2017年09月13日

平成29年秋場所 3日目○松鳳山

3日目 ○御嶽海(引き落とし)松鳳山●

松鳳山が両手を出す立ち合いを見せたが、御嶽海は間合いを詰めて松鳳山の顔を押し、体を起こす。そこですかさず引くと、松鳳山はたまらず前に倒れて決まり手は引き落とし。御嶽海が今場所の初白星を挙げた。

なんだか、この2日間やられていたことを自分がやったような、そんな感じだった。でもこういう相撲ができるということは連敗スタートでも焦らず落ち着いている証拠だと思うし、安心した。一つ勝ったことで、今後はより落ち着いて臨めるのではないだろうか。

今日から高安、宇良が休場。さらに結びでは日馬富士が敗れ、3日目にして三役以上の全勝がいなくなってしまった。前頭上位の琴奨菊、阿武咲、千代大龍が3連勝と元気なのも一因だが、こうなるともはやすべての力士に優勝の可能性があると言ってもいいだろう。だから御嶽海にもまだまだチャンスはある。とはいえ先は長いし、まずは勝ち越しを狙いたい。

明日の相手は玉鷲。過去8戦全勝ともっとも得意にしている相手である。先場所は押し出しで勝利した。先場所7場所ぶりの負け越しとなった玉鷲は小結に下がっており、ここまで1勝2敗。昨日は大関の高安に勝ったのだが、その際に足首を痛めてしまった。休場はしなかったものの、今日は伸び盛りの阿武咲に敗れている。普通に歩いているようには見えたが、まったく影響がないわけではないだろう。御嶽海はいつも通りの相撲を取ればいいと思う。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(叩き込み)玉鷲●
28初 ○御嶽海(押し倒し)玉鷲●
28秋 ○御嶽海(寄り切り)玉鷲●
28九 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
29初 ○御嶽海(突き出し)玉鷲●
29春 ○御嶽海(上手出し投げ)玉鷲●
29夏 ○御嶽海(掬い投げ)玉鷲●
29名 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:40 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

平成29年秋場所 2日目●千代大龍

2日目 ●御嶽海(叩き込み)千代大龍○

立ち合い、千代大龍が強烈な当たりを見せる。そこから二、三回突いて御嶽海を起こすとすかさず叩きに来る。御嶽海はついていこうとしたものの、強烈な叩きに落ちてしまい叩き込み。御嶽海にとっては昨年名古屋場所以来の連敗スタートとなった。

相手は違うが、昨日とまったく同じやられ方でやられてしまった。まあ千代大龍のこれは必殺の形だし、過去に御嶽海自身も食らっているのでわかっていたとは思うのだが、それでもどうにもならないほどに立ち合いの威力が強烈だったのだろう。しかし2日連続同じ形で負けるというのは見てる方も悔しかったので本人は相当悔しいだろう。

今場所は出だしで思いがけずつまずいてしまったが、気持ちを切り替えたい。今場所は大荒れになっている。まだ2日目だというのに、三役以上で連勝しているのは日馬富士ただ1人。御嶽海の他、照ノ富士、嘉風、栃煌山も連敗スタートとなっている。さらに今日の相撲で高安、玉鷲、宇良が足を痛めるアクシデント。高安と玉鷲は直接対決で2人とも痛めるというとても痛々しい一番だった。高安と宇良は休場の可能性も高く、元々3横綱がいない場所からさらに人が少なくなることになりそう。だからこそ、御嶽海にもまだチャンスはある。まずは1勝して落ち着きたい。そして何よりもケガには注意してほしい。

明日の相手は松鳳山。過去の対戦は十両時代を含めて2勝3敗だが、このところ御嶽海が2連勝中。直近の対戦は今年の春場所で、御嶽海が押し出しで勝利している。ただし万全で勝ったっていう感じではない。松鳳山は初日から連勝スタートで、両小結を破っている。四つの形になると松鳳山の方が強いと思うので、突き押し勝負かもろ差しを狙っていくのが良いだろうか。

過去の対戦
27秋 ●御嶽海(掬い投げ)松鳳山○
27九 ●御嶽海(上手投げ)松鳳山○
28夏 ●御嶽海(寄り切り)松鳳山○
28名 ○御嶽海(寄り切り)松鳳山●
29春 ○御嶽海(押し出し)松鳳山●

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:22 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年秋場所 初日●阿武咲

初日 ●御嶽海(叩き込み)阿武咲○

立ち合いで激しくぶつかった両者。より低く当たった阿武咲が御嶽海の体を起こすと、すかさず叩く。これが決まり、叩き込みで阿武咲が勝利。御嶽海は3場所ぶりの初日黒星スタートとなった。

立ち合いは御嶽海も悪くなかった。ほぼ互角だったように思うが、そこからの阿武咲が速かった。守りの叩きではなく攻めの叩きという感じで、それを食らってしまった。御嶽海は前に落ちて負けるっていうのが割と少なく、それも攻め込んでいての逆転という形が多かったので、今日のような負け方は珍しい。おそらく相当悔しさもあると思うが、それを力に変えて今場所も頑張ってほしい。

明日の相手は千代大龍。過去の対戦は御嶽海の1勝2敗で、直近の対戦では御嶽海が勝っているが、その最後の対戦はもう1年半も前であり、あまり参考にはならないだろう。千代大龍は長らく幕内下位〜十両で相撲を取っていたが、先場所10勝5敗の好成績を残し、今場所は西3枚目と3年ぶりに上位総当たりの位置まで上がってきた。初日には嘉風を破る好スタートを切っている。千代大龍も今日の阿武咲のように立ち合いが強烈なタイプだが、焦らないようにしたい。今の御嶽海ならば一気に持っていかれることはないはずなので。

過去の対戦
27九 ●御嶽海(引き落とし)千代大龍○
28初 ●御嶽海(寄り切り)千代大龍○
28春 ○御嶽海(押し出し)千代大龍●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 01:00 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

平成29年秋場所 初日、2日目の取組が決定

10日に初日を迎える秋場所の初日、2日目の取組が発表され、東関脇の御嶽海は初日に阿武咲、2日目に千代大龍との対戦が組まれた。

今場所は4横綱のうち、先場所優勝の白鵬、そして稀勢の里、鶴竜の3人が初日からの休場を発表。これは昭和以降初となる異常事態だが、御嶽海にとっては大きなチャンスの場所となる。なにしろ本来なら7人いるはずの横綱・大関が4人しかいないのだから。今場所を大関取りの第一歩にするためにも、最低でも10勝、できれば12勝、13勝といったところを狙っていきたい。今場所はおそらく大関以上と当たるのは後半戦になるので、自分より下の番付の相手と当たる前半戦でなるべく負けないようにしたい。

初日の阿武咲とは十両時代を含めて2度対戦し、御嶽海の2勝0敗。先場所は千秋楽に当たり、押し出しで勝利した。先場所は完勝だったし、自分の相撲を取ればいい。2日目の千代大龍とは御嶽海が幕内下位にいたときに3度対戦し、1勝2敗。最後の対戦では勝っているが、それから1年半経っているのであまり参考にはならないかもしれない。ちょっと嫌なタイプの相手かもしれないが、まずは最初の2日を勝って流れに乗りたい。

先ほど書いたように今場所は3横綱が初日から休場。さらに平幕でも碧山と佐田の海も休場となった。でもこれは仕方がない。個人的には、横綱は自分の相撲を取ることが一番大事な役目だと思っているので、それができない状態ならば休場しても構わないと思う。しっかり治してまた出てきてほしい。それにこういう場所の方が、逆に優勝争いが盛り上がったりもするのではないだろうか。そういうわけで、優勝争いの筆頭は唯一の横綱となった日馬富士か。途中休場となった今年の初場所を除くと、昨年の夏場所から10勝以上を続けて安定している。ただ優勝は昨年名古屋場所以降遠ざかっており、今場所こそという気持ちは強いだろう。3大関では、豪栄道と照ノ富士はかど番なのでまずはかど番脱出を目指したい。高安は大関2場所目、しかも横綱は1人だけということで本気で優勝を狙いに行ってほしい。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:02 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

平成29年秋場所番付発表、御嶽海は東関脇

秋場所の番付が発表され、御嶽海は東関脇に。先場所の西関脇から半枚番付を上げた。

先場所東関脇だった玉鷲が負け越し、西関脇だった御嶽海が勝ち越したので予想通り。この上はもう横綱と大関しかなく、1場所の成績では上がれない。三役3場所で33勝(目安)しなければ大関に昇進できない。御嶽海は今年の春場所から三役を務めているが、春場所以降の成績は9勝、8勝、9勝。1場所平均11勝が必要なので、もう一段階実力をあげなければいけない。今場所を足掛かりとするために、今場所は10勝を狙っていきたい。

御嶽海と当たりそうな上位を見てみると、西関脇は嘉風。小結は玉鷲と栃煌山。平幕は上から順に栃ノ心、琴奨菊、北勝富士、碧山、阿武咲、千代大龍、松鳳山、宇良と続き、単純に上から15人だと阿武咲まで当たることになる。驚くことに、宇良までの力士は横綱・大関も含め全員、御嶽海は勝ったことがある力士となった。先場所稀勢の里、白鵬、嘉風と勝ったことなかった3人全員に勝ったのが大きい。勝ったことがない力士で一番上なのは西5枚目の貴景勝(先場所敗れた)となる。ただ勝ったことがあるとはいえ負け越している相手も多く、集中して臨みたいところだ。

優勝争いの中心は白鵬だろう。先場所は2場所連続39度目の優勝を果たし、復活を印象付けている。通算最多勝も更新し、次の目標は40回目の優勝だろう。今場所一気に達成するか。対抗するのは、普通に考えれば他の3横綱なのだが、先場所途中休場した稀勢の里と鶴竜は出場も微妙な状況。というか鶴竜は出る場合進退をかける場所になると親方も言っているので、稀勢の里も含め現時点で万全じゃないなら出ない方が良いと思うが。期待したいのは大関2場所目となる高安。先場所は中盤以降に失速し9勝どまりだったが、新大関の場所はまた緊張感も独特だと思うので、それが無くなった今場所は行けるんじゃないかと思っている。

秋場所の初日は9月10日。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:32 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする