2017年09月20日

2017.09.20 巨人2-0阪神

初回、マギーのホームランで巨人が先制。2回には長野のタイムリーで1点を追加する。その後は巨人・菅野、阪神・秋山の両先発の好投で試合が動かないまま終盤へ。秋山は6回で降板するが、菅野は7回以降も投げ続け、結局9回を1人で投げ抜き完封。巨人が勝利した。

先発の菅野は9回無失点。被安打2、無四球でダブルプレーが1つあったので、対戦した打者は28人だった。文句なしのピッチング。今日の勝因の9割は菅野と言っていいだろう。これで16勝目となり、最多勝のタイトルはほぼ手中にしたと言っていいだろう。よっぽど炎上しない限り防御率も1位だろうし、2冠となりそうだ。あとはさらに勝ちを上乗せできるか。

打線は序盤に2点。今日は打順を入れ替え、1番に坂本、2番に陽、3番にマギーを入れたが、その効果はあまり感じられず。でも首脳陣も何か変えようとしているのはわかってよかった。

DeNAは試合がなかったため、ゲーム差なしとなった。勝率の差でDeNAが3位、巨人が4位のままである。とにかく勝っていくしかないな。

明日は試合がなく、あさってから6連戦。金・土がマツダスタジアムで今季最後の広島戦、日・月が神宮でヤクルト戦、火が東京ドームに移ってヤクルト戦、水が東京ドームで最後の中日戦となる。まずは広島戦、先発はマイコラスと畠になると思うが、2人は菅野、田口と比べると広島を苦手にしているのが不安なところ。広島の優勝が決まっているのが、こっちにプラスに働くことを祈りたい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 23:15 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

2017.09.19 巨人2-10中日

3回、松井佑の2ランホームランで中日が先制。4回には、高橋のタイムリー、小笠原、京田の2者連続押し出し、松井佑の2打席連続となる満塁ホームラン、ゲレーロの2者連続ホームランでなんと8点を追加。10-0と試合を早々と決める。巨人の反撃は6回の村田の2ランホームランのみ。中日が連勝で、巨人は4位転落となった。

先発の吉川は4回途中7失点。前回ほどの好投は難しいとは思っていたが、ちょっと今日は酷かった。ホームラン、タイムリーまではしょうがないとしても、2者連続押し出し、しかもピッチャーの小笠原に押し出し四球はダメだ。これから6連戦があるから次も投げてもらわないと困るんだけど、投げさせるだろうか。

打線も村田のホームランのみ。7安打はしているが、連打は一度もなかった。打順はもうこのままいくんだろうか。まあ確かに他にこれがいいっていうのもないんだけど…。

ここで中日に連敗を喫し、4位に転落した。残り試合数もDeNAと並び、0.5ゲーム差となった。直接対決がもうないので、自力3位が今日の時点では消滅したということになる。残り10試合、日程を考えるとフル回転で回して菅野が3試合、田口、マイコラス、畠が2試合ずつ、誰か(吉川、宮國あたり)が1試合ということになりそうだが、とにかく打線が打たなければ話にならない。頼むぞほんとに。

今後の先発予想
20日 対阪神 菅野(中5日)
22日 対広島 マイコラス(中5日)
23日 対広島 畠(中5日)
24日 対ヤクルト 田口(中5日)
25日 対ヤクルト 誰か
26日 対ヤクルト 菅野(中5日)
27日 対中日 マイコラス(中4日)
30日 対阪神 畠(中6日)
1日 対阪神 田口(中6日)
3日 対ヤクルト 菅野(中6日)

明日は甲子園で阪神との試合。阪神とは明日を入れて3試合残っているが、甲子園での試合はレギュラーシーズンでは最後となる。先発は巨人が菅野、阪神が秋山で先週と同じ顔合わせ。先週は菅野が7回2失点、秋山が6回無失点だったが、巨人が終盤に追いつき、試合は引き分けだった。先週の菅野は初回に2点を取られたもののしり上がりに調子を上げていったし、その調子のまま投げてくれればと思う。あと、菅野は広島の薮田に1つ差をつけて勝利数でトップを走っている。薮田の登板がおそらくあと2試合だと思うので(中継ぎに回らない限り)、1つ勝てば最多勝のタイトルがほぼ確実となる。明日勝って決めてほしい。対する秋山には先週抑えられたが、とにかく菅野の試合なので打ってくれ。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:54 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

2017.09.18 巨人0-2中日

巨人・田口、中日・笠原、両先発が好投を見せ、7回まで両チーム無得点が続く。巨人のピッチャーが代わった8回、代打藤井の2ランホームランで中日がついに先制する。その後9回をしっかり抑えた中日が接戦に勝利した。

先発の田口は7回無失点。このところイマイチなピッチングも多かったが、今日は素晴らしかった。連打は許さず、打席ではバントを2度、しっかりと決めた。次も良ければもう心配はいらないだろう。

田口から代わったマシソンが失点、負け投手となった。少し調子が戻ってきたかと思ったのだが、まだ様子見か。

打線はわずか2安打。最長で5回までしか投げたことのないルーキーに8回無失点に抑えられた。はぁ…。

明日の先発は巨人が吉川、中日が小笠原。前回、6回無失点で移籍後初勝利を挙げた吉川。中日戦は今季初先発。中継ぎでは3分の1イニングで1失点、防御率27.00となっているが、2試合連続の好投を見せられるか。対する小笠原とは今季5度目の対戦。過去4試合は小笠原から見て1勝2敗、防御率7.00。前回は4回途中8失点と完全に打ち崩したが、このところは6回を投げて2失点以下と安定している。今日の分も打ってほしい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:42 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017.09.17 巨人6-1DeNA

初回、村田の2点タイムリーで巨人が先制。2回にもマギーのタイムリーで1点を追加する。さらに5回には小林のタイムリー、ピッチャー畠のプロ初安打・初打点となるタイムリー、陽の犠牲フライで3点を追加、6-0とする。DeNAは9回に柴田のタイムリーで1点を返すが反撃が遅く、これでゲームセット。巨人とDeNAの今季最終戦は巨人が制した。

先発の畠は7回無失点。3位を争うDeNAとの最後の直接対決で5回までノーヒット、7回無失点という快投を見せた。本当に勝負強い。与四球5は今後の課題だが、ナイスピッチングだった。

打線は、今日は集中打が出た。ピッチャーの畠にもプロ初安打・初打点のタイムリーが出たし、今日は良かったと思う。

3位を争うDeNAとの最後の直接対決が終了。巨人が1ゲーム上にいて、巨人が残り12試合、DeNAが残り11試合となる。残りの対戦相手と今季の対戦成績を見ると、

巨人
対広島 残り2試合(7勝16敗)
対阪神 残り3試合(12勝8敗2分)
対中日 残り3試合(13勝9敗)
対ヤクルト 残り4試合(13勝8敗)

DeNA
対広島 残り2試合(12勝11敗)
対阪神 残り5試合(7勝13敗)
対中日 残り3試合(12勝7敗3分)
対ヤクルト 残り1試合(16勝8敗)

これを見ると、巨人の方がやや有利かなと思う。巨人は苦手な広島と残り2試合のみなのに対し、DeNAは負け越している阪神との対戦がまだ5試合残っている。またともに勝ち越しているヤクルト戦が、巨人は4試合あるのに対してDeNAは1試合しかない。巨人はこの有利な点を活かせるか。

明日からはナゴヤドームで中日との2連戦。このところ2連戦は1勝1敗が続いているので、ここで2連勝して勢いに乗りたいところ。明日の先発は巨人が田口、中日が笠原。中5日が続いている影響もあるのかわからないが、このところやや調子を落としている田口。ナゴヤドームでは今季2戦2勝と相性が良いが、良いピッチングを見せられるか。対する笠原とは今季3度目の対戦。しかし過去2試合はいずれもリリーフでの登板だったため、先発としては初対戦となる。笠原はドラフト4位ルーキー。ここまでは15試合に投げて0勝2敗、防御率4.21。今月に入ってから先発に転向し、4回2失点、5回1失点とまずまずのピッチングを見せている。打線は今日のように序盤から点を取りたい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 23:30 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

2017.09.16 巨人0-1DeNA

先にランナーを出したのは巨人だったが、先制したのはDeNA。4回、梶谷のホームランで1点を先制する。その後は両チームの投手陣が好投し、なかなか次の1点が入らない。結局このままゲームセットとなり、最後の直接対決2連戦の初戦はDeNAが勝利。同率3位となった。

先発のマイコラスは7回1失点。中5日ながら梶谷のホームランによる1失点に抑えたが、援護がなく負け投手となってしまった。マイコラスは2ヶ月半の間ずっと2失点以下で来ているのに、ここ4試合中3試合で援護が1点以下という貧打のせいでなかなか勝てていない。不憫でしょうがない。

打線は相手を上回る6安打を打ちながら無得点。チャンスで打てない。打てない日はだいたいパターンも同じなのでもう言うこともない。

明日の先発は巨人が畠、DeNAが濱口。DeNAとの今季最終戦はルーキー対決となった。この2人は8月20日にも投げ合っており、その際は畠が8回1失点、濱口が5回6失点で畠が勝ち投手となった。しかし濱口も9月3日の巨人戦では8回無失点の好投を見せている。畠は2戦2勝、防御率1.20とDeNAとの相性が良さそうなので、打線がしっかり打てば勝てる。明日勝った方がシーズン3位に大きく近づく。なんとしても取りたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:50 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする