2017年04月05日

2017.04.04 巨人5-2DeNA

3回、坂本のタイムリーで巨人が先制。しかしその裏、ロペスのタイムリーでDeNAがすぐさま同点とする。その後は巨人・菅野、DeNA・今永の両投手が好投を続け、7回まで1-1の状態が続く。8回、巨人は菅野に代打・脇谷を送ると、その脇谷がヒットで出塁。そして立岡のタイムリー3ベースで勝ち越しに成功する。さらに坂本がタイムリー、そして阿部が2ランを打ち、この回一挙4点を勝ち越す。DeNAはその裏、ロペスのホームランで1点を返したが、反撃はそこまで。巨人が開幕4連勝とした。

先発の菅野は7回1失点。WBCの疲労、昨年苦手にした横浜での試合と不安な点がいくつかあったものの、連打を許さずしっかりと抑えた。降板時は同点だったが、その後味方が勝ち越したため白星をゲット。エースとしていい初登板となった。

打線は今永をとらえられず、7回までわずか2安打に抑えられたが、今永が足を痛めて7回途中で降板。その後の8回に3連打で勝ち越した。阿部は今日もホームラン、2打点。開幕から全試合で打点を挙げ、早くも3本塁打、10打点となっている。こうなったら4月だけで16本ホームラン打った2004年を目指してほしい。

明日の先発は巨人が内海、DeNAが井納。昨年9勝を挙げて復活の兆しを見せた内海が今季初登板。4年ぶりの2ケタ勝利を目指す。昨年のDeNA戦は5試合に登板し、2勝2敗、防御率6.00。横浜での試合に限定すると1勝1敗、防御率8.16ととんでもない成績になるが、これは1回6失点という大炎上した試合があるためで、防御率ほどは打たれていない。ここまで投手陣は良い感じで来ているので、内海もこの流れに乗ってほしい。対する井納は昨年、巨人戦に4試合登板し、2勝1敗、防御率2.96。シーズンの防御率が3.50なので巨人は井納に抑えられている。明日も阿部に引っ張ってもらいたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 01:29 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

2017.04.02 巨人6-3中日

初回、ビシエドのタイムリーで中日が先制。4回にはゲレーロのホームランで1点を追加する。しかしその裏、阿部のタイムリーで1点を返し、さらにマギーの内野ゴロの間に同点とする。そして6回、巨人はマギーのタイムリーで勝ち越し。さらに代打亀井の2点タイムリー、さらにピッチャー大竹のスクイズも決まり、この回一気に4点を挙げる。直後の7回、平田のホームランで中日が1点を返すが、その後は巨人が森福、マシソン、カミネロとつなぎ、無失点に抑えてゲームセット。巨人が開幕3連勝とした。

先発の大竹は7回途中3失点。中軸に打たれたが、それ以外を抑えたのが良かった。スクイズも決めたし(どっちかっていうと決めたのは亀井だけど)、今季初登板は上々ではないだろうか。

今日はソフトバンクから移籍してきた森福が初登板を果たした。大竹が出したランナーがいる場面での登板だったが、1イニングをしっかりと投げ切った。ここ数年、山口鉄が打たれることが増えてきている中で、左投手の選択肢が増えるのはありがたい。ワンポイントもあるかもしれないが期待している。

打線は4回と6回以外は無安打だったが、その2イニングの集中打で6点を取った。阿部が好調すぎて逆に怖いが、頼りにはなる。小林に初安打が出たのも良かった。

開幕3連勝、いいスタートを切った。ここまで、カミネロ、マギー、谷岡、池田、森福といった新戦力が活躍しているのが印象的。これがポジションを争う選手たちに対する刺激になってチーム力がさらに上がればいちばんいいけど。あとは采配もいい感じ。昨日、今日と代打がしっかり結果を出している。心配な点は守備か。3試合ともエラーが出ている。勝ってるからまだいいけど、特に岡本や中井はせっかくチャンスをもらっているので、打撃もだけど守備も大事にしたい。

火曜日からは横浜でDeNA戦。先発は菅野、内海、吉川でいくようだ。注目はやはり菅野。WBCでは準決勝に先発し、試合は敗れたが、アメリカ相手に6回1失点と好投を見せた。WBCでの疲労を考慮し開幕カードは回避し、DeNA戦先発となった。疲労がどれだけ取れているか。そして、昨年防御率4.05、横浜スタジアムに限定すると防御率7.27と苦手にしているDeNA戦でどんなピッチングを見せるか、注目だ。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:24 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

2017.04.01 巨人4-2中日

3回、中日の先発バルデスが自らホームランを打ち、中日が先制。4回、堂上のタイムリーで中日が追加点を挙げる。巨人は7回、満塁のチャンスから阿部が押し出しの四球を選び1点を返すが、続くチャンスでは得点できず。1点ビハインドで迎えた9回、巨人は代打の村田がヒット、坂本が四球でランナーをためると、阿部が逆転サヨナラ3ランを打ちゲームセット。巨人が劇的勝利で連勝、カード勝ち越しを決めた。

先発の田口は5回2失点。5回までで100球を超え、投手のバルデスに一発を浴びるなど、調子は悪かったと思う。ただ悪いなりに2失点で抑えているので、最低限のピッチングはできたのではないか。負けが消えてよかった。

今日は2人のルーキーがデビュー。ドラフト3位の谷岡は6回から2イニング、ドラフト4位の池田は8回の1イニングを投げ、ともに無失点に抑えた。2人とも社会人出身(谷岡は高卒、池田は大卒)で即戦力の期待がかかる中、デビュー戦を0で切り抜けたというのは大きな自信になるはず。ドラフト1位の吉川、2位の畠がコンディション不良や手術で出遅れているので、2人には頑張ってほしい。

打線は阿部が全打点を挙げた。9回も阿部に回せばなんとかなるんじゃないかと思ってはいたが、まさか本当にホームラン打つとは。相手の抑えを打ったのも大きい。一方で、相手先発のバルデスには苦戦した。バルデスは昨年も打てなかったんだけど、今年も苦労しそうだ。

明日の先発は巨人が大竹、中日が吉見。大竹は昨年6勝6敗、防御率3.55。一昨年から成績が向上し、復活の兆しを見せた。昨年は一軍初登板が5月後半だったが、今年は開幕3戦目を任されることになった。山口俊や吉川光らが新しく加入し、先発ローテーション争いも激しくなることが予想されるので、大竹は好投でアピールしておきたい。対する吉見は昨年6勝7敗、防御率3.08。4年ぶりに100イニング以上を投げた。巨人戦では4試合に投げ、1勝1敗、防御率2.22と巨人は抑えられている。この2試合、勢いは確実にこっちにあるので、打ち崩してさらに弾みをつけたい。


タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 21:08 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.03.31 巨人6-2DeNA

初回、阿部の2ランで巨人が先制。このホームランが今年のプロ野球の第1号ホームランとなった。3回には阿部のタイムリー、マギーのタイムリーで巨人が2点を追加。5回、中日は杉山の犠牲フライと巨人のエラーによって2点を返すが、その裏、巨人は坂本の2ランで再び4点差に突き放す。巨人は先発のマイコラスからセットアッパーのマシソン、そして抑えの新外国人カミネロという助っ人トリオが抑え、開幕戦を快勝した。

開幕投手となったマイコラスは7回2失点(自責1)。WBCに参加した菅野が開幕戦を回避したことで大役が回ってきたが、見事なピッチングを見せた。昨年は初登板が6月後半で4勝2敗だったが、今季は開幕からいてくれるということで2ケタ勝利を期待したい。

そして新外国人のカミネロはさっそく初登板。澤村が右肩のコンディション不良で調整中のためしばらくはカミネロが抑えということになりそうだが、今日のピッチングを見る限り大丈夫そう。球速もさっそく155キロが出ているし、2塁打は打たれたが四球はなかった。今日の試合だけで全幅の信頼を置くわけではないが、しばらくはカミネロ抑えでいいだろう。

打線は、セカンドやレフトが埋まらないという問題があったが結局以下のようなスタメンになった。

1.(二)中井
2.(中)立岡
3.(遊)坂本
4.(一)阿部
5.(三)マギー
6.(右)長野
7.(左)岡本
8.(捕)小林
9.(投)マイコラス

セカンドは中井、レフトは岡本に。そしてサードには元楽天で今年NPBに復帰したマギーが入り、昨年全試合に出場した村田がスタメン落ち、出場なしということになった。層が厚いのか薄いのかよくわからないが、3番4番がホームラン、小林、マイコラス以外はヒットを打つなど、打線はしっかり機能した。ただ心配なのは守備で、抜擢された中井、岡本はともに不安を残す守備を見せた。この2つのポジションは候補がいっぱいいるので、打撃もだが守備でも結果を残してほしい。派手なプレーはいらないから堅実に。

このところ開幕戦に強い巨人、今年も白星発進となった。なんでも5年連続で、これは球団タイ記録らしい。今日は勝ち方も素晴らしかったし、この勢いでカード勝ち越しと行きたい。

明日の先発は巨人が田口、中日がバルデス。オープン戦最下位に沈んだ巨人において、絶好調だったのが田口。オープン戦4試合に登板し、20イニングで防御率0.90と素晴らしい成績を残した。昨年は10勝でローテーションの一角に定着。今季は左のエースとしての期待がかかる。田口の心配はあまりしていないが、今日のようにしっかり打線が援護をしてほしい。対するバルデスは、昨年巨人戦に5試合登板し、1勝0敗、防御率1.78と巨人を抑えている。田口も昨年の中日戦は3試合で1勝1敗、防御率2.11と抑えており、昨年の通りならロースコアの展開となりそうだ。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 00:28 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

プロ野球開幕直前順位予想2017

日付変わっていよいよ今日、2017年のプロ野球が開幕する。今年はWBCがあったので1ヶ月くらい前から野球モードには入っていたが、シーズン開幕はまた別。WBCで味方だったあの選手が手強い敵となって立ちはだかる。今回は順位予想。

参考:オープン戦の順位
1位:ロッテ
2位:ソフトバンク
3位:オリックス
4位:阪神
5位:西武
6位:日本ハム
7位:ヤクルト
8位:楽天
9位:中日
9位:DeNA
11位:広島
12位:巨人

ロッテはこのオープン戦、13勝2敗3分という驚異的な強さで1位に。上位にパリーグ、下位にセリーグが固まり、最下位は5勝14敗の巨人。巨人は防御率も11位だったが酷いのが打率で、12球団で唯一2割にも満たない.196だった。もともとオープン戦の順位はあてにならないと言われることが多く、さらに今年はWBCによって各チーム主力がいない状態だったこともあり、例年以上に参考にはしづらいかもしれないが、どうなるか。

では順位予想。

セリーグ
1位:巨人
2位:広島
3位:DeNA
4位:ヤクルト
5位:阪神
6位:中日

なんか昨年の順位とあまり変わらなかったな…。巨人の1位はほぼ願望だが、理由としては大規模な戦力補強を行ったというその1点に尽きる。それが機能していないからオープン戦最下位なのだが。ただFAで移籍した山口俊や陽、ドラフト1位の吉川尚などは故障やコンディション不良によってそもそもオープン戦に出ていない。このあたりがいつ復帰するかによって成績は変わってくるだろう。早めに復帰できれば、戦力的には1位は十分あり得る。対抗は広島。黒田が引退したが、主力の多くは残っている。昨年はぶっちぎりで優勝しているわけで、普通に行けば本命ではないかと思われる。3位以下はもうこれといった根拠もなくおいてしまったが、どのチームにもAクラスに入る可能性はあるし、逆に最下位の可能性もある(広島だけは最下位はないかなと思うが)。


パリーグ
1位:ソフトバンク
2位:日本ハム
3位:ロッテ
4位:楽天
5位:西武
6位:オリックス

とにかく層の厚いソフトバンク。昨年は日本ハムの猛烈な追い上げによって逆転され2位となったが、やっぱり優勝候補なのは間違いない。日本ハムは大谷をどう使うか。今年も二刀流で活躍できるならば優勝争いも可能だと思うが、今のところは打者がメインとなりそう。ただどっちかに特化した方がすごいという可能性もあるからなあ。大谷はもう予想もつかない。ロッテはオープン戦の強さを考えつつ、でもここのところシーズンの優勝争いができていないというのを考えて3位。下位3チームはどういう順番でもおかしくないと思うが、オープン戦3位は良くないというジンクスを信じてオリックスを最下位にした。

開幕戦のカードと予告先発は以下の通り。

巨人(マイコラス)−中日(大野)
ヤクルト(石川)−DeNA(石田)
広島(ジョンソン)−阪神(メッセンジャー)

日本ハム(有原)−西武(菊池)
オリックス(金子)−楽天(美馬)
ソフトバンク(和田)−ロッテ(涌井)

posted by K at 01:06 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする