2017年05月26日

2017.05.26 巨人2-7広島

4回、菊池のホームランで広島が先制。6回、安部の2点タイムリー、松山のタイムリーで広島が3点を追加。さらに7回には鈴木の犠牲フライで1点を追加。広島が5-0とリードする。巨人はその裏、石川のタイムリーで1点を返すが、8回、菊池のタイムリー、丸の内野ゴロの間の1点で広島が計2点を追加し、6点差に。その裏、坂本のタイムリーで巨人が1点を返したが、反撃はそこまで。初戦は広島が制し、この対戦はここまでで広島の8勝1敗となった。

先発のマイコラスは7回途中5失点。5回まではソロホームラン1本に抑えて悪くないピッチングだったのだが、6回に4連打を浴び、7回も流れを止められなかった。6回の時点ですでに110球を超えていたのでそこで代えても良かったかなあ。しかしマイコラスでも止められなければもう菅野しかいないぞ、ほんとに。

打線は2点のみ。今日は脇谷をスタメンに入れるなどしたが効果なし。でも中井もスタメン固定できる成績ではないし(打撃も守備も)、今のところ打撃は好調な脇谷を使うのは良いと思う。

明日の先発は巨人が宮國、広島が九里。前回は負け投手となったが、7回1失点と好投した宮國。その流れを明日も維持できるか。おそらく明日も實松とのバッテリーだろう。チームを救うピッチングを見せてほしい。対する九里とは今季2度目の対戦。前回は6回1失点としっかり抑えられた。連打ができていないので、たたみかける攻撃をしたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 23:40 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.05.25 巨人1-6阪神

初回、上本のタイムリーで阪神が先制。さらに、巨人のエラー、キャンベルの来日初となる2ランでこの回いきなり4点を挙げる。直後の2回、小林のタイムリーで巨人が1点を返すが、3回、キャンベル、梅野のタイムリーで阪神が2点を追加し巨人を突き放す。その後は一転して両チーム点を挙げることができず、結局このままゲームセット。阪神が3連敗を免れ、巨人は連勝が3で止まった。

先発の大竹は3回6失点(自責4)。初回は中井のエラーもあったとはいえ、昨日、おととい合わせてわずか1得点だった阪神打線にこれだけ点を取られてしまってはいけない。そろそろローテーションの座も危ういか。

大竹が3回で降板してしまったものの、そこからの5イニングを今日は池田と桜井の2人で無失点に抑えた。無失点どころか、ランナーも8回の1人しか出さないほぼパーフェクトなピッチングだった。大竹がこんな感じだし、もしかしたら桜井にも先発のチャンスが回ってくるかもしれないな。そうすると中継ぎがいなくなるけど。

打線は小林のタイムリーのみ。打てなかったこともそうだが、3回終了時点で64球も投げていたメッセンジャーを8回まで投げさせてしまったのが良くない。打線はトンネルから抜けられないな。

今日は負けたが2カード連続勝ち越し。しかも今回は首位阪神に、甲子園で勝ち越した。これでまた少し希望が見えるようになった。あとは、昨日頭部死球を受けた阪神の鳥谷。結局鼻骨骨折とのことだが、今日は代打で登場し、連続試合出場記録を伸ばした。これで記録が止まったらどうしようかと思ったのでホッとした。ありがとう鳥谷。

明日からは東京ドームに戻って広島との3連戦。阪神とも五分の対戦成績でありながら巨人が3位にいるのはとにかくこの広島戦が原因。ここまで1勝7敗。広島戦をどうにかしなければ巨人の優勝はない。東京ドームでは確実に勝ち越したい。明日の先発は巨人がマイコラス、広島が岡田。5月13日と同じ顔合わせ。そのときは6回5失点と広島打線を抑えられなかったマイコラス。ぜひ前回の悔しさをぶつけてほしい。一方岡田は前回7回2失点と好投した。打線の調子は悪いが、マイコラスの日は落としたくない。何が何でも打ってほしい。
タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 00:05 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

2017.05.24 巨人3-1阪神

巨人・吉川、阪神・能見の両先発が好投し、4回まで両チームノーヒット。とくに吉川は走者も出さない完璧なピッチングを見せる。しかし5回、吉川は鳥谷に頭部死球を与え、危険球で退場。鳥谷も交代となる。しかしこの回は2番手の田原が抑えると、7回まで0-0が続く。迎えた8回、代打亀井のタイムリーで巨人がついに先制する。9回には長野の2点タイムリーでダメ押し。阪神はその裏、上本のホームランで1点を返すが反撃はここまで。巨人が連勝でカード勝ち越しを決めた。

先発の吉川は5回途中無失点。4回までは本当に素晴らしいピッチングをしていた。これならローテーションに入れるだろう、と思っていたらまさかの危険球退場。絶対にやってはいけないことをしてしまった。雨で手が滑ったのかもしれないが、本当に誰も得しないからなあ。しっかり反省してほしい。そして死球を受けた鳥谷は流血していてそのまま交代となった。無事ではないだろうが、連続出場記録がまだ続いている選手だし、なんとか試合に出られる状態であることを願いたい。

そんなわけで先発がまさかの降板となったが、今日はリリーフが頑張った。とくに1アウト1,3塁のピンチでいきなり登板させられた、しかもそれが今季初登板だった田原。実際に勝ち投手となった森福と並んで勝ち投手に値するピッチングだったと思う。昨年は64試合に登板したものの今季は今日が初登板とやや出遅れたが、ここからの活躍を期待したい。

打線は終盤に得点。長野の調子が完全に上がってきたのも大きいが、今日は采配が光った。代打の相川がヒットで出塁し、即重信を代走に。そして犠打で2塁に進めて、代打亀井のヒットで一気に帰ってくるという鮮やかな得点だった。田原が抑えたのも含めて今日はベンチで勝ったと言える試合ではないだろうか。

明日の先発は巨人が大竹、阪神がメッセンジャー。4勝しているものの防御率は4.65と良くない大竹。長いイニングを投げ切ってほしいところ。対するメッセンジャーとは今季2度目の対戦。前回は8回1失点(自責0)と抑えられた。打線の調子も良くないし、明日も我慢の展開になるかもしれない。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:22 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

2017.05.23 巨人1-0阪神

巨人・菅野、阪神・秋山、両先発の好投により、6回まで0-0が続く。7回、小林のタイムリーで巨人がついに先制する。菅野はその裏ピンチを迎えたが、このピンチを三者連続三振で切り抜け、ここで降板。このリードをマシソンとカミネロがしっかり守り、初戦は巨人が制した。

先発の菅野は7回無失点。前回の阪神戦では3回までにまさかの4失点を喫し、今季唯一の黒星をつけられていたが、今日はピンチでもしっかりと抑えた。これでリーグトップの6勝目。それだけ勝って当然のピッチングをしているが、昨年は援護がなかったり勝ちを消されたりしていたので、今季は順調に勝っていて嬉しい。20勝目指してほしい。

打線は秋山相手に苦戦したが、なんとか1点をもぎ取った。最近しばらく打っていなかった小林にタイムリーが出たのは良かった。

明日の先発は巨人が吉川、阪神が能見。吉川はおよそ1ヶ月半ぶりの一軍登板。広島戦で炎上して二軍落ちとなったが、二軍では結果を残していたようだ。それに広島戦はみんな炎上してたので、明日は少し期待したいと思う。対する能見とは今季3度目の対戦。過去2回は能見から見て0勝1敗、防御率3.00。今季の能見はここまで安定したピッチングを見せているので、打ち崩すのは難しいかもしれないが、1点ずつ取っていきたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:51 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

2017.05.21 巨人4-0DeNA

3回、立岡のタイムリーで巨人が先制。4回には石川、中井、長野のタイムリーで3点を追加する。巨人の先発・田口はDeNA打線に連打を許さず、得点を与えないまま9回のマウンドへ。9回はランナーを2人出したがこれも抑え、完封勝利。巨人が4カード振りの勝ち越しを決めた。

先発の田口は9回無失点。6安打無四球で今季初完封を決めた。今季の田口は四球が比較的多く、失点は少ないものの長いイニングを投げられないというピッチングが多かったのだが、今日は無四球。言うことなしの見事なピッチングだった。ちなみに田口は今日の完封により、菅野を抜いて防御率ランキングトップに立った。2人とも1点台、素晴らしい。

打線は早い回に4得点。安打数は8とまだ少ないが、今日は田口の快投もあったのでこれで十分だった。長野は3試合連続タイムリーで、ようやくきっかけをつかんだか。一方で心配なのが坂本。このところどんどんと打率が下がっている。2週間前は.381あった打率が、今日が終わって.335となり、マギーに抜かれた。ただ坂本は守備を考えると外せない選手なので、なんとか試合に出ながら調子を戻してほしい。

ようやくカード勝ち越しができた。ここからまた調子を上げていきたい。火曜日からは甲子園で阪神との3連戦。敵地ではあるが、差を詰めるためにできれば勝ち越したい。まずは菅野に期待。

タグ:野球 巨人 DeNA
posted by K at 22:00 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする