2017年05月20日

2017.05.20 巨人4-6DeNA

初回、ロペスの2ランホームランでDeNAが先制。しかし直後の2回、巨人は長野の2点タイムリーで同点とすると、さらに立岡のタイムリー、坂本のタイムリーで2点を勝ち越す。5回、梶谷の内野ゴロの間の1点とロペスのタイムリーでDeNAが同点。そして6回、桑原の2点タイムリーで再びDeNAが勝ち越し。このリードを守り切ったDeNAが勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の内海は6回途中6失点。先制された直後に逆転してもらったが、そのリードを守り切れなかった。2試合連続で結果を残せなかったとなると、ローテを外されてもしょうがないかなと思う。もうちょっとチャンスを、っていう年齢でもないし、1回他の投手も見てみたいし。

打線は一時逆転したが、得点を挙げたのはその2回のみ。それどころか、3回以降は安打もわずか1本だった。今日は長野を1番にするなど打線もいろいろ試しているのはわかるが、なかなか結果に結びつかない。厳しい。

明日の先発は巨人が田口、DeNAが今永。前回、6回3失点で今季初黒星を喫した田口。DeNA戦は今季初登板となる。制球を乱さないようにしてほしい。対する今永とは今季2度目の対戦。前回は7回途中1失点と抑えられた。明日負けると借金1となる。重い雰囲気を吹き飛ばす打撃を期待したい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:37 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

2017.05.19 巨人5-3DeNA

巨人・マイコラス、DeNA・井納、両先発の好投により、6回まで0-0が続く。7回、長野の2点タイムリー3ベースで巨人が2点を先制する。しかしその裏、宮崎のタイムリー、戸柱の内野ゴロの間に1点、さらに石川のタイムリーが出て、DeNAが3点を取って逆転する。しかし9回、マギーの犠牲フライで巨人が同点に追いつき、試合は延長戦へ。10回、マギーの2点タイムリーで巨人が勝ち越し。このリードをカミネロが守り、巨人が連敗を止めた。

先発のマイコラスは7回3失点。6回まではわずか1安打に抑える素晴らしいピッチングだったが、先制した直後の7回に不運もあったが逆転を許してしまった。勝ちはつかなかったが、前回よりは良くなっていたと思うので次に期待。

打線は6安打だったが、四死球を点につなげた。ヒーローはマギーだと思うけど、長野に今季初タイムリーが出たのも大きい。長野には復活してもらわなければ困るし、これをきっかけにしてほしい。打率を2割台後半まで上げてほしいところ。

負けそうだった試合を勝ちに持っていけたのは大きい。今日負ければ借金1となるところだったが、それも回避した。この勝ちで流れを変えたい。

明日の先発は巨人が内海、DeNAがクライン。内海は5月7日の中日戦以来の登板。前回は4回5失点と結果を残せなかった。しかし今季のDeNA戦は7回1失点で勝ち投手になっている。そっちの内海を出せるか。対するクラインとは初対戦。クラインは今季加入した新外国人で、ここまで4試合に登板し、2勝1敗、防御率3.43。まずまずの投球を見せていたものの、4月24日に二軍落ちしていた。明日が4月23日以来の一軍登板となる。今日の流れのまま序盤に点を取りたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:31 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

2017.05.18 巨人0-1ヤクルト

3回、石川の内野ゴロの間にヤクルトが1点を先制。その後は巨人の方がランナーを出すが、得点を挙げることができない。巨人は結局最後まで得点を奪えず、このまま試合終了。巨人は2試合連続の完封負けで、このカードはヤクルトが勝ち越した。

先発の宮國は7回1失点。被安打は3、唯一の失点も内野ゴロの間の1点ということで上々のピッチングを見せたが、援護に恵まれずこれで4敗目となった。ただ内容は良かったので、ローテーションの座は守ったのではないだろうか。

打線は9安打を打ちながら無得点。9安打と言っても2番立岡が3安打、5番マギーが4安打、7番長野が2安打と打ったのは3人だけで、連打は一度もなかった。今日は阿部がお休みで村田が入ったのは良いんだけど、今の調子を考えると、阿部が休みの日はマギーを4番にした方が良いのではないだろうか。村田はやや不振なので、調子の良い坂本とマギーはつなげたほうがいいと思う。あと変化としては、ずっとスタメンを守ってきた小林がスタメン落ちし、代わりに實松が今季初スタメンとなった。實松は安打はなかったが宮國を好リードした。小林は守備はともかく打撃は固定するほど良くはないし、他のチームだって捕手は併用しているところが多いので、こんな感じでたまに實松や他のキャッチャーを使ってもいいかもしれない。

本拠地でヤクルトに負け越し、貯金がなくなった。どうも今の感じだとずるずると落ちていきそうで怖い。改善すべきは中継ぎと打線だが、チームの雰囲気を変えるような起爆剤になれる選手が欲しいところ。

明日からは横浜スタジアムでDeNAとの3連戦。4位DeNAとは現在1.5ゲーム差。この3連戦の結果次第ではひっくり返る可能性もある。できれば勝ち越して5割以上を維持したいところだが、まずは1勝して3位を死守したい。明日の先発は巨人がマイコラス、DeNAが井納。前回は6回5失点と打ち込まれたマイコラス。そこから中5日での先発となる。DeNA戦は今季初登板だが、前回から切り替えて抑えてほしい。対する井納とは今季2度目の対戦。前回の対戦では5回4失点と井納を攻略し巨人が勝利した。ここ2試合1点も取れていないので、まずどんな形でもいいから1点取りたい。そうすれば流れも変わるはず。

posted by K at 23:14 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

2017.05.17 巨人0-7ヤクルト

初回、山田と雄平のタイムリーでヤクルトが2点を先制。5回には大松の2点タイムリー、6回には山田、雄平のタイムリーと押し出し四球で3点を追加し、ヤクルトが7-0と大量リードを奪う。反撃したい巨人だが、連打が出ずこのままゲームセット。巨人は今季2度目の完封負けとなった。

先発の大竹は5回4失点。今季初めてイニングを投げ終えての交代となったが、期待していた内容とはちょっと違う。今日はもうただただ打たれすぎた。

中継ぎでも池田、篠原が抑えられない中、今日唯一の希望と言っても良かったのが桜井。昨年のドラフト1位が1年以上ぶりの一軍登板となったが、2イニングをパーフェクトに抑えた。いずれは先発を、というところだが、今は勝ちパターン以外の中継ぎがガタガタなので、まずは中継ぎで信頼を勝ち取ってほしい。

打線はわずか5安打。打線にも変化があった。ここまでずっとスタメンを守ってきた中井がスタメンから外れ、代わりに今年のドラフト1位ルーキー、吉川が7番セカンドでプロ初スタメンに入った。結果は4打数ノーヒットだったが、今日は他の選手もそんなに打ってないのでまあいい。今は中井もそんなに調子良くないし、少し試してもいいかもしれない。どうしようもなければまた二軍で鍛えればいい。

明日の先発は巨人が宮國、ヤクルトが石川。宮國は5月4日以来の先発。2連戦だったり雨で中止になったりでしばらく登板機会がなく、日曜日には中継ぎでも登板したが、そこでは1アウトしか取れず2失点。不安を残した。今季はまだ勝っておらず、明日がラストチャンスの可能性もある。奮起してほしい。対する石川とは今季2度目の対戦。前回は4回7失点と巨人が石川を打ち崩した。どうも打線が下降気味なのが心配だが、前回打っているので明日も打ってほしい。

posted by K at 23:39 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

2017.05.16 巨人5-1ヤクルト

初回、阿部の2ランで巨人が先制。5回には立岡のタイムリー、阿部の2点タイムリーで3点を追加する。ヤクルトは7回、バレンティンのホームランで1点を返すが、反撃はそれだけ。菅野、カミネロのリレーで抑えた巨人が連敗を止め、カードの初戦を勝利で飾った。

先発の菅野は8回1失点。前回は4失点で負け投手となったが、今回は今まで通りの見事なピッチングだった。今回すごかったのは球数で、8回を投げて91球。7回終了時点ではなんと68球だった。菅野は三振も取れるピッチャーだが、個人的には今日のように少ない球数でどんどん打ち取っていくピッチングを見たい。球数的には完投もできたと思うが、8回はピンチがあったのと、カミネロの登板間隔が開いていたので調整のため、ってところあろうか。

打線は阿部が4打点。この4試合で3ホームラン、8打点と、復活したと見ていいだろう。ただ一方でチーム全体ではヤクルト以下の6安打と打てていない。今日のスタメンだと立岡、亀井、中井は打率が2割台前半、小林は1割台。このへんがもう少し打てれば良くなるんだけど。

明日の先発は巨人が大竹、ヤクルトが由規。ここまで4勝1敗だが、とにかくイニングを投げ切って後を託すことがまだ今季1度もできていない大竹。とにかく投げ切ろう。最低6回、できれば7回。ヤクルト戦は今季初登板となる。対する由規とは今季初対戦。というかものすごく久しぶりの対戦となる。調べたら2011年の9月3日以来、実に6年ぶり。この試合は由規が長期離脱する前の最後の白星を挙げた試合でもある。由規はその後4年間一軍登板がなかったが、昨年5年ぶりに一軍登板。しかし巨人戦では登板がなかった。由規は今季1試合に登板したが、4回途中3失点で負け投手となっている。序盤で崩せるか。

posted by K at 23:50 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする