30初 ●御嶽海(押し出し)正代○
30春 ●御嶽海(下手投げ)正代○


上で書いたように、栃ノ心が正代相手にまさかの敗戦を喫し、今場所初黒星。鶴竜、白鵬は勝利し、これで1敗が栃ノ心と鶴竜、2敗が白鵬という形に変わった。優勝争いは千秋楽までもつれることになった。明日は1敗の鶴竜と栃ノ心が直接対決。言うまでもなく、勝った方が優勝に大きく近づく。個人的には巴戦も見てみたいのだが、それが起きるのは明日鶴竜と白鵬が勝利し、あさって栃ノ心と白鵬が勝利した場合のみとなる。ちなみに白鵬は明日逸ノ城と対戦。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 01:57 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

平成30年夏場所 12日目●千代大龍

12日目 ●御嶽海(突き出し)千代大龍○

立ち合い、千代大龍が強烈な当たりで御嶽海を後退させると、休むことなく突っ張りで一気に前へ。御嶽海は回り込もうとするが、その間もなく千代大龍が迫ってきてそのまま突き出し。御嶽海は何もできず、今場所初の連敗となった。

千代大龍が目の覚めるような素晴らしい相撲をした。一気に持っていかれることさえ防げれば、千代大龍が引いたところを攻めて勝てると御嶽海はわかっていたと思うが、今日は一気に持っていかれてしまった。千代大龍は7敗と後がなく、開き直って思いっきり来たのだろうと思うが、御嶽海としてはこの強烈な当たりを止める術も持っておきたいところだ。

明日の相手は琴奨菊。過去の対戦は7勝4敗。初場所まで御嶽海が5連勝していたが、先場所は掬い投げで琴奨菊が勝利した。琴奨菊は今場所東5枚目で、ここまで7勝5敗。今日は逸ノ城も破り、4場所ぶりの勝ち越しに王手をかけている。とにかく組まないようにだけ気をつけたい。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(押し出し)琴奨菊○
28秋 ●御嶽海(寄り切り)琴奨菊○
28九 ○御嶽海(肩透かし)琴奨菊●
29初 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●
29春 ●御嶽海(寄り切り)琴奨菊○
29夏 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●
29名 ○御嶽海(叩き込み)琴奨菊●
29秋 ○御嶽海(掬い投げ)琴奨菊●
29九 ○御嶽海(掬い投げ)琴奨菊●
30初 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●
30春 ●御嶽海(掬い投げ)琴奨菊○


優勝争いは栃ノ心−白鵬の大一番があり、大熱戦の末、栃ノ心が勝利。栃ノ心は26度目の対戦でついに白鵬に勝利し、無傷の12連勝とした。これで大関の座はほぼ確実。2度目の優勝にも大きく近づいた。「ほぼ」というのは不祥事でも起こさない限り、という意味であり、成績で言えば100%昇進だろう。あとは優勝を掴めるかどうか。優勝が決まるのは最速で14日目で、おそらくこの日に栃ノ心と鶴竜の直接対決が組まれる。このまま栃ノ心が優勝となるのか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

平成30年夏場所 11日目●鶴竜

11日目 ●御嶽海(叩き込み)鶴竜○

立ち合い、鶴竜が頭をつけて御嶽海を一気に寄ってくるが、御嶽海はこれを回り込んで凌ぐ。なおも鶴竜が攻めるが、少し叩いたところを御嶽海が攻め返し、下からの押しで鶴竜を土俵際まで追い込む。回り込もうとする鶴竜についていこうとした御嶽海だが、足がついていかずに叩き込みで鶴竜の勝ち。御嶽海はあと一歩のところで勝利を逃し、今日の勝ち越しはならなかった。

良い相撲だったが、勝ってもおかしくなかったので悔しい。鶴竜をあと一歩のところまで追い詰めたが…。立ち合いで鶴竜が突っ込んできたのを受けて、鶴竜に先手を取られた。その後盛り返したが、立ち合いで先手を取れていればあるいは勝てたかもしれない。やっぱり立ち合いは大事だ。

明日の相手は千代大龍。過去の対戦は4勝3敗で、このところ御嶽海が3連勝中。先場所は押し出しで勝利した。千代大龍は今場所東4枚目で、ここまで4勝7敗。千代大龍の攻略法は御嶽海もしっかりわかっているし、千代大龍自身の調子も良くはない。明日きっちり勝って、今場所こそ2ケタ勝利に挑みたい。

過去の対戦
27九 ●御嶽海(引き落とし)千代大龍○
28初 ●御嶽海(寄り切り)千代大龍○
28春 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●
29秋 ●御嶽海(叩き込み)千代大龍○
29九 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●
30初 ○御嶽海(寄り切り)千代大龍●
30春 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●


優勝争いは、全勝の栃ノ心、1敗の鶴竜、白鵬がいずれも勝利した。栃ノ心はこれで大関昇進もほぼ決まりだと思うが、たとえばあと4日全部酷い内容で負けるとかだとわからないか。明日は栃ノ心と白鵬が直接対決だが、栃ノ心は白鵬と信じられないほど相性が悪い。過去に25度対戦して、なんと一度も勝ったことがない。ただ、最後にやったのは昨年の名古屋場所。今年の強い栃ノ心であれば、もしかしたらいけるかもしれない。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:19 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年夏場所 10日目○勢

10日目 ○御嶽海(突き落とし)勢●

立ち合い、踏み込んだのは勢だったが、御嶽海が下からの押し上げで勢を土俵際まで押し込む。しかしここで叩こうとしたところを勢についてこられ、逆に勢がいなしてからの攻めで御嶽海を押し込む。しかし御嶽海が勢の左腕を取り、回り込みながらの突き落とし。御嶽海が土俵際での逆転で7勝目を挙げ、勝ち越しに王手をかけた。

勝ちはしたが、内容としては危なかった。立ち合いで踏み込み負けたのはその後の攻めでカバーしたのでいいとして、土俵際まで押し込んでおきながら叩いてしまったのは良くなかった。負けてもおかしくなかったし、もし今日の相撲で負けていたら残り5日間も不安になるところだったので勝てて良かった。

中盤戦が終わって7勝3敗。あと1勝で勝ち越し、そして残り5日で3勝すれば、10勝に到達する。残り5日、対戦が予想されるのは鶴竜(明日)、逸ノ城、千代大龍、正代、琴奨菊といったところで、過去の対戦成績からすれば3勝は十分に狙える相手だ。今場所こそ決めたい。

明日の相手は横綱・鶴竜。過去の対戦は3勝3敗で、このところ御嶽海が2連勝している。直近の対戦は初場所で、押し出しで勝利。しかし先場所は鶴竜が優勝争いをしていた(その後優勝)のに対し、御嶽海は負け越したため、割を崩すために対戦がなかった。鶴竜は今場所ここまで9勝1敗。4日目に松鳳山に不覚を取ったものの、星1つの差で栃ノ心を追っている。しかし今日は琴奨菊相手に立ち合いで変化し、場内はブーイングもあるなど騒然となった。だからこそ明日はまず間違いなくちゃんとした立ち合いで来ると思われるので、御嶽海としては対策は立てやすい。まずは組まれないようにすること、そして攻め込まれても我慢すること。鶴竜は攻めきれないと引くことが多いので、そこまで耐えられれば勝機が出てくるだろう。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(寄り切り)鶴竜○
28九 ●御嶽海(押し出し)鶴竜○
29初 ○御嶽海(押し出し)鶴竜●
29春 ●御嶽海(下手出し投げ)鶴竜○
29夏 ○御嶽海(押し出し)鶴竜●
30初 ○御嶽海(押し出し)鶴竜●


10日目が終わって、全勝は栃ノ心。1敗で鶴竜、白鵬の両横綱が追う。数字的には2敗や3敗にも可能性はあるが、優勝争いはほぼこの3人に絞られたと言っていいだろう。残り5日間の対戦相手は、それぞれ以下のようになると予想される。

残りの対戦相手予想(番付順)
栃ノ心…鶴竜、白鵬、正代、琴奨菊(明日)、勢
鶴竜…白鵬、栃ノ心、逸ノ城、御嶽海(明日)、勢
白鵬…鶴竜、栃ノ心、逸ノ城、正代(明日)、勢

豪栄道が途中休場になったため、総当たりの範囲が勢まで拡大し、また今場所の成績も良いため、勢は今後3人との対戦が予想される。直接対決も非常に重要だが、勢や逸ノ城はカギになるかもしれない。なお栃ノ心はここまでで三場所合計34勝。初場所が平幕だったので、「三役で三場所33勝」という条件を単純に当てはめることはできないが、あと1つ勝てば大関昇進はほぼ確実と言ってもいいだろう。まあここからあと1勝止まりだと印象は悪くなるが、それでも昇進はすると思う。あとは優勝できるかどうか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 01:13 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする