2017年09月30日

2017.09.30 巨人1-5阪神

初回、阪神の2番、上本に対し、巨人の先発・畠が頭部死球を与え、危険球退場となる。その後、福留の内野ゴロの間に阪神が先制する。2回には俊介のタイムリーで1点を追加する。巨人はその裏、村田のホームランで1点差に。その後はしばらく無得点が続いたが、7回、俊介のホームランで阪神が1点を追加。そして8回には梅野、中谷のタイムリーでさらに2点を追加し、巨人を突き放した。このまま勝利した阪神は2位が確定。巨人はCS出場がさらに厳しくなった。

先発の畠は4球、1失点。今日の試合の敗因はいろいろあるが、元はといえばこの畠の危険球退場からすべて始まっている。畠が退場しなければ、いや、せめてもう少し後のイニングであれば、多少は展開も違っていたかもしれない。今日のことは反省しなければいけないが、4球しか投げていないということで残りの試合に出るという可能性もある。そのときは今日の分までしっかり投げてほしい。あと死球を受けた上本はベンチに下がったものの、明日以降の試合には出られるということで良かった。

中継ぎ陣は踏ん張ったが、マシソンが捕まった。中川はしょうがない、まったく準備していなかっただろうから。マシソンは先日の中日戦に続きまた打たれてしまった。畠と同様、どうしてここにきて、という感じ。ただ今日に関してはもっと早く代えてもよかった。最初のホームランは防ぎようがないが、4点目、5点目はピンチの時点でカミネロに代える選択肢もあったのではないだろうか。確かに一番信頼できる投手はマシソンだけど、どうにも消極的な采配に見えた。

打線はもう相変わらず。今日ははっきり言って阿部がブレーキだった。阿部はこのところヒットは打っていたし打点もあげていたので、阿部を外せとか言いたいわけではない。でも今日みたいにアクシデントで始まった試合こそ4番には打ってほしかった。

今日はDeNAも敗れたのでかろうじて可能性は残ったが、いよいよ追い詰められた。明日巨人が敗れ、DeNAが勝つとその瞬間DeNAの3位が確定する。巨人が逆転で3位に入れるケースは以下の通り。

1.巨人が2連勝→DeNAが1勝1敗1分以下
2.巨人が1勝1分→DeNAが1勝2敗以下
3.巨人が2分→DeNAが1勝2敗以下
4.巨人が1勝1敗→DeNAが2敗1分以下
5.巨人が1敗1分→DeNAが3連敗

巨人が2分でDeNAが1勝2敗だと71勝67敗5分で完全に並ぶが、この場合は直接対決の成績によるので、DeNAに勝ち越している巨人が上になる。まあ超レアケースなのでないと思うが。DeNAが1つも勝てないというのも考えにくいし、実質1か2しかないと考えるべきだろう。とにかく連勝するしかない。

明日の先発は巨人が田口、阪神が岩田。このところの田口は投げてみないとわからないのでかなり不安もある。調子が良ければもちろん任せればいいが、これはまずいと思った時にスパッと代えられるか。これが重要になるだろう。対する岩田とは今季2度目の対戦。前回は3回6失点と打ち崩した。しかし今日の岩貞も今季はよく打っていたのに今日はこんな感じだったので参考にしない方が良いだろう。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 23:55 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

2017.09.27 巨人2-1中日

巨人・マイコラス、中日・小笠原、両先発の好投により4回まで無得点が続く。5回、村田のホームランで巨人が先制。6回、阿部のタイムリーで巨人が1点を追加。マイコラスはその後も抑え続け、完封をかけて9回のマウンドに上がるが、福田のホームランで中日が1点差とし、さらにランナーを出したところでカミネロに後を託し降板する。その後カミネロがこのピンチをしのいでゲームセット。巨人が4連勝で、中日との今季最終戦を勝利で飾った。

先発のマイコラスは9回途中1失点。中4日ながら139球、まさに気迫のピッチングだった。昨日菅野が6回で降りたので、もしかしたら最近不調の田口かルーキーの畠を中継ぎに回して、マイコラスにもう1度先発させるんじゃないかと思っていたのだが、今日これだけ投げたとなるとないか。逆にマイコラスを万が一の時のために中継ぎに回す可能性はあるかもしれない。とにかく今日はナイスピッチングだった。後を受けたカミネロも4連投だったのによく抑えた。

打線はわずか2点。ピッチャーの好投にずっと助けられている形が続いている。あと3試合、3試合くらい打てないものだろうか。マギーは今日の2塁打でシーズン2塁打記録のセリーグ記録に並んだ。あと3試合で1本打って新記録を達成してほしい。

今日DeNAは引き分けだったので、ゲーム差は0.5に縮まった。残り試合は巨人が3、DeNAが6。貯金の数が同じになった場合は引き分けが多いDeNAが勝率で上に行くため、巨人は貯金の数でDeNAを上回る必要がある。もし巨人が残り3試合を全勝した場合、DeNAは4勝2敗以上で3位となる。巨人が2勝1敗だと3勝3敗、1勝2敗だと2勝4敗が条件となる。まあ、巨人は全部勝たなければ厳しいということだ。

今後の予定
28日 巨人:休み  DeNA:阪神戦
29日 巨人:休み  DeNA:阪神戦
30日 巨人:阪神戦 DeNA:広島戦
1日  巨人:阪神戦 DeNA:広島戦
2日  両チーム休み
3日  巨人:ヤクルト戦(最終戦) DeNA:中日戦
4日  巨人:終了  DeNA:中日戦(最終戦)

両チームとも阪神との試合を2試合ずつ残しており、これが大きくカギを握る。ちなみに巨人は阪神戦は東京ドーム、ヤクルト戦が神宮。DeNAは残りすべて横浜スタジアムでの試合となる。まず巨人の試合がない明日、あさっての結果が注目だ。ここで連勝されると巨人は厳しくなる。

ということで、次は土曜日からの阪神との2連戦。当然、2つとも勝たなければいけない。先発は順番通りならば畠と田口だが、もし後がないような状況であれば、日曜日に中4日で菅野という可能性もあるだろう。総力戦で勝ちに行きたい。

タグ:巨人 中日 野球
posted by K at 00:49 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

2017.09.26 巨人3-0ヤクルト

2回、中井のタイムリーで巨人が先制。4回、中井が今度はホームランで1点を追加。このホームランが、記念すべき巨人の通算1万号ホームランとなった。6回には長野のホームランで1点を追加する。このリードを、菅野、西村、池田、マシソン、カミネロとつないで守り、巨人が3連勝。DeNAとの差を1ゲームと縮めた。

先発の菅野は6回無失点。相性抜群のヤクルト相手に今日も無失点。今季のヤクルト戦は5戦5勝、防御率は驚異の0.23となった。またシーズンでは17勝目となり単独最多勝もほぼ確実。防御率も次でよっぽど炎上しなければ間違いないだろうし、今季は2冠となりそうだ。今回は6回で余裕をもって降板したし、今季最後となるであろう次の登板もこのままいってほしい。

打線は3点。今日は菅野なのでこれで十分だったが、本当はもっと取りたいところ。ただ下位打線が機能したのは良かった。

そして今日中井が打ったホームランが、球団通算1万号ホームランとなった。日本で1球団が1万号を記録するのは史上初である。巨人の過去の記念ホームランはこんな感じ。

1号:中島治康(1936年)
1000号:土屋正孝(1956年)
2000号:王貞治(1965年)
3000号:王貞治(1972年)
4000号:柳田真宏(1978年)
5000号:槙原寛己(1985年)
6000号:駒田徳広(1992年)
7000号:二岡智宏(1999年)
8000号:タフィ・ローズ(2004年)
9000号:アレックス・ラミレス(2010年)

ちなみに原前監督が4500号、呂明賜が5500号、松井秀喜が6500号、由伸監督が7500号、小笠原道大が8500号、今DeNAにいるロペスが9500号を打っている。そうそうたるメンツの中にピッチャーの槇原さんがいるのが面白い(しかも5000号という特に節目感が強いところ)。で、9999号が亀井で、10000号が中井で、10001号が長野と。長野なら違和感ないが、亀井でもちょっと浮くんじゃないかというくらいの名前の中に中井の名前が刻まれることになった。中井はこのホームランがプロ通算10本目のホームラン。まだまだここに名前のある先輩たちには全然及ばないが、まだ20代だし、10年後にこの表を見ても違和感がないような打者になってほしい。

明日は東京ドームで中日との今季最終戦。中日には前回の2連戦で連敗を喫し、これが今のところ大きく響いている。巨人は残り試合を1つも落とせないので、明日も絶対勝つ。

明日の先発は巨人がマイコラス、中日が小笠原。前回、苦手の広島戦で5回5失点と崩れたマイコラス。明日はそこから中4日での登板となる。中日戦は6試合投げて4勝1敗、防御率2.11と安定して抑えているので、そのピッチングをしてほしい。おそらく明日が今季最後の先発だし。対する小笠原とは今季6度目の対戦。過去5試合は小笠原から見て2勝2敗、防御率5.33。しかし前回は9回2失点でプロ初完投を許した。6連戦の最終戦、勝ってDeNAについていきたい。

posted by K at 23:52 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

2017.09.25 巨人6-5ヤクルト

3回、山崎のタイムリーでヤクルトが先制。さらに山田の2点タイムリー、中村の押し出し四球、荒木のタイムリーも出て、この回一挙5点を先制する。巨人の反撃は5回。阿部の2点タイムリー、村田のタイムリーで3点を返すと、6回にはマギーのタイムリーで1点差に。7回には亀井のホームランでついに追いつく。そして8回、マギーのタイムリーで巨人が勝ち越し。5点差を逆転した巨人が連勝となった。

先発の吉川は3回途中5失点。12球団最低打率のヤクルト打線相手でも抑えられないとなるともうどうしようもない。今季はスケジュール的にももう先発はないだろうが、現時点では来季の優先順位も相当低くなりそうだ。まだ若いんだからこのまま終わるのではなく、来季はもっと奮起してほしい。

打線は5点差を逆転。ヤクルト相手だとできるんだけどなあ。こっちの打線が良いんじゃなくて相手の投手陣の問題なんだろうなあ。

明日の先発は巨人が菅野、ヤクルトが岩橋。今季のヤクルト戦4戦4勝、防御率0.27というとんでもない成績を残している菅野。明日勝てば単独最多勝もほぼ確実となる。2試合連続完封も狙っていってほしい。対する岩橋とは今季2度目の対戦。前回は6回2失点(自責0)と好投したが、このときも菅野と投げ合ったため負け投手となった。岩橋はこの時以来の一軍登板となる。前回あまり打てなかった相手だが、菅野の試合なので3点取れば勝てると信じて、まず3点を目標にしたい。



posted by K at 23:13 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.09.24 巨人5-3ヤクルト

初回、山田の内野ゴロの間にヤクルトが先制。さらにリベロのタイムリーも出てこの回2点を挙げる。3回、巨人は阿部の2点タイムリーで同点とし、さらに村田、亀井のタイムリーで2点を勝ち越す。4回には坂本の犠牲フライでさらに1点を追加。ヤクルトは5回、中村のホームランで1点を返す。その後はリリーフ勝負となったが、両チームとも中継ぎが頑張りこのままゲームセット。3連戦の初戦は巨人が制した。

先発の田口は5回3失点。今日は非常に苦しいピッチングだった。被安打9、与四球5でよく3失点で済んだなと思う。前回は好投したけど、まだ調子は戻っていないか。もしCSに出られるとしたら田口も投げてもらわないと困るし、なんとかあと1試合で立て直してほしい。

今日は中継ぎ陣が頑張った。とくに2イニングを抑えた西村は、相手に行きそうな流れを止めた。このところまた好投しているけど、まだ全面的な信頼はできないな。残り試合も抑えたらCSでも勝ちパターンで、という感じだろうか。

打線は7安打5得点。四球でもらったチャンスを活かした。これが続けばいいんだけど。でもヤクルト戦はこれまでも点取ってるからなあ。今日の結果だけ見てポジティブにはまだなれない。

明日の先発は巨人が吉川、ヤクルトがギルメット。前回3回8失点と大炎上した吉川だが、もう1度チャンスをもらった。おそらく明日が今季最後の先発となる。チームのためにも、来季以降の自身のアピールのためにも好投を見せてほしい。対するギルメットとは先発としては今季初対戦。中継ぎとしては巨人戦6試合に登板し、無失点に抑えられている。ギルメットは9月に入ってから先発に転向し、2試合に登板。7回無失点、8回1失点といずれも好投を見せている。なかなか難敵だが、打線に意地を見せてほしい。

posted by K at 00:18 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする