2020年09月27日

令和2年秋場所 千秋楽●霧馬山

千秋楽 ●御嶽海(寄り切り)霧馬山○

立ち合いから攻め込むのは霧馬山。御嶽海を押し込んでいく。御嶽海は回り込んでこれを凌いだが、互いに右差しの形になり、霧馬山は上手と下手を引く。御嶽海は霧馬山の力強い攻めをこらえきれず寄り切り。今場所は8勝7敗で終えた。

千秋楽なのでもっと良い内容を期待していたが、受けに回ってしまった。昨日は四つでも勝てたが、今日は霧馬山のほうが体勢が良かった。まあ、完敗だった。

今場所は8勝7敗。2場所連続の2ケタ勝利には届かず、勝ち越すのがやっとだった。しかも、今場所は両横綱がいないだけでなく、終盤の割崩しによって貴景勝や正代との対戦もなかった。その状況での8勝は到底納得のいく結果ではないだろう。内容的にも、後半は持ち直したものの前半はとにかく酷かった。後半はそんなに悪くなかったのだから身体に問題があるわけではなく、気持ちの問題だと思う。そしてそれは今場所だけでなく、安定した成績を残せない原因にもなっているのではないだろうか。御嶽海の負けが込むときはだいたい相撲が消極的になっていることが多い。常に強い気持ちをもって、その日の一番を勝ちに行くことが今の御嶽海に一番必要なことなんじゃないかと思う。もともとは御嶽海が次の大関候補の筆頭にいたはずだったのが、貴景勝に抜かれ、朝乃山に抜かれ、そして正代にも抜かれることになった。すぐ下には隆の勝や霧馬山といった若手も迫ってきている。もう一度奮起してほしい。


優勝は正代だった。翔猿との一番を制し、13勝2敗で悲願の初優勝となった。今日の一番はずっと翔猿のペースだったが、最後の最後で逆転の突き落としを見せた。取組終了後には臨時理事会の招集が決定し、事実上大関昇進が決まった。3場所合計では32勝だが、8勝→11勝→13勝と右肩上がりなのと、今場所の内容の良さ、そして優勝したことなどが加味されたと思われる。実際両大関にも勝っているし、まあ文句ないだろう。正代は今年に入ってから本当に強くなった。ずっと上位にはいたものの、三役どころか前頭3枚目以上での勝ち越しさえ平成28年九州場所の1度しかなく、3年以上跳ね返されてきた。三役での勝ち越しは今年春場所が初めてで、そこから2場所で最初のチャンスを見事に掴んだ。次の場所は29歳になって迎えることになるため若くはないが、間違いなく今が今までで一番強い。さらに上を目指すことも可能だろう。

来場所は今年最後の場所となる。本来なら九州で行われるが、来場所も東京開催となる。来場所からは日本人大関が3人ということになる。年齢も取り口もバラバラなのが面白い。そろそろ大関の優勝を見たいところだ。今場所休場となった両横綱は戻ってくるかわからないが、出場するならば当然優勝争いに絡んでくるだろう。大関たちがどう挑むか。また鶴竜については、親方が進退をかけてやらないと、とも発言しているので、出場するならば特に序盤は注目だ。

今場所もお疲れさまでした。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:42 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

令和2年秋場所 14日目○若隆景

14日目 ○御嶽海(下手投げ)若隆景●

立ち合い、若隆景が当たってすぐに右に動き、そこから御嶽海を押し込もうとする。互いに右を差す形になり、若隆景は左上手も取るが、御嶽海は右を深く差し、左では若隆景の右腕を抱えるようにして寄っていく。ここは若隆景がこらえるが、若隆景が出し投げを打とうとしたところで御嶽海が再び寄っていき、土俵際で粘る若隆景を最後は下手投げ。御嶽海は勝ち越しを決め、関脇の座を守った。

序盤は若隆景のペースだったと思うが、自分の右が入ったところから力強い攻めを見せて相手を押し込んだ。若隆景が比較的小兵だったのもあると思うが、四つが得意な相手に組んでも勝てるようになっているのは確かな成長だ。

千秋楽の相手は霧馬山。過去の対戦は0勝1敗で、先場所の初顔合わせでは寄り切りで敗れた。先場所、上位初挑戦の場所では6勝9敗と負け越した霧馬山。今場所は東5枚目で、中日まで6勝2敗と優勝争いに絡んでいたが、9日目の貴景勝戦で肩を負傷し、10日目から休場。しかし13日目から再出場し連勝、8勝4敗2休で勝ち越しを決めている。肩には大きなテーピングをしており当然治ってはいないはずだが、気迫を見せている。御嶽海としては、とにかく主導権を握ること。霧馬山は速さもあるので立ち合いで遅れると一気に持っていかれる可能性もある。焦ってはいけないが遅れないようにして、千秋楽は良い相撲で締めたい。

過去の対戦
2七 ●御嶽海(寄り切り)霧馬山○


優勝争いでは、まず阿武咲が隆の勝に敗れて4敗に後退。続いて若隆景も敗れて4敗。そして朝乃山と正代の一番は正代が朝乃山を圧倒し2敗をキープ。この時点で朝乃山を含む4敗力士の優勝がなくなった。そして結びの貴景勝と翔猿の一番は貴景勝が落ち着いて翔猿を破り3敗を死守。この結果、正代が2敗で単独トップ、3敗で貴景勝と翔猿という形になり、優勝はこの3人に絞られた。そして千秋楽は正代−翔猿、貴景勝−朝乃山が組まれた。
正代はもちろん勝てば優勝。翔猿が勝つと決定戦に持ち込まれ、貴景勝も勝利した場合は巴戦となる。正代が優勝の場合、熊本県出身力士としては初優勝。そして本割で勝っての優勝の場合は13勝。3場所合計では32勝だが、その前の場所は平幕ながら13勝していると考えると、そのまま大関に昇進というのも十分あり得るだろう。
貴景勝が優勝の場合は2度目、大関としては初優勝で、来場所綱とりになると思われる。
そして翔猿が優勝すると、なんと106年ぶりの新入幕優勝となる。今日の内容を見ても正代が有利なのは間違いないが、何が起きてもおかしくない。どんな結果になるのか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和2年秋場所 12日目●高安 13日目●朝乃山

12日目 ●御嶽海(肩透かし)高安○

立ち合いは互角。高安ののど輪でなかなか攻め込めない中で高安が叩くと、御嶽海はバランスを崩す。なんとかついていこうとしたものの、高安は回り込みながら肩透かし。御嶽海は連勝が止まった。


13日目 ●御嶽海(上手投げ)朝乃山○

立ち合い、いきなり朝乃山が右を差す。さらに左上手を取るとすぐに上手投げ。朝乃山が豪快な相撲で10勝目を挙げ、御嶽海は今場所の2ケタ勝利がなくなった。


2日ともに相手に主導権を握られて敗れてしまった。高安戦は攻めようとする姿勢は出ていたが、のど輪で攻めさせてもらえないところに叩きが来て前のめりになってしまった。朝乃山戦は完敗。立ち合いに差された時点で勝負が決まってしまった。朝乃山の集中力が上回っていた。

14日目は番付どおりなら貴景勝との取組のはずだったが、若隆景と組まれた。御嶽海が12日目時点で5敗になったことや、平幕の翔猿を上位と当てるためなどの理由が考えられる。また若隆景にも優勝の可能性が残っており、若隆景を上位と当てる意味合いもあるだろう。若隆景とは初顔合わせとなる。若隆景は現在25歳。学生相撲で結果を残し、三段目100枚目格付出で角界入り。今場所は幕内3場所目で西8枚目となり、ここまで10勝3敗。ちなみに3兄弟の三男だが兄2人も力士で、長男は幕下の若隆元、次男は十両の若元春。毛利三兄弟にちなんだしこ名となっている。四つ相撲が得意な力士なので組まないようにしたい。


優勝争いは2敗で正代と翔猿が並び、3敗で朝乃山、貴景勝、若隆景、阿武咲が追う展開となった。14日目は割が崩され、貴景勝と翔猿の直接対決が組まれた。また正代と朝乃山も直接対決(こちらは番付どおり)、若隆景は御嶽海と、阿武咲は隆の勝と組まれた。千秋楽は番付どおりなら朝乃山と貴景勝、正代と御嶽海という取組になるが、今日の結果がどうなるにしても千秋楽は正代−翔猿戦が組まれる気がする。大関同士はさすがに崩せないし。そして若隆景と隆の勝、阿武咲と御嶽海という感じで組まれるんじゃないかと思う。14日目の結果次第では2敗2人の一騎打ちになる可能性もあるし、6人が並ぶ可能性もある。どんな形で千秋楽を迎えるのか。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 16:42 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

令和2年秋場所 10日目○栃ノ心 11日目○輝

10日目 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●

御嶽海は立ち合いで当たった後右に動き、栃ノ心に四つの形にされるのを防ぐと、右を差し、左も差しこもうとする。栃ノ心が引いたところでもろ差しの形になり、一気に寄って寄り切り。御嶽海は6勝目を挙げた。


11日目 ○御嶽海(寄り切り)輝●

御嶽海は立ち合いで当たり勝つと、下から腕を入れるようにもろ差しとなり、一気に寄り切り。完勝で3連勝とし、勝ち越しまであと1勝とした。


9日目から明らかに相撲の内容が変わった。とにかく引くことがなくなった。10日目も栃ノ心が引くまで我慢した。まあ、身体に問題があったわけではないだろうから、本人の意識の問題だと思う。この調子で残り4日もいってほしい。

明日の相手は高安。過去の対戦は6勝13敗で、直近の対戦である初場所は叩き込みで高安が勝っている。対戦成績では差がついているものの、過去に7連敗していたのが響いており、ここ6度の対戦では3勝3敗となっている。今場所東6枚目の高安はここまで6勝5敗。中日までは2敗だったが、その後好調な力士と当たって3連敗中。得意な相手ではないものの、今日のような相撲ができるなら勝機は十分ある。13日目以降は朝乃山、貴景勝、正代と当たることになるので、明日勝ち越しておきたい。

過去の対戦 ※直近10戦
29九 ●御嶽海(叩き込み)高安○
30初 ●御嶽海(上手投げ)高安○
30春 ●御嶽海(突き落とし)高安○
30名 ●御嶽海(突き落とし)高安○
30秋 ○御嶽海(突き落とし)高安●
30九 ○御嶽海(掬い投げ)高安●
31初 ●御嶽海(寄り切り)高安○
31春 ●御嶽海(押し出し)高安○
元夏 ○御嶽海(叩き込み)高安●
2初 ●御嶽海(叩き込み)高安○


優勝争いは、2敗の貴景勝、正代、若隆景、翔猿がトップ。3敗で朝乃山、照ノ富士、阿武咲が追いかける。2敗勢が粘っているので、優勝ラインも悪くても3敗になるのではないかという感じになってきた。とはいえ、明日は若隆景と翔猿が直接対決、照ノ富士と阿武咲も直接対決で、貴景勝、正代、朝乃山は御嶽海を含めた4人で最後の3日間総当たり戦になる。4敗まで下がる可能性もなくはないし、現在4敗の御嶽海、隆の勝、琴勝峰も諦めるにはまだ早い。まずは明日、直接対決の2番がどうなるかだろう。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:48 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

令和2年秋場所 6日目〜9日目御嶽海の結果

6日目 ○御嶽海(叩き込み)遠藤●

御嶽海は立ち合いで遠藤の体を起こすと、そこからすぐに頭を押さえながらの叩き込み。あっさり勝負を決めた御嶽海が4勝目を挙げた。


7日目 ●御嶽海(押し出し)玉鷲○

立ち合い、当たり勝ったのは玉鷲。強烈な突き押しで御嶽海を押し込む。御嶽海も押し返そうとするものの、玉鷲の下からの押し上げに引いてしまい、そのまま押し出し。御嶽海は玉鷲戦の連勝が13で止まった。


8日目 ●御嶽海(押し出し)大栄翔○

立ち合いは互角。大栄翔の激しい突っ張りに対してもむしろ押し込むような状況だったが、御嶽海が先に引いてしまい、そこを出てきた大栄翔の強烈な押しを食らい、回り込み切れずに押し出し。御嶽海は連敗となり、4勝4敗で後半戦に向かうこととなった。


9日目 ○御嶽海(押し出し)妙義龍●

立ち合いから押し込んだのは御嶽海。妙義龍に右を差されたもののまわしは与えず、攻め続けて押し出し。御嶽海は連敗を止め5勝目、再び勝ち星が先行した。


8日目までの御嶽海はとにかく内容が悪かった。大相撲の世界に入ってからのすべての相撲を見てるけど、ケガをしてる時を除いたら、あるいはケガしてる時を含めても、今場所が一番内容が悪いんじゃないかというくらい、勝った相撲も負けた相撲も攻めることができていなかった。これが改善しなければ勝ち越しも厳しいと思っていたが、今日はしっかり反省したのか、相手に差されても構わずに最後まで攻める気持ちを貫いた。今日の相撲ができれば、まだ上位戦も残っているが勝ち越しも十分可能だろう。

明日の相手は栃ノ心。過去の対戦は4勝8敗で、直近の対戦である昨年秋場所は寄り切りで御嶽海が勝利した。その昨年の秋場所で負け越して関脇に転落した栃ノ心は、次の九州場所も途中休場となり大関復帰に失敗。その後もなかなか調子を戻せず、先場所は西11枚目で10勝と6場所ぶりに勝ち越したが、今場所は西4枚目でここまで4勝5敗となっている。直近の対戦では勝ったが、栃ノ心にはすぐにまわしを取られて負ける展開が多い。突き放していくのかもろ差しで行くのかわからないが、とにかくまわし対策をしっかりして臨みたい。


過去の対戦 ※直近10戦
29名 ●御嶽海(寄り倒し)栃ノ心○
29秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30初 ●御嶽海(吊り出し)栃ノ心○
30春 ●御嶽海(肩透かし)栃ノ心○
30夏 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
30秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●
30九 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
31春 ●御嶽海(上手投げ)栃ノ心○
元夏 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
元秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●


優勝争いは大混戦。中日の時点で全勝どころか1敗もいなくなり、2敗で9人が並ぶ事態となった。9日目は2敗同士の直接対決などもあり、2敗は貴景勝、正代、照ノ富士、若隆景、阿武咲、翔猿の6人。3敗で朝乃山、霧馬山、高安、琴勝峰の4人が追う。3敗までは当然可能性があるし、4敗まで下がる可能性もあると思う。少なくとも上の10人は誰が優勝してもおかしくない。個人的にはそろそろ大関に優勝してほしいところなんだけど、すでに三役以上との対戦を終えた照ノ富士、上位常連ながら今場所は幕内下位にいる阿武咲あたりも特にチャンスがあるんじゃないかと思う。いずれにせよ、今場所も終盤までもつれることになるだろう。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:30 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする