2017年05月22日

平成29年夏場所 9日目●嘉風

9日目 ●御嶽海(叩き込み)嘉風○

立ち合いは嘉風の方が低く当たり、御嶽海を押し込む。嘉風が攻めようとするのを御嶽海が堪える形が続いたが、ここで嘉風が叩くと御嶽海はこらえきれず前に落ちた。御嶽海はこれで6連敗となった。

今日は終始嘉風のペースだった。御嶽海がやりたい相撲を嘉風にやられてしまった。御嶽海は相手の引きや叩きにはついていくことが多いが、それは自分が攻めているときの話で、今日のように受け身の状態だと食らってしまうんだな。

これで先場所に並ぶ6敗目。勝ち越しのチャンスはまだまだ残っているが、ここまで全勝の日馬富士との対戦がまだ残っていることを考えると、もう日馬富士以外の力士には負けられない。ただそういうことを意識しすぎるのではなく、ここからは一戦必勝でいってほしい。

明日の相手は千代の国。千代の国は今場所自己最高位の東前頭筆頭で、初めての上位総当たりの場所となっている。ここまでは2勝7敗と苦戦しているが、2勝のうちの1勝は横綱・鶴竜からのもので、金星を獲得している。過去の対戦は御嶽海の4勝0敗で、御嶽海が得意にしている相手の1人だ。千代の国戦は内容も良く、攻め続けることができている。御嶽海は今日も負けたが引くことはなかった。その攻めの姿勢は崩さないでほしい。

過去の対戦
28秋 ○御嶽海(押し出し)千代の国●
28九 ○御嶽海(寄り切り)千代の国●
29初 ○御嶽海(掬い投げ)千代の国●
29春 ○御嶽海(押し出し)千代の国●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:56 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年夏場所 8日目●照ノ富士

8日目 ●御嶽海(極め出し)照ノ富士○

立ち合い後すぐ、照ノ富士が両腕で御嶽海を抱え込む。両腕を極め、一度御嶽海の体を浮かせる。御嶽海は抵抗することもできず、そのまま照ノ富士に土俵の外に出された。御嶽海は3勝5敗で前半戦を終えた。

まわしも取ってないのに体が浮くっていうのを初めて見た(昔千代の富士がやったことがあるらしい)。それだけ照ノ富士の力がとんでもないということだろう。あれだけがっちりと極められてしまってはもうどうしようもないだろう。ただ、御嶽海はこれで照ノ富士戦、3回連続で腕を極められている。次当たるときはしっかり対策を練ってほしい。

中日が終わって3勝5敗。これは先場所と同じ。今場所は初日から3連勝と好スタートを切ったが、そこから5連敗。連敗が続くというのはなかなか辛いところじゃないかと思う。でも先場所はここから勝ち越しに持って行った。調子が悪いわけではないので、切り替えていきたい。

後半戦で対戦が予想されるのは、番付順に日馬富士、琴奨菊、嘉風(明日)、千代の国、遠藤、隠岐の海、千代翔馬。終盤戦は成績によって相手が変わるが、番付通りならこの7人と対戦する。このうち日馬富士は全勝だが、あとは嘉風が五分、残る5人は黒星が先行している。上位でやってきた自信を持って臨んでほしい。

ということで、明日の相手は嘉風。過去の対戦は御嶽海の0勝2敗で、まだ嘉風には勝ったことがない。相撲の取り口はわりと似ていると思うので、取りづらくはないはず。自分の相撲を貫きたい。

過去の対戦
28秋 ●御嶽海(押し出し)嘉風○
28九 ●御嶽海(上手出し投げ)嘉風○

さて、中日が終わって優勝争いは日馬富士・白鵬の両横綱が全勝でトップ。1敗で大関取りを狙う高安、2敗で3場所連続優勝を狙う稀勢の里や照ノ富士など9人が追いかける。まだ7日間もあるのでもちろん2敗勢にもチャンスはあるが、上3人の調子もかなり良く、もう負けられないのは間違いないだろう。高安の大関昇進はたぶん達成できそう。かど番の豪栄道は5勝3敗で、まだ安心はできない。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:00 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

平成29年夏場所 7日目●稀勢の里

7日目 ●御嶽海(寄り切り)稀勢の里○

立ち合い、御嶽海が左を差す。稀勢の里も左を差そうとするが、御嶽海はこれを許さない。御嶽海は右の前まわしを取って稀勢の里を寄り切ろうとするが、稀勢の里も左下手を取り、これをこらえる。組み止めると稀勢の里の形であり、じりじりと寄っていく。御嶽海もこらえるが、最後は地力で勝る横綱が寄り切り。この対戦は5度目も稀勢の里の勝利となった。

御嶽海は白鵬や日馬富士にはなす術もなく負けている感じがあるのだが、稀勢の里には割と善戦している。今日も途中までは御嶽海が上手く取っていた。ただ、稀勢の里を寄り切れるだけの力が御嶽海にはない。考えてみると稀勢の里戦は毎回動きが途中で止まってしまい、そこから稀勢の里のペースになるので、今日も稀勢の里としては想定の範囲内だったのかなと思う。やっぱり離れて取るとか、もろ差しになるとかじゃないとこのクラスに勝つのは難しいのか。

明日、中日の相手は大関・照ノ富士。照ノ富士は今場所連敗スタートとなったが、そこから5連勝。徐々に調子を上げている。過去の対戦は御嶽海の2勝3敗。初対戦から御嶽海が2連勝したが、そこから照ノ富士が3連勝中。照ノ富士は連敗したこともあってか、御嶽海戦をかなり警戒して臨んでいる感じがある。今までと違うやり方で攻めた方がいいかもしれない。4勝4敗と3勝5敗では全然違うし、難しい相手ではあるが、勝って五分で後半戦へ向かいたい。

過去の対戦
28名 ○御嶽海(押し出し)照ノ富士●
28秋 ○御嶽海(外掛け)照ノ富士●
28九 ●御嶽海(寄り切り)照ノ富士○
29初 ●御嶽海(押し出し)照ノ富士○
29春 ●御嶽海(押し出し)照ノ富士○
タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 00:11 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

平成29年夏場所 6日目●豪栄道

6日目 ●御嶽海(下手投げ)豪栄道○

立ち合いはほぼ互角。御嶽海は突っ張りながら相手にまわしを与えない。しかし豪栄道がいなしを見せ、御嶽海は体勢を崩される。すぐに豪栄道の方に向き直り、左で上手を取るが、豪栄道に右下手を取られ、下手投げを食らった。御嶽海は3連勝からの3連敗で星が五分となった。

いいところまでは行っていた。相手のいなしにも耐えて、一瞬有利な体勢にもなったが、最後は調子を戻してきた豪栄道にやられてしまった。今日は内容は悪くはなかったと思うが、主導権はずっと豪栄道の方にあったように思う。自分の相撲に持って行けなかったというのが敗因かな。

上位戦が続いているのもあるが、3連敗はちょっと嫌な流れだ。先場所は3勝5敗から勝ち越したとはいえ、先場所と同じことが必ずできるというわけでもない。連敗は早めに止めておきたい。

明日の相手は横綱・稀勢の里。白鵬と並び、御嶽海がまだ勝っていない相手である。過去の対戦は0勝4敗で、すべて寄り切りで敗れている。2場所連続優勝を飾った稀勢の里は、先場所負ったケガが完治しておらず、すでに2敗を喫している。勝った相撲も万全ではないものがあるが、今日は良い相撲で勝った。はっきり言って、御嶽海としては今場所は稀勢の里に勝つチャンスだ。基本的に丈夫で安定感もある稀勢の里がこんなに状態が悪いことはそうそうない。それでも組まれてしまったら勝ち目はないので、離れて取るか、隙を突いてもろ差しになるかだろう。当たり前だけどまずは立ち合いが大事だ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年夏場所 5日目●白鵬

5日目 ●御嶽海(上手投げ)白鵬○

立ち合い、白鵬がかち上げに来る。御嶽海はもろ差しを狙おうとしたものの、それより早く白鵬が右四つの形に。そこから白鵬が上手投げで御嶽海を土俵の外に出した。白鵬は5連勝、御嶽海は3勝2敗で序盤戦を終えた。

御嶽海がまだ勝ったことのない上位陣は白鵬と稀勢の里の2人だが、稀勢の里戦は負けはするものの内容的には善戦も多い。なので御嶽海にとっての最大の壁はこの白鵬戦だ。今場所の御嶽海は調子も良かったのであるいはと思ったが、今回もあっという間に四つの形になってしまった。白鵬戦はどうもまだ勝つ道筋が見えないなあ。まわしを取られないことが最低条件だと思うんだけど、まだそこにさえ到達させてもらえない。御嶽海も大相撲ではかなり上の方に来ていると思うのだが、頂点は遠い。

序盤5日間が終わって3勝2敗。御嶽海は今場所が幕内10場所目だが、じつに8度目の3勝2敗となる。残る2場所は0勝5敗、1勝4敗でその2場所はともに負け越し。一方で3勝2敗の過去7場所のうち、インフルエンザによる休場があった昨年初場所以外はすべて勝ち越している。今場所もすでに横綱2人との対戦が終わっており、勝ち越しに向けて好スタートを切ったと言えるだろう。今場所は白鵬、日馬富士以外の横綱・大関陣はそれほど調子は良くなく、鶴竜はすでに休場している。御嶽海はここをチャンスにして、場所を面白くしてほしいところだ。

明日の相手は大関・豪栄道。豪栄道は先場所途中休場となり、今場所はかど番。しかしここまでは3勝2敗といまいち波に乗り切れていない。まだ上位戦が残っていることを考えると、下位の力士には負けたくないところだろう。過去の対戦は御嶽海の1勝2敗。前回の対戦で御嶽海が初勝利を挙げている。御嶽海は今場所立ち合いがなかなかいいので、明日もそのままの立ち合いを見せてほしい。そのあとはとにかく相手の形にさせないことだろう。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 00:29 | Comment(1) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする