2018年01月25日

平成30年初場所 12日目●隠岐の海

12日目 ●御嶽海(突き出し)隠岐の海○

立ち合いは互角。御嶽海が隠岐の海の体を起こしてから引くが、隠岐の海はこれにしっかりとついていく。御嶽海は回り込みながらなおも引くが、隠岐の海は落ちることなくついていき、最後は突き出し。御嶽海は泥沼の5連敗となった。

まさに泥沼にはまっている感じ。今日もほとんど押し込まないうちから引いてしまい、相手にしっかり対応された。荒鷲戦あたりまではまだ相撲は悪くないように見えたが、この2日間は本当に内容が悪い。今日はまだ五分だったし、御嶽海であればもっと押し込むことはできたと思うのだが、引いてしまう。あそこで引いて決まる確率が相当低いのはよくわかってるはずなのだが、やっぱり早く勝ちたいと思ってしまうのかなあ。

これで7連勝からの5連敗。しかもこの5連敗はすべて平幕相手である。過去に御嶽海は休場を除くと5連敗が1度、6連敗が2度あるが、それはいずれも横綱・大関戦を含むものだった。今はかなり深刻な状況だ。残り3日は横綱・大関戦となる。10勝どころか勝ち越しも怪しくなってきてしまったが、もう1度自分の相撲を見つめ直して、気持ちを切り替えて残り3日に臨んでほしい。

明日の相手は横綱・鶴竜。過去の対戦は2勝3敗で、直近の対戦では御嶽海が押し出しで勝利している。ただし、その直近の対戦は昨年の夏場所と少し前になる。鶴竜はその夏場所から4場所連続の休場(途中休場含む)し、今場所は進退をかける場所となっていたが、初日から好調で10連勝。進退問題は消滅し、このまま優勝かと思われた。しかし昨日玉鷲に敗れて初黒星となると、今日は遠藤に敗れ連敗。内容も急に悪くなってしまっている。過去の対戦は内容も悪くはない。まず組んでしまうと鶴竜の相撲になるので突き放していきたい。そしてあとは鶴竜が引くまで我慢すること。この2日間御嶽海は我慢ができていない。苦しいところを自分の力で乗り越えて、まずは勝ち越しを決めたい。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(寄り切り)鶴竜○
28九 ●御嶽海(押し出し)鶴竜○
29初 ○御嶽海(押し出し)鶴竜●
29春 ●御嶽海(下手出し投げ)鶴竜○
29夏 ○御嶽海(押し出し)鶴竜●


優勝争いは先ほど書いたように、10日目まで先頭を走っていた鶴竜が連敗。一方、鶴竜との全勝対決で敗れた栃ノ心はその後再び白星を重ね、今日まで1敗をキープ。12日目にしてついに単独トップに立った。1敗が栃ノ心、2敗が鶴竜、3敗が高安となっている。数字上4敗にもまだ優勝の可能性はあるが、まあ3人に絞られたと言ってもいいだろう。そして、栃ノ心はすでに2人との直接対決だけでなく、三役以上との対戦もすべて終わっている。鶴竜が残り御嶽海、高安、豪栄道と、高安が荒鷲、鶴竜、御嶽海との対戦を残していることを考えると栃ノ心が有利である。ただ、これから栃ノ心には優勝のプレッシャーがかかってくる。経験したことがないであろうプレッシャーの中で残り3日、自分の相撲を取れるか。まずは明日、好調な逸ノ城との対戦に注目。鶴竜はとにかく1つ勝てば自分を取り戻せると思うので、明日勝つことだろう。逆に明日、今泥沼の御嶽海に負けると非常に厳しくなる。高安は全部勝って、そのうえで栃ノ心が2つ負けないといけないのでなかなか厳しい状況だ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:57 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

平成30年初場所 11日目●正代

11日目 ●御嶽海(押し出し)正代○

立ち合い、踏み込んだのは御嶽海。しかし、正代が左を差したのを巻き替えようとしたところで正代に押し返される。これをこらえて押し返そうとしたが、ここで引いてしまい、それについてきた正代が押し出し。御嶽海は4連敗となった。

今日は今場所一悪い相撲だった。立ち合いは踏み込んでいて良かったし、巻き替えた時に押し込まれた時もまだ余裕はあったが、その後ほとんど攻めないまま引いてしまった。今場所は引き落としで勝った相撲もあるが、それは十分に攻め込んでからの引きだったからであって、今日のような引きではそれは決まらない。やはり連敗でいろいろ歯車が狂っている感じがする。体の調子は悪くなさそうなだけに非常にもったいない。

明日の相手は隠岐の海。これによって13日目以降もだいたい確定で、13日目が鶴竜、14日目が豪栄道、千秋楽が高安ということになると思う。隠岐の海とは過去1勝1敗で、直近の対戦は御嶽海が勝っているが、それも一昨年の九州場所の話なのであまり参考にはならない。隠岐の海はその一昨年の九州場所では関脇だったが、2場所連続で大きく負け越して下位へ。その後もなかなか調子が上がらず一時は西14枚目とかなり危ないところまで行ったが、先場所11勝4敗と大きく勝ち越し、今場所は東5枚目。しかし、今場所は3勝8敗とすでに負け越しが決まってしまった。御嶽海は4連敗中とはいえ、すでに負け越している隠岐の海に敗れるといよいよまずい。連勝していたときの相撲を思い出して、攻めの姿勢を貫いてほしい。

過去の対戦
28秋 ●御嶽海(寄り切り)隠岐の海○
28九 ○御嶽海(突き落とし)隠岐の海●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:01 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

平成30年初場所 10日目●荒鷲

10日目 ●御嶽海(とったり)荒鷲○

立ち合い、御嶽海が強烈な当たりで荒鷲を押し込む。さらに攻めていこうとしたところで荒鷲が御嶽海の左腕を取り、そのままとったり。御嶽海は攻めようとしていた勢いもあってこらえることができず。7連勝からの3連敗でまたも勝ち越しはならなかった。

荒鷲は過去に1度も負けていない相手であり、今日は立ち合いも強く当たって先手を取った。そこまでは非常に良かったが、そこからがちょっとうかつだったか。あるいは連敗していたので勝ちを焦ったのかもしれない。嘉風戦の時は非常によく相手も見えていたが、連敗によって精神状態にも変化が起きているのではないだろうか。とにかく、今日は勝ってもおかしくない一番だっただけに非常に悔しい。もちろん荒鷲もうまかったけど。

今日の負けは大きい。残りは5日間なので10勝のためには3勝すればいいが、まだ横綱・大関との対戦が3日間残っている。つまり、10勝するには最低でも横綱・大関の1人に勝たなければいけなくなったということである。まあ大関になろうというんだからどっちにしろ勝っていかなきゃいけないんだけど、余裕はなくなった。

明日の相手は正代。過去の対戦は5勝5敗(幕内では5勝3敗)で、直近の対戦では御嶽海が叩き込みで勝っている。1年前、いや半年前でも、御嶽海のライバルとしてまず名前が挙がるのは正代だったが、このところ北勝富士、阿武咲、貴景勝といったところに押されてちょっと影が薄い気がする。なかなか上位で勝ち越せず、先場所は西7枚目まで下がってしまったが、そこで9勝6敗とし、今場所は東4枚目。ここまで5勝5敗だが、今日は大関・豪栄道を破った。御嶽海は今流れが良くない。一番怖いのは、今日積極的に行って負けたのでやや消極的になって正代に攻め込まれること。それで負けると完全な悪循環になってしまうので、慎重さは持ちつつ、今日のように思い切った立ち合いをしていってほしい。

過去の対戦
27夏 ●御嶽海(下手投げ)正代○ ※幕下
27秋 ●御嶽海(寄り倒し)正代○ ※十両
28初 ●御嶽海(寄り切り)正代○
28春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
28名 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29初 ○御嶽海(寄り倒し)正代●
29春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
29夏 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29名 ○御嶽海(下手出し投げ)正代●
29秋 ○御嶽海(叩き込み)正代●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:43 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

平成30年初場所 9日目●栃ノ心

9日目 ●御嶽海(吊り出し)栃ノ心○

立ち合い、より強く当たったのは栃ノ心。御嶽海を押し込み、そのまま左上手を取る。その後右四つの形となり、御嶽海も上手投げで応戦するが、これは栃ノ心の形。最後は豪快な吊り出しで栃ノ心が勝利し、1敗対決を制した。

立ち合い、もちろん御嶽海も思い切り当たっていったが、栃ノ心がかち上げにきて、これによって御嶽海の体が起きてしまった。先に攻めていかなければいけないところで逆に先手を許してしまい、その後はもう栃ノ心のペースだった。しかし、御嶽海は164キロあるはずなんだが、それを吊り出すとは…栃ノ心恐るべし。

明日の相手は荒鷲。過去の対戦は御嶽海の3戦全勝(幕内では2勝0敗)で、先場所も押し出しで勝利している。荒鷲は今場所西前頭4枚目で、ここまで4勝5敗。御嶽海にとっては相性の良い相手であり、明日勝ち越しを決めたい。とにかく負けを引きずらないこと、自分の相撲を取ることだ。

過去の対戦
27秋 ○御嶽海(押し出し)荒鷲● ※十両
28秋 ○御嶽海(寄り切り)荒鷲●
29九 ○御嶽海(押し出し)荒鷲●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:38 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年初場所 8日目●逸ノ城

8日目 ●御嶽海(寄り切り)逸ノ城○

立ち合い、御嶽海は突き放そうとするのに対し、逸ノ城は腕を抱えて捕まえようとする。御嶽海が重い逸ノ城をなかなか突き放せずにいると逸ノ城が左上手を取る。御嶽海はまわしを切ろうとするも切れず、逆に逸ノ城もなかなか攻めることなく、しばらく動きが止まる。御嶽海が引いて活路を見出そうとしたが、逸ノ城がそれを待っていたかのように一気に寄っていき、そのまま寄り切り。御嶽海は初日からの連勝が7でストップし、ストレートの勝ち越しを逃した。

御嶽海は絶対にまわしを取られてはいけないとわかっていたし、逆に逸ノ城は捕まえさえすれば勝ちだとわかっていたのでお互いにそういう戦法を取ってきた。ただそうなると、背も高く腕も長い逸ノ城の方が有利だったということだろうか。御嶽海としては、それこそ貴景勝くらいにもっと離れて取った方が良かったのかな。あとは、まわしを取られた時の対処法も今後身につけたい。

連勝が止まり、勝ち越しはお預けとなった。ここまで非常にいい流れで来ていたので、負けによってその流れが途切れてしまわないかが心配だ。ここまでは内容も良かったので、気持ちを切り替えることができればまだまだ勝てるだと思うのだが。今場所の御嶽海にとっては勝ち越しは通過点なので、意識しすぎることなく臨んでほしい。

9日目の相手は栃ノ心。過去の対戦は2勝2敗で、直近の対戦では寄り切りで御嶽海が勝利している。今場所の栃ノ心は絶好調で、両大関を相次いで破るなど初日から6連勝。7日目は横綱・鶴竜に敗れたが8日目も勝利し、ここまで7勝1敗となっている。逸ノ城同様、絶対にまわしを取られてはいけない相手だ。とにかく立ち合いで先手を取りたい。ここで勝てればまた乗っていける。

過去の対戦
28夏 ○御嶽海(押し倒し)栃ノ心●
28名 ●御嶽海(寄り切り)栃ノ心○
29名 ●御嶽海(寄り倒し)栃ノ心○
29秋 ○御嶽海(寄り切り)栃ノ心●

中日が終わって、全勝は横綱・鶴竜ただ1人。1敗で御嶽海、栃ノ心、大栄翔、2敗で栃煌山、松鳳山、朝乃山が追いかける。鶴竜は隙がなさそうに見えるが、まだ両大関、両関脇、小結阿武咲との対戦が残っている。両大関はすでに3敗と優勝は厳しくなっているが、大関の意地を見せられるか。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 11:47 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする