2017年04月19日

2017.04.18 巨人3-0ヤクルト

初回、阿部のタイムリーで巨人が先制。巨人は5回にも阿部のタイムリーで1点を追加する。一方、巨人の先発・菅野は、8回までヤクルト打線をわずか1安打に抑える快投を見せる。するとその裏、代打・長野の犠牲フライで巨人が1点を追加。9回も菅野が0に抑え、昨年、直前で地震が起きて試合ができなかった熊本での試合は巨人が制した。

先発の菅野は9回無失点。9回に2本ヒットを打たれたが、被安打3、与四球2、117球で完封とほぼ完璧なピッチングを見せた。打っても2安打。今日は100点満点と言っていいだろう。

打線は1回、5回、8回と、そろそろ点が欲しいというイニングでしっかり点が取れた。阿部はもう言うまでもないが、今日は地元熊本出身の立岡が3安打と躍動した。立岡は開幕からずっと2番を任されているが、ここまでなかなか打率が上がってこなかった。今日の試合をきっかけに調子を上げてほしい。あとは長野。今日もスタメンを外れたが、代打で貴重な追加点となる犠牲フライを打った。長野は15試合目にしてこれが初打点となる。長野もスタメン外れてからは少しずつ良くなってきている気がするし、またスタメンに戻れるくらいまで調子を戻してほしいところ。

これで3連勝。5連勝して5連敗してまた3連勝と忙しいな。今はとりあえず、この貯金がある状態を維持したい。明日の先発は巨人が高木勇、ヤクルトがブキャナン。高木は今季初先発。前回の登板では2回途中で降板した吉川の後を継いで登板し、5回3分の2を無安打に抑える快投を見せた。内海と吉川がそろって炎上して二軍落ちしたために、こうして先発の機会がめぐってきた。今の巨人はローテーション争いが激しく、結果を出さなければすぐに入れ替わる。高木には自力でローテーションの座を守ってほしい。対するブキャナンは新外国人で、当然巨人とは初対戦。ここまで2試合に先発し、1勝0敗、防御率1.13と好成績を残している。まだ2試合とはいえ非常に良さそうなピッチャーで、大量点は難しいか。今日のように少しずつでも点を取っていきたい。

posted by K at 00:10 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

2017.04.16 巨人2-0中日

巨人・大竹、中日・吉見、両先発の好投により、6回まで0-0が続く。7回、阿部のタイムリーで巨人がついに先制。その後は両チームともチャンスを作るが、9回、代打亀井のタイムリーで追加点を挙げた巨人が逃げ切って勝利。巨人がカード勝ち越しを決めた。

先発の大竹は7回途中無失点。序盤から素晴らしいピッチングを見せた。大竹は3年前に中日戦6勝1敗と中日キラーぶりを見せていたが、今日はそのときの大竹が戻ってきたかのような投球だった。

大竹は良かったが、その後は無失点に抑えたものの7つのアウトを4人がかりで取るというギリギリの継投を見せた。ただ今日は継投のタイミングがどうだったんだろうという気はする。1点差だったから攻めの継投にしたのかなという気はするが、個人的には7回は大竹に任せても良かったと思う。まあ、結局無失点で抑えたから間違ってはなかったんだけど、ヒヤヒヤした。

打線は吉見に大苦戦したが、3,4番で1点を取った。7回に初めてランナーがいる場面で阿部に回り、そのワンチャンスで見事得点。本当に頼りになる。マギーもいいし、中井の調子が上がってきたのも明るい材料。あとは小林が心配。WBCで打ちすぎた反動なのか、打率が1割を大きく下回っている。いくら守備面で代えがきかないとは言っても、さすがにこの打率は厳しい。まだ打数も少ないから、ヒットが出始めたらすぐに打率は上がるけど、なんとかバッティングの方も頑張ってほしい。

不安な点はあるが、なんとか勝ち越して5連敗の嫌な流れを止めた。クリーンナップの調子は相変わらずいいので、その前後に調子を上げていってもらいたい。

火曜日からはヤクルトとの2連戦。巨人の主催試合だが、東京ドームではなく、熊本と鹿児島で行われる。昨年もこの時期熊本と鹿児島での試合が予定されていたが、昨年は直前に起きた熊本地震によって中止となっていた。1年経って、改めて熊本で試合をするというのはとっても良いことだと思う。熊本での試合はおそらく菅野が先発。なんとしても勝ちたいところだ。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 00:25 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

2017.04.15 巨人6-2中日

初回、マギーのタイムリーで巨人が先制。3回、藤井の2点タイムリーで中日が逆転する。6回、巨人はふたたびマギーのタイムリーで同点とすると、中日・若松のワイルドピッチによって勝ち越し。さらに石川の移籍後初打点となるタイムリーで1点を追加し2点差に。7回には坂本、阿部の連続タイムリーでさらに2点を追加。このリードを守った巨人が連敗ストップ。ふたたび貯金を1とした。

先発の田口は5回2失点。5回までに111球を投げ、被安打5、与四球6とかなり調子は悪かったようだが、それでも2失点に抑え、今季初勝利を手にした。悪いなりに抑えられるのが田口のすごいところ。

ここ数試合は中継ぎに不安を抱えていたが、今日は無失点リレー。昨日打たれた宮國や、すでに2敗している森福に投げさせて抑えられたのは非常にいい結果だった。これでまた立ち直ってくれるはず。

打線はついに入れ替え。不振の長野を外し、6番に亀井。また岡本と重信の併用が続いていた7番レフトには石川を入れた。結果、亀井はノーヒットだったが、石川は貴重なタイムリーを打った。替えて結果が出たのは良かった。あとは7回の攻撃も良かった。1番、2番が出て3番、4番が返すという理想的な攻撃が見られた。

やっと連敗が止まった。またここから流れを作っていきたい。明日の先発は巨人が大竹、中日が吉見。4月2日と同じ顔合わせで、このときは大竹が6回3失点、吉見が6回6失点。大竹は2勝目を狙う。一方の吉見は2日の試合を含めて2連敗中で、今季初勝利を狙う。打線が前回の対戦時同様に打てるか。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:35 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.04.14 巨人2-3中日

巨人・マイコラス、中日・大野の両先発の好投により、試合は6回まで0-0が続く。7回、巨人のエラーにより中日が先制。さらに大島のタイムリーでこの回2点を挙げる。しかし直後の8回、そのエラーをした中井がタイムリーを打って1点を返し、さらに坂本の犠牲フライで同点とする。試合はそのまま延長戦へ。このまま引き分けかと思われた12回裏、中日がゲレーロのタイムリーでサヨナラ勝ち。巨人は5連敗となった。

先発のマイコラスは7回2失点(自責0)。味方のエラーによって2点を取られたが、広島戦の投壊の流れを止める好投を見せてくれた。勝ちはつかなかったが負けもつかなくて良かった。

その後はマシソン、カミネロがそれぞれ2イニング無失点でつないだが、最後の宮國が捕まった。あっさりと2アウトは取ったのに、まさかそこから打たれるとは…。ただ3連打でのサヨナラで、四死球やエラーによる自滅でないだけまだストレスは少ないけど。

打線は開幕戦で攻略した大野を打てず。7回まではわずか2安打だった。それにしても、頑なに打順を変えないな。岡本と重信の併用以外は開幕以来1度も変わっていない。勝ってるときはわかるけど、今は負けているんだから変えればいいのに。中井が割と打点を挙げているので6番あたりに置きたいけど、そうすると1番を打てる人がいないのか(中井も1番としては物足りないけど)。困ったなあ。

開幕から5連勝したのがはるか昔に感じる。5連敗で貯金がなくなってしまった。とにかくここで止めたい。5割は維持したい。

明日の先発は巨人が田口、中日が若松。田口は先週の阪神戦に先発したが、雨でノーゲームとなったため2イニングしか投げていない。なので休養は十分だと思われる。前回の中日戦では5回2失点で勝ち負けつかず。中継ぎが不安なので、自分で長いイニングを投げてほしい。対する若松とは今季初対戦。若松は4月4日の広島戦に先発したものの、3回3失点で降板。しかし、そこから中3日で8日のDeNA戦に先発し、8回を投げ切った。そのDeNA戦からは中6日での登板となる。若松は巨人戦は昨年3試合に登板し、2勝1敗、防御率2.74。シーズンの防御率が4.06なので抑えられている。誰でもいい、現状を打破する存在に出てきてほしい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 00:54 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

2017.04.13 巨人5-11広島

初回、新井のタイムリーで広島が先制。さらに鈴木、エルドレッド、小窪と4者連続タイムリーによっていきなり4点を先制する。しかしその裏、巨人は阿部のタイムリーとマギーの今季第1号2ランによって3点を返し、1点差とする。巨人は3回にはマギーのタイムリーで同点とし、5回には阿部のタイムリーで勝ち越す。試合は巨人1点リードのまま9回へ。しかし、広島はまず松山のホームランで同点とすると、丸の2点タイムリーで勝ち越し。さらに安部のタイムリー、そして石原の3ランでダメ押し。9回に一挙7点を取った広島が逆転勝ちでついに10連勝とした。

先発の吉川は2回途中4失点。初回の4失点で試合を壊しかけたが、裏に味方が3点取り、2番手の高木がしっかり抑えたのでなんとかなった。ただ、昨日6失点した内海が二軍落ちしたことを考えると吉川も二軍かなあ。二軍も調子良さそうな先発何人かいるし。

そして連敗を止められそうだったのに9回にとんでもない展開に。最初の松山のホームランも良くないけど、そのあとの四球と、なによりバント処理のミスが致命的だった。あれさえなければ負けたにしてもここまでの点差はつかなかっただろう。ただまだカミネロを外すわけにもいかないので、とにかく切り替えてもらわないと。

そんな中頑張ったのが高木勇。大乱調の吉川の後を受けて2回途中からマウンドに上がったが、7回までノーヒットに抑える素晴らしいピッチングを見せた。今日勝っていたら間違いなくヒーローだったので非常に残念だが、でもこれで吉川の代わりにローテーションに入れるのではないだろうか。それくらい見事だった。

打線は一時は勝ち越した。マギーにも初ホームランが出て、クリーンナップは今のところよく機能しているが、そこだけなのがきつい。中井、立岡は1,2番としては出塁率が物足りないし、6番以降はさらに絶望的。4連敗なのだから、もうクリーンナップ以外はガラッと変えてみたらどうだろうか。石川をスタメンに入れてみるとか。

明日からはナゴヤドームで中日との3連戦。巨人はまだヤクルトとやってないのだが、その前に再び開幕で当たった中日との対戦となった。明日の先発は巨人がマイコラス、中日が大野。開幕戦と同じ顔合わせで、このときはマイコラスが7回2失点(自責1)、大野が6回6失点で巨人が勝利した。このときは東京ドームで明日はナゴヤドームなのでまた違うと思うが、マイコラスはいつも通り投げてくれればいい。打線は広島との3連戦でも点は取れているので、クリーンナップ以外が機能するかどうかだろう。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 00:29 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする