2017年10月31日

巨人 實松一成に戦力外通告

巨人は、實松一成選手に来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。

前回大量に自由契約と戦力外通告をしたので終わりかと思っていたらまだあったか。

實松は2006年のシーズン開幕直前、古城とともに、岡島とのトレードで巨人から移籍してきた。その後数年はあまり出番がなかったが、2010年代に入ってから出番が増え、昨年まで巨人にいたカトケンとともに阿部の2番手捕手の座を務めていた。しかし今季は小林が正捕手の座を守り、さらに若手の宇佐美が台頭したことで出番が減少。14試合に出場したが打席は13で、無安打だった。

こういった成績や、来年1月には37歳になるという年齢から考えると戦力外も仕方ないのかなと思うが、昨年カトケンが引退、今年相川も引退してベテラン捕手がいなくなる中で(阿部はいるけど)、實松まで切って大丈夫だろうかという不安はある。今季のように小林と宇佐美が元気なら問題ないが、もし小林がケガで長期離脱とかになってしまった場合は宇佐美とその他若手捕手でカバーしなければならない。球団としては、全盛期ならともかく今の實松であれば若手捕手でも変わらないと判断したということか。実際若手にとっては大チャンスだ。一軍に捕手は3人欲しいと考えると、小林、宇佐美ともう1人必要。今季二軍で多くマスクを被った田中や河野、ドラフトで指名された岸田や大城には期待したい。第3捕手だと出番が限られるのでその辺の難しさはあるが。

長年チームを支えてくれた實松には感謝している。現役続行を希望するのか引退するのかはわからないが、實松が納得する形になればいいと思う。

タグ:野球 巨人
posted by K at 00:00 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

巨人 5選手に自由契約&7選手に戦力外通告

巨人は本日、以下の5選手に自由契約とすることを通知した。

支配下選手
巽大介投手
松崎啄也捕手

育成選手
成瀬功亮投手
田中大輝投手
高木京介投手

また、以下の7選手に来季の契約を結ばないことを通知した。

支配下選手
堂上剛裕外野手

育成選手
土田瑞起投手
大竹秀義投手
矢島陽平投手
川相拓也内野手
坂口真規内野手
高橋洸外野手


自由契約と戦力外通告の違いは、前者は巨人は育成選手として再契約する意思があるという点。ただしあくまで自由契約なので、他球団がもっといい条件で欲しいとなればそっちと契約する可能性もある。一方後者は「来季の契約を結ばない」なので育成選手としても契約するつもりがない。現役続行を希望する選手はトライアウトなどを受けることになる。

メンバー的には支配下の3人も一軍出場はなく、妥当なところかなと思う。松崎はまだ2年目だけど社会人出身なので、即戦力となることが求められていたのかなと思う。あと先日捕手たくさん獲っちゃったし。堂上は二軍では3割近い打率を残していたのだが、二軍ではもっと突き抜けてないといけないんだろうな。年齢も考えると仕方ないところか。投手に関しては左はひとまず自由契約で残したっていう感じ。成瀬は右だけど、戦力外の3人よりも若い点で残ったのかな。もし再契約すると来年が8年目となるが、そろそろ支配下に上がりたいところだろう。

今回はドラフトの結果を受けて決まったことだと思うので、おそらくこれが最後の戦力外通告になるのではないかと思われる。選手枠も空きができたはずなので、空いている分を補強に使うことになるだろう。

タグ:巨人 野球
posted by K at 23:43 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

プロ野球ドラフト会議2017 12球団1位指名選手&巨人全指名選手

本日、プロ野球ドラフト会議2017が行われた。各球団の1位指名は誰になったか、そして巨人は誰を指名したのか見ていきたい。


各球団1位指名(○は抽選で当たり、×は抽選で外れたことを示す)

セリーグ
広島   中村奨成○
阪神   清宮幸太郎×→安田尚憲×→馬場皐輔○
DeNA   東克樹
巨人   清宮幸太郎×→村上宗隆×→鍬原拓也
中日   中村奨成×→鈴木博志
ヤクルト 清宮幸太郎×→村上宗隆○

パリーグ
ソフトバンク 清宮幸太郎×→安田尚憲×→馬場皐輔×→吉住晴斗
西武     田嶋大樹×→齋藤大将
楽天     清宮幸太郎×→村上宗隆×→近藤弘樹
オリックス  田嶋大樹○
日本ハム   清宮幸太郎○
ロッテ    清宮幸太郎×→安田尚憲○


清宮を7球団、田嶋と中村を2球団ずつが指名し、12球団中11球団が抽選という展開に。唯一東を一本釣りに成功したDeNAはまず大成功。そして抽選の結果、清宮は日本ハムが、田嶋はオリックスが、中村は広島が交渉権を獲得した。ほんとに日ハムは持っていくなあ。中村は地元だし良かったんじゃないだろうか。外れ1位指名では安田と村上を3球団ずつが指名し、ふたたび抽選。安田はロッテ、村上はヤクルトが交渉権を獲得。さらに外れ外れ1位抽選でも馬場を2球団が指名し、阪神が交渉権獲得。ソフトバンクは史上3度目の「外れ外れ外れ1位」として吉住を指名した。


ここからは巨人が指名した選手。

続きを読む
タグ:巨人 野球
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

巨人 村田修一に戦力外通告

巨人は今日、村田修一選手に対して来季の契約を行わないことを通知したと発表した。

村田はFA権を持っていて、「いろいろ考える」っていう記事もあったのでもしかしたら来年は巨人にいないかもなあと思っていたが、予想の斜め上を行った。

村田の今季成績は118試合に出場して打率.262、14本塁打、58打点。規定打席に届かなかったが、ホームランはチーム5位、打点はチーム4位。主力の1人だったので戦力外は驚いた。

これまでに出た記事を総合すると、巨人としては打線の若返りを図りたいので村田の出番は今季よりさらに少なくなる。しかしFAとなると、獲得する球団に補償が生じるため、村田を獲りづらくなる。なので補償の必要ない自由契約にしたと、こういう感じだろうか。巨人からすれば別にバックアップとして置いておくこともできるわけだし、FAしたって巨人に損はないのにわざわざ自由契約にしたということはある程度記事の通りなんだろうと思う。

今年の末に37歳になるという年齢はネックではあるが、デビュー以来ずっと2ケタホームランを打ち続けているその打力と、見かけによらず堅実な守備はまだまだ主力としてやれると思うし、獲得に動くチームは必ずあると思う。年俸は下がるだろうし、出場機会ももしかしたら今年より少なくなるかもしれないが、個人的にも村田は好きなので頑張ってほしい。2000本安打も見えてきたし。

巨人としては、本気で若返りを進めていくという意思表示…だと思いたい。村田のポジションは空いたわけだけど、そもそも村田はシーズン序盤はスタメンにいなかったわけで、このままでは今季と変わらない。さらに若返りを進めるならば、阿部とマギーの併用、というか、阿部を代打にするのが一番だと思う。阿部が代打に入り、マギーが一塁か三塁に入れば内野のポジションが2つ空く。そこに吉川尚、岡本、山本、辻などを入れ、さらに外野に石川や重信が入ればかなり若返ることになる。

今季後半によく見られたスタメン:平均年齢33歳(今年の満年齢)
キャッチャー小林、ファースト阿部、セカンドマギー、サード村田、ショート坂本、レフト亀井、センター陽、ライト長野

若返った場合のスタメン:平均年齢27歳(今年の満年齢)
キャッチャー宇佐美、ファースト岡本、セカンド吉川尚、サードマギー、ショート坂本、レフト石川、センター陽、ライト長野

上みたいな感じになれば理想的ではあるし、本気で若返りを進めるならば上に挙げた選手でなくても若い選手を我慢して起用していかなければいけない。今回の戦力外通告が、村田にとっても巨人にとっても良かったと、来年のオフに言えるような状況になればいいなと思う。

posted by K at 23:48 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

巨人 松本が引退&藤村、北に戦力外通告

先日、4人に戦力外通告をした巨人だが、さらに藤村大介、北篤の2選手に戦力外通告。そして、松本哲也が引退することを発表した。

ドラフト1位だった藤村はプロ4年目でブレイクし、打率は低かったものの28盗塁で盗塁王を獲得。翌年は打率も上げ、二塁手に定着していくかと思われたが、その後は打撃が低迷。さらに二軍でも盗塁成功率が低く、今季は一軍出場なし。吉川尚、山本など若い二塁手が台頭してきたこともあり、戦力外も仕方ないかなという印象。北は2015年の途中に日本ハムからトレードでやってきたが、一軍では昨年3試合に出場し、1安打を打ったのみだった。二軍では毎年それなりの成績を残していたのだが、二軍でそれなりでは厳しいのだろう。実際、同じ外野手で一軍に上がった重信や橋本は北より良い打率を残していたし。藤村は今後は未定、北は現役続行を希望とのことで、希望通りの道に進めるよう頑張ってほしい。

そして引退する松本。松本はなんといっても2009年の印象が強い。3割近く打つ打撃と華麗な守備で日本一に大きく貢献し、育成出身の野手としては初めての新人王を獲得した。その後は打撃で苦しみ、2015年、2016年は1割台、そして今年はついに一軍出場なしとなってしまったが、打撃不振になっても守備は健在で、一昨年くらいまでは松本の守備で勝った試合もときどき見た覚えがある。人気も高く、記録より記憶に残る選手だったと思う。今までお疲れ様でした。

松本の引退で改めて思ったのが、2007〜2009の頃に活躍した選手もどんどんいなくなってるなと。2009年ですら8年前なので当たり前かもしれないが、今季も第一線で活躍したのは坂本、阿部、亀井、ギリギリ西村くらいか。内海や山口鉄は今年は良くなかったし、長野やマシソンはこの時期まだいないという。意外と寺内や脇谷といったところが頑張ってるな。

これで合わせて戦力外が6人、引退が3人となった。まだもうちょっとありそうな気がする。

タグ:巨人 野球
posted by K at 23:49 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする