2017年05月06日

2017.05.06 巨人6-1中日

初回、坂本のホームランで巨人が先制。4回、石川のタイムリーで巨人が追加点。その裏、中日は京田のスクイズで1点を返すが、直後の5回、マギーのタイムリーで再び2点差に。そして9回には、マギーの2点タイムリーと亀井の内野ゴロの間の1点でダメ押しの3点を追加。巨人が2カード連続の勝ち越しを決めた。

先発の田口は7回1失点。6回終了時点ですでに100球を超えていたが、よく7回まで投げ切った。与四球も3と前回からはだいぶ改善した。この調子。

打線は阿部が休みだったが、14安打とよく打った。とくにマギーが4安打、そして長野が3安打。長野はずっと苦しんでいるが、今日の3安打で打率がなんとか2割に乗った。でもまだまだ低い。.250まではいってほしいところ。今日をきっかけにしてほしい。

明日の先発は巨人が内海、中日がジョーダン。二軍落ちなどもあり1ヶ月勝ちのない内海。ただここ2試合は内容はそこまで悪くはない。粘りのピッチングを期待したい。対するジョーダンとは3度目の対戦だが、過去2回は中継ぎでの登板だったため、先発では初対戦となる。先発転向後は5回2失点、8回途中2失点、6回2失点としっかり試合を作っており、難しい相手になりそうだ。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

2017.05.05 巨人3-2中日

初回、巨人の守備のミスにより、中日が先制。4回にはビシエドのホームランで1点を追加する。巨人は5回、坂本のタイムリー内野安打で1点を返す。そして8回、巨人は亀井のタイムリーでまず同点とし、さらに小林のセーフティスクイズがクロスプレーの末に決まり、巨人が逆転。このリードを守った巨人がカードの初戦を制した。

先発のマイコラスは7回2失点(自責1)。1点目は阿部のエラーによるものなので、実質ビシエドのホームランのみに抑えた。菅野みたいな圧倒的な感じではないが、本当に安定している。13勝した一昨年の初勝利は5月28日だったが、今季はまだ5月5日の時点で4勝目。何勝してくれるんだろうか。

逆転後の2イニングはマシソン、カミネロがいつも通り抑えた。この2人も非常に安定している。マシソンは丸1ヶ月無失点。カミネロも6失点と爆発したあの試合以外はまだ点を取られていない。マイコラス・マシソン・カミネロの助っ人リレーで勝ったのも早くも今季3度目。とても頼もしいし、これだけ調子がいいとそりゃあクルーズも上げられないなと。マギーも調子良いし。

打線は終盤に逆転。途中までは毎回のように得点圏までランナーを進めながらなかなか得点できなかったが、どうにかもぎ取った。亀井はやっぱり代打の方が良いのかな。代打だといつも打ってるイメージだけど、スタメンだと打ってるイメージがない。

明日の先発は巨人が田口、中日が大野。田口は今季3度目の中日戦。過去2回はいずれも5回2失点で降板しており、1勝0敗。先週のヤクルト戦は与四死球8と大荒れだったので(無失点だったけど)、制球を改善して長いイニングを投げてほしい。対する大野とは今季3度目の対戦。過去2回は大野から見て0勝1敗、防御率5.27。開幕戦では打ち込んだが、前回は8回途中2失点と抑えられた。明日はどうなるか。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:35 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

2017.05.04 巨人2-5DeNA

2回、宮崎の2ランでDeNAが先制。3回には梶谷の2ラン、4回には戸柱のタイムリーが出て、5-0とDeNAが大量リードする。巨人は6回、坂本の2ランで2点を返すが、その後はランナーを出すものの返すことができず、このままゲームセット。この3連戦は巨人の2勝1敗となった。

先発の宮國は4回5失点。今日は結果を残せなかった。前回は好投したものの負け、今日は打たれての負けとなったが、もう1回チャンスをもらえるかどうか。今二軍で早く上げたいっていうほどの選手はいない気がするので、もう1回はできるかな。

打線は坂本の2ランのみ。ヒットは7本出ているので全く打ってないというわけでもないが、たたみかけるという攻撃ができなかった。ただ坂本がさらに調子を上げてきた感じがあるのは頼もしい。

今日は残念だったが、なんとかカード勝ち越しは達成した。少しずつでもいいので貯金を増やしていきたい。明日からはナゴヤドームで中日との3連戦。明日の先発は巨人がマイコラス、中日がバルデス。明日が早くも今季3度目の中日戦となるマイコラスは、過去2試合で1勝0敗、防御率は0.64。心配はいらないだろう。対するバルデスとは今季2度目の対戦。前回は7回途中1失点でバルデスには勝ち負けつかず。試合は阿部の逆転サヨナラ3ランで巨人が勝った。バルデスはその後も好調を維持し、ここまで負けなし、防御率は1.74。打線の援護がなくまだ1勝にとどまっているが、非常に手強い相手だ。チャンスで確実に点を取りたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

2017.05.03 巨人4-1DeNA

2回、ロペスのホームランでDeNAが先制。しかしその裏、巨人は小林の2点タイムリーで逆転に成功する。3回には橋本のタイムリーで1点を追加。その後はしばらく両チームとも点を取れなかったが、8回、阿部のタイムリーで巨人が1点を追加。9回はカミネロがきっちり抑え、巨人が4カード振りの勝ち越しを決めた。

先発の大竹は7回途中1失点。ソロホームランの1点に抑える好投を見せたが、今日も7回にランナーを残して降板した。ここまで5試合先発しているが、すべてイニングの途中での降板となっている。イニングを投げ切っての降板ならもっと印象が良くなるんだけどなあ。今後はそこが課題だな。

打線は今日も少しずつ得点を重ねた。今日は打撃が不振だった小林、今季まだ打点がなかった橋本、そしてこのところ調子が落ちていた阿部がタイムリーを打ったというのが、今後に向けても良かった。特に阿部にはこれで調子を上げていってほしいところ。

久々のカード勝ち越し。これを続けていきたい。明日の先発は巨人が宮國、DeNAがウィーランド。宮國は今季2度目の先発。前回は6回1失点と好投を見せたものの、打線の援護がなく負け投手となった。ただ内容は良かったので、明日も期待したい。対するウィーランドとは今季2度目の対戦。前回は6回2失点とまずまず抑えられた。前回ウィーランドからホームランを打った阿部にまた一発が出るか。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 23:26 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

2017.05.02 巨人5-0DeNA

初回、坂本のタイムリーで巨人が先制。4回には石川のタイムリー内野安打で1点を追加。5回にはマギーの2点タイムリーが出て4-0とする。2試合連続完封中の菅野は序盤はピンチもあったが、これを凌ぐと徐々にギアを上げ、6回、7回はノーヒット。すると7回裏、亀井の犠牲フライで巨人がさらに1点を追加。菅野は8回、9回も3人で抑え、セリーグでは28年ぶりとなる3試合連続完封勝利を達成した。

先発の菅野は9回無失点。すごい、としか言えない。3試合連続完封勝利はセリーグでは89年の5月〜6月にかけて達成した斎藤雅樹(現二軍監督)以来。菅野が生まれたのが89年の10月なので、菅野が生まれてからセリーグでは1度もなかったことを成し遂げた。本当にすごいピッチャーだ。

打線は効果的に得点を重ねた。坂本が4打数4安打と特に目立った。坂本はヒットはずっと出ているが、ホームランは開幕戦以来とかなり久々だった。阿部の調子が落ちてきている中、坂本に長打も出てくるとなると非常に頼もしい。

3カード連続負け越し中だが、菅野の好投をチームの勢いに変えたい。明日の先発は巨人が大竹、DeNAが水野。前回は6回途中4失点で負け投手となった大竹。DeNA戦は今季初登板。昨年は3試合に投げて1勝1敗、防御率5.94とあまり良くはないが、東京ドームでの試合は7回1失点で勝ち投手になっているので期待。対する水野はドラフト2位のルーキー。今日の先発がドラフト1位のM口だったので、2日続けてルーキーが先発ということになる。しかも水野は明日がプロ初登板、初先発。二軍では好成績を残しているようだが、巨人がプロの洗礼を浴びせられるか。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする