2017年09月06日

2017.09.05 巨人11-8中日

2回、ピッチャーの伊藤が自らタイムリーを打ち、中日が先制。巨人は4回、小林の犠牲フライで同点とすると、5回にはマギーの2ランホームランと亀井の内野ゴロの間の1点で計3点を勝ち越す。直後の6回、谷の2点タイムリーで中日が1点差と迫るが、その裏、マギーのタイムリーで2点差に。しかし7回、中日はゲレーロ、福田のタイムリーでまず同点とすると、さらに満塁から藤井が走者一掃のタイムリーで3点を勝ち越す。巨人は9回、長野のタイムリーで1点を返すと、さらに宇佐美が同点2ランを放ち、土壇場で追いついて試合は延長戦へ。そして11回、寺内が3ランホームランを打ち、巨人が劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

先発の宮國は6回途中3失点。被安打9と打たれまくってはいるがなんとかしのいで、最低限試合は作れているかな、という感じ。でも前回投げ切れなかった5回はクリアしたし、今は他の4人の状態が良いので、宮國はひとまずこれくらいやってくれればいいかなと思う。

一度逆転を許した後の、中川、篠原、カミネロが良いピッチングで大逆転の雰囲気を作った。特にカミネロは2イニングをわずか16球で片付ける完璧なピッチングだった。一方で西村が5失点と大誤算。元々ピシャリと抑えるタイプではないとはいえ、このところずっと怪しかったのでついに来たなという感じ。今はちょっと僅差の勝ち試合では使いづらい。ただ他に信頼できるピッチャーがいるわけでもないので厳しいところだけど。

打線は大逆転。中盤まではほとんどマギー1人で頑張っていた感じだったが、9回は宇佐美、11回は寺内がホームランを打った。またもすごい場面で打った宇佐美にもびっくりだし、寺内がホームラン打ったのもびっくり。寺内は意外といいところで打つので、ひょっとしたらサヨナラいけるかもという気はしていたが、ホームランは予想できない。しかもすごい当たりだった。

明日の先発は巨人が田口、中日が大野。田口は今季中日戦4試合に投げて2勝0敗、防御率3.52。負けはついていないが、防御率は意外と良くない(シーズンの防御率が2.65なので1点近く悪い)。直近の対戦でも6回4失点と打たれている。今日中継ぎを結構使ってしまったので、あさっては休みではあるが田口には長いイニングを投げてもらいたい。対する大野とは今季6度目の対戦。過去5試合は大野から見て1勝3敗。防御率4.73。しかし前回の対戦では7回1失点と抑え込まれ、大野に勝ちが付いた。田口の試合では負けられないので、今日の勢いのまま一気に点を取りたい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 00:55 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

2017.09.03 巨人0-1DeNA

巨人・マイコラス、DeNA・濱口、両先発が好投。特に濱口は5回まで巨人打線をノーヒットに抑え、7回まで両チーム無得点が続く。試合が動いたのは8回、DeNAがチャンスを作り、柴田の犠牲フライでついに1点を先制する。巨人は9回、1アウト2,3塁のチャンスを作るが後続が凡退しゲームセット。DeNAが勝利し、巨人の連勝は4でストップした。

先発のマイコラスは7回無失点。中4日にもかかわらず素晴らしいピッチングを見せてくれた。中4日でなければ8回も行ったと思うが、今日はやれることはすべてやってくれた。

8回はマシソンがマウンドに上がったが失点を許した。まあ橋本のまずい守備もあったし、今日の敗因はこれだけじゃないので仕方ない点もあるが、昨日、おとといと出てこなかったので体調でも悪いのかと思っていたら今日は出てきて失点ということでマシソンはちょっと心配ではある。

打線はわずか4安打。ランナーもなかなか出せないのに、せっかくランナーが出ても3併殺と今日は酷かった。今日はたぶんどんな打線を組んでもダメだったような気がするが、ここにきて調子を落としている選手がいるので打順は変えてもいいかもしれない。具体的には陽と坂本。2人ともいろいろな面を考えるとスタメンから外すわけにはいかないが、1番と3番は打席も多く回ってくるし、打順を下げてもいいのかなと思う。まあ代わりに誰を置くのかというと困るところだが、マギーを中心に調子の良い選手を固めたいところだ。今だと長野、村田あたりか。

マイコラスが好投した試合を2試合連続で勝てなかったのは非常に痛いが、それでも阪神、広島、DeNAとの3カードすべてを勝ち越した。今後は6連戦はほとんどないため、菅野、田口、マイコラス、畠の比率が増える。この調子で行ければ逆転の可能性は十分に残っている。あとは打線の調子だけだ。

火曜日からは中日との2連戦。巨人の主催試合だが、火曜日が松本、水曜日が前橋で行われる。上位に勝ち越したからこそ下位には負けられない。2連勝で行きたい。マイコラスを中4日で使ってしまったため、火曜日に宮國、水曜日に田口をそれぞれ中5日で使うものと思われる。

タグ:野球 DeNA 巨人
posted by K at 00:48 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

2017.09.02 巨人3-1DeNA

3回、筒香のタイムリーでDeNAが先制。しかし直後の4回、押し出し四球で巨人が同点とする。6回、DeNA・尾仲のワイルドピッチで巨人が勝ち越し。7回には阿部のタイムリーでさらに1点を追加し、2点差とする。このリードを守り切った巨人が4連勝。3位DeNAとの差は0.5ゲームとなった。

先発の畠は7回1失点。序盤は毎回ヒットを打たれ、先制点も許したものの、4回以降はヒット1本に抑えた。初めての中5日でもこのピッチング、もはや柱の1人といっても差し支えないだろう。今季の登板はあと4試合ほどだと思うが、最終的にどんな成績になるのか、とても楽しみだ。

畠のあとは西村、カミネロのリレーで抑えた。カミネロは今日で4連投だがよく抑えてくれている。だいたいランナーは出すので見てるときは気が気じゃないが、今は結果が大事なのでよくやっている。ただできれば明日は休ませたい。

打線は4安打3得点。ヒットは少なかったが相手投手陣の請求の乱れにより10四球をもらい、これを点に結びつけた。坂本は今日もノーヒットながら2四球を選び、チャンスを広げた。打てないなりに仕事をしようという思いは伝わってくる。

これで3位まで0.5ゲーム差。ついにAクラスまであと一歩のところまで来た。明日勝てば5月28日以来の3位となる。勢いは間違いなくこっちにある。この勢いのまま3位に上がりたい。

明日の先発は巨人がマイコラス、DeNAが濱口。巨人は中4日でマイコラス、完全に勝負に来た。火曜日に投げたばかりだが、火曜日は105球なので、マイコラスならばやってくれると信じている。DeNA戦は今季2試合投げて勝ち負けつかず、防御率は2.77。試合は作っているが、勝てていない。できれば7回までいってほしいところだが、澤村も戻ってきたし、とりあえずいけるところまで。対する濱口とは今季3度目の対戦。過去2試合は濱口から見て0勝2敗、防御率8.18。濱口はここまで8勝5敗、防御率3.63と新人王の可能性もあるほど優秀な成績を残しているが、巨人は濱口を打っている。ただ過去2試合は東京ドームでの試合で、濱口は横浜ではまだ負けなし。過去の対戦はあまり考えない方が良いかもしれない。マイコラスが中4日、カミネロも4連投ということで2人に無理はさせられない。明日は打線が投手陣を助けたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:19 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

2017.09.01 巨人3-0DeNA

2回、小林のタイムリーで巨人が先制。6回には阿部のホームランで1点を追加、8回には長野のタイムリーで1点を追加し、3-0とする。DeNAはその裏満塁のチャンスをつかむが、梶谷が三振で凡退。9回の巨人の攻撃中に雨が強くなり試合が中断、そのまま降雨コールドで試合終了となり、3連戦の初戦は巨人が制した。

先発の菅野は7回無失点。先週は体調不良で登板を回避。今日は4回まで毎回ランナーを背負い、奪三振は2と、普段の調子ではなかったかもしれないが、それでも無失点で抑えた。これでルーキーイヤーを超える14勝目。あと1つ勝って15勝に乗せると見栄えも良くなるので次で決めてほしい。

打線は序盤、中盤、終盤に得点。3点と多くはないが、良いところで取れたんじゃないかと思う。あとは坂本だなあ。1か月前は.337あった打率が今日の試合が終わって.307まで落ちてきた。今年はWBCなどもあって、今は相当疲れも来ているんじゃないかと思うが、守備を考えると坂本は外せない。なんとか調子を取り戻してほしい。

明日の先発は巨人が畠、DeNAが石田。畠は明日中5日での登板となる。これまでは中6日以上開けての登板だったので本当は日曜日に投げさせたいところだが、それだけこの3連戦に勝負をかけているということだろう。前回のDeNA戦では8回1失点の好投を見せた。まずは6回をしっかり投げ切ってほしい。対する石田とは今季3度目の対戦。過去2試合、石田に勝ち負けはついておらず、防御率は5.11。このところやや調子を落としているようだ。打線がつながるか。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:17 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

2017.08.31 巨人3-1広島

2回、長野のホームランで巨人が先制。3回には亀井の2点タイムリーで2点を追加し、3-0とする。6回、磯村のホームランで広島が1点を返す。広島はその後も毎回ランナーを出すが、巨人が田口、マシソン、カミネロのリレーでリードを守り切ってゲームセット。巨人がこのカード勝ち越しを決め、5月26日以来となる貯金1となった。

先発の田口は7回1失点。中5日での登板だったが見事なピッチングを見せた。今日の試合に勝ちたいからこそ田口を中5日で出したわけで、その期待に応える田口は本当に素晴らしい。これで12勝目。現在12勝2敗であり、勝率はリーグトップ。あと1つ勝つと最高勝率の基準である13勝に到達する。ここからはタイトル争いも注目したい。

打線はわずか4安打ながら3得点と効率の良い打撃を見せた。4回以降無安打というのは問題だが、今日は結果が大事だったのでまあいい。

明日からは横浜でDeNAとの3連戦。前回のDeNAとの3連戦で3連勝し、その時点でゲーム差は2。巨人はその後5勝3敗と勝ち越しているが、DeNAが6勝3敗で来ているため差は2.5と広がっている。ちなみに阪神も6勝3敗なので差が詰まらない。直接対決で差を詰めるしかない。もし3連勝すれば逆転となるが、まずは勝ち越しを狙いたい。

明日の先発は巨人が菅野、DeNAが井納。先週、体調不良で先発を回避した菅野。明日は中12日での登板となる。明日先発ということは回復しているはずなので期待したい。DeNA戦は5勝1敗、防御率1.16と得意にしている。対する井納とは7度目の対戦。過去6試合は井納から見て1勝3敗、防御率4.58。前回も井納と菅野の投げ合いで、そのときは菅野が8回途中1失点、井納が7回途中5失点だった。やや不調な坂本を含め、打線がどれだけ打てるか。菅野の体調も回復しているとは思うがまだはっきりとわからないので、5点くらいは取りたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 21:44 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする