2017年04月13日

2017.04.12 巨人5-9広島

初回、阿部の2ランで巨人が先制。しかし2回、広島は新井とエルドレッド、2本のホームランですぐさま同点に。さらに3回には再び新井が3ラン、エルドレッドも2打席連続ホームランを打ち、4点を追加。5回にもエルドレッドのタイムリーが出て、巨人を突き放す。巨人はその裏、代打・村田の3ランで2点差とするが、8回、代打・堂林の2点タイムリーで広島がダメ押し。勢いの止まらない広島が9連勝とした。

先発の内海は3回6失点。4本もホームランを浴びた。さすがに打たれすぎかな。どうも昨年から広島アレルギーは治っていないようだ。

内海が3回で降板したため、4回からは1軍昇格した宮國が今季初登板。宮國は今季2軍で先発として調整していたので、いきなりリリーフに配置転換されて即登板というのはかわいそうではあるが、昨日言ったロングリリーフができるピッチャーが中継ぎで待機しているというのはやはり心強い。まさかいきなりその機会が来るとは思わなかったが。あと中継ぎではルーキーの池田が頑張っている。ここまで4試合に登板し無失点。しかもここまでノーヒットに抑えている。同じルーキーの谷岡が少し苦しんでいる中ですごい。

打線は2ホームランで5点。今日の6安打のうち5安打が点に絡んでいるので効率は良いが、それ以外の場面で打てず、相手先発のルーキー床田に初勝利を献上した。5点取ったのに7回まで投げられてるからなあ。

この2試合投手陣が炎上。この流れは良くない。明日は勝つのがまず一番だが、広島打線を止めたい。先発は巨人が吉川、広島が大瀬良。前回6回2失点でまずまずのデビューを果たした吉川が巨人での初勝利を狙う。なんにしても強力な打線を抑えられるかに尽きる。なんとか3点までに抑えてほしい。対する大瀬良は前回の登板で6回無失点の好投を見せたが勝ち負け付かず。チームの10連勝と今季初勝利を狙う。ここ2年は中継ぎでの登板が多く、先発の大瀬良とやるのは久しぶりだが、打線のつながりを見せて3タテを防ぎたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 00:18 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

2017.04.09 巨人3-4阪神

前日の試合が雨でノーゲームとなり迎えた今日の試合、先発は巨人が大竹、阪神が能見。2回、北條のホームランで阪神が先制する。その後は両先発がしっかり抑えていたが、7回、阿部のタイムリーで巨人が同点に。さらに代打亀井に2点タイムリーが飛び出し、巨人が逆転に成功する。しかしその裏、北條の今日2本目となるホームランで同点とする。そして8回、上本のホームランで阪神が再び勝ち越し。このリードを守り、阪神が勝利。このカードは1勝1敗となった。

先発の大竹は7回途中3失点。ほぼ北條1人にやられる形となった。味方の逆転まで1失点で耐えていたので、直後に同点にされてしまったのはなんだかもったいなかった。ただ、失点はそのホームラン2本だけで、内容自体は悪くなかったと思う。

負け投手は森福。ただこれに関しては回跨ぎさせたのが良くなかったのかなという気もする。森福は昨年は回跨ぎはほとんどなかったみたいだし。ホームランを打たれて負け投手になったが、ホームランを打たれた後をしっかり抑えて他のピッチャーを使わなかったのでチームへのダメージは最小限で済んだと思うし、森福はまた次頑張ってくれればいい。

打線は7回に能見を攻略。今頼りになる阿部と亀井が打った(亀井は代わった桑原から)。でも亀井はスタメンにしないんだろうか。今外野でそこそこなのは立岡だけで、とくに長野はかなり不振なんだけど今のまま行くのだろうか。

今日は敗れたが敵地で1勝1敗ならまずまずだろう。本拠地で確実に勝ち越していけばいい。そして火曜日からはその本拠地・東京ドームに戻って広島との3連戦。広島がとにかく好調。開幕戦に敗れた後、引き分けを挟んで7連勝中。4月は負けなし。昨年優勝した勢いがそのまま続いているかのようだ。巨人は菅野・内海・吉川の先発で挑む。まず菅野で広島の連勝を止めて、残り2戦で1勝して勝ち越すのが理想。昨年の菅野は広島戦に4度登板し、1勝2敗、防御率3.33。防御率的にはDeNAの次に打たれたチームだ。ただそのDeNAは先週しっかり抑えているし、東京ドームは得意なのできっと抑えてくれるだろう。広島は先週と同じローテなら野村、床田、大瀬良が先発となりそうだ。

タグ:野球 巨人 阪神
posted by K at 00:28 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

2017.04.07 巨人5-3阪神

初回、マギーのタイムリーで巨人が先制。さらに岡本の2点タイムリーも出て、いきなり3点を先制する。2回には中井の4年ぶりとなるホームランで1点を追加。阪神は5回、ダブルプレーの間に1点を返すと、6回には福留のタイムリーと巨人の先発・マイコラスのワイルドピッチで2点を返し、1点差とする。しかし巨人は直後の7回、代打亀井の犠牲フライで1点を追加し、再び2点差に。このリードを守り切った巨人が、今年最初の巨人-阪神戦を制した。

先発のマイコラスは7回3失点。10安打を浴び、調子は良くなかったと思われるが、ダブルプレー3つなどで切り抜け、序盤のリードを守り切った。悪いなりに試合を作れるから勝てるんだろうな。

打線は序盤に突き放した。今日打点を挙げたメンバーは活躍してほしいメンバーばかりだった。先制点のマギーは絶好調の阿部の次にいるので、阿部を避けてマギー勝負という場面も増える。マギーの調子が良ければ阿部と勝負する場面も増えるのでマギーの調子は重要。今のところは良さそうだ。岡本と中井は今季開幕からチャンスをもらっている2人。2人とも守備が不安な分打撃で貢献したいところで、今日は見事活躍を見せた。中井はもう若手でもないけど、生え抜きには頑張ってほしいと思う。亀井は代打の切り札として機能。今日は1点差に迫られて追加点が欲しい場面できっちり犠牲フライを打った。本人はもちろんスタメンを狙っているだろうが、亀井が代打にいるという安心感もなかなか捨てがたい。個人的には、勝ってるうちは今のスタメンのままでもいいかなと思う。

明日の先発は巨人が田口、阪神が青柳。前回は5回2失点で勝ち負けが付かなかった田口、今季初勝利を狙う。田口は昨年、阪神キラーともいえる活躍を見せた。6試合に投げて5勝0敗、防御率1.67。甲子園では4試合で3勝0敗、防御率1.37とさらに得意にしている。自信を持って臨んでほしい。対する青柳は今季初登板。昨年はドラフト5位ルーキーながら13試合に登板し、4勝5敗の成績を残した。巨人戦は昨年4試合に登板し1勝3敗だったが、防御率は2.10と抑えている。今日のように序盤から打って田口を援護したい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 00:13 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

2017.04.06 巨人2-4DeNA

初回、宮崎のタイムリーでDeNAが先制。2回には桑原のタイムリーでDeNAが1点を追加する。巨人は6回、阿部の2ランで同点とする。7回、2アウト満塁から梶谷の2点タイムリーでDeNAが再び勝ち越し。巨人はその後チャンスを作るも得点を返せず、このままゲームセット。DeNAが今季本拠地で初勝利。巨人は連勝が5で止まり、今季初黒星となった。

先発の吉川は6回2失点。1回、2回と続けて失点したのでどうなることかと思ったが、3回からは立ち直り、3人ずつで抑えた。死球が1つあったが四球はなく、移籍後初登板としては悪くなかったと思う。今年の巨人は先発ローテーション争いが激しく、二軍では多くのピッチャーがチャンスをうかがっている。吉川は現状の評価は5番手か6番手で、悪ければ下と入れ替えられる候補。今日はまずまずだったので、次回はさらにいいピッチングをして信頼を勝ち取ってほしい。

負け投手になったのは山口鉄。ランナーをためて降板し、そのあとに登板した谷岡が打たれた。山口には今季は復活してほしいんだけど、登板2試合目で厳しい結果になった。同点の7回に登板しているということは信頼はされているはずなので、切り替えて次の登板で好投を見せてほしい。谷岡はタイムリーを打たれてしまったが、この経験を今後につなげてほしい。

連勝は止まったが、昨年苦手にした横浜スタジアムで勝ち越し。先発がしっかり試合を作っているのが好調の要因だろう。あとはとにかくすごい阿部。さすがにこのペースが続くことはないと思うので、阿部が打っているうちに勝てるだけ勝っておきたい。そしてその間に他の選手の調子が上がってくればなお良し。

明日からは甲子園で阪神との3連戦。阪神にとっても今季初の甲子園での試合となる。明日の先発は巨人がマイコラス、阪神が岩貞。開幕戦で7回2失点(自責1)の好投を見せたマイコラスが連勝を狙う。マイコラスは昨年阪神戦には1試合だけ登板。7回1失点で勝ち負けがつかなかった。いつも通りのピッチングを見せてほしいところ。対する岩貞は先週の今季初登板では5回5失点と崩れたが(あの両チーム合わせて28四死球出た試合)、昨年は巨人キラーだった。4試合に投げて3勝0敗、防御率は驚異の0.58だった。多くの選手には昨年抑えられた記憶が残っていると思うが、苦手意識を払拭する打撃を期待したい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 00:37 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

2017.04.05 巨人4-2DeNA

3回、梶谷の内野ゴロの間にDeNAが先制。しかし直後の4回、巨人はマギーの内野安打にエラーが重なって1点を取り、すぐ同点とする。続く5回にはピッチャー内海のタイムリーで勝ち越し。さらに立岡のタイムリー、坂本の犠牲フライもあってこの回3点を奪う。DeNAは8回、白崎のタイムリーで1点を返すが、9回は巨人のカミネロがピシャリと抑え、巨人が開幕5連勝。2カード連続の勝ち越しを決めた。

先発の内海は7回1失点。ランナーは出すが連打は許さないというピッチングで今季初勝利を挙げた。先発陣の良い流れに内海も続いた。今季は昨年惜しくも達成できなかった2ケタ勝利を目指してほしい。

打線は5回に井納を攻略。今日はここまで引っ張ってきた阿部がノーヒットだったが、今季初スタメンの重信や中井、立岡が打って点を取った。主軸が打てないときに他の選手が打つ、という理想的な展開になっている。あとはマギーが3安打。日本は4年ぶりだが、これで慣れてきただろうか。まずヒットが出ていればいいけど、村田の代わりにスタメンに入ってることを考えるとそろそろ一発も見たいところ。

明日の先発は巨人が吉川、DeNAがウィーランド。昨年オフに日本ハムからトレードで移籍してきた吉川が巨人での初登板を迎える。2012年にはリーグMVPを獲得したが、その後はいまひとつのシーズンが続いていた。新天地で復活となるか。チームは5連勝で来ているが、それをプレッシャーに感じるのではなく、負けてもいいかくらいの気楽な気持ちで投げればいいと思う。対するウィーランドは新外国人。オープン戦では3試合に投げ、1勝2敗、防御率5.65。まあオープン戦があてにならないのは何よりも巨人が(今のところ)証明しているので、警戒して臨んだ方がいいだろう。ただでさえ巨人は初物に弱いんだし。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 01:17 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする