2017年04月30日

2017.04.30 巨人2-3ヤクルト

初回、バレンティンの内野ゴロの間にヤクルトが1点を先制。しかし巨人は3回、ヤクルトの守備のミスの間に同点に追いつくと、4回には小林のタイムリーで勝ち越しに成功する。6回、バレンティンのタイムリーでヤクルトが再び同点。そして7回、1アウト1,3塁から坂口が内野ゴロを打つが、これを中井が判断を誤りオールセーフに。この間に3塁ランナーが生還し、ヤクルトが勝ち越し。このリードを守ったヤクルトが勝利し、カードの勝ち越しを決めた。

先発の内海は6回2失点。まずまずだったと思うが、今日の2失点はいずれも四球で出したランナーが還ってきたものだったので、やっぱり四球は出しちゃいけないな。

そして問題の3点目。ランナーを出したのは池田で、実際に点が入ったときに投げていたのはマシソンだが、この失点はピッチャーのせいではなく中井の守備がまずかった。前進守備だったとはいえ、タイミング的にはダブルプレー取れたので非常にもったいなかった。

打線は8安打を打ちながら2点。チャンスは作るのにランナーが得点圏にいると打たないという昨年たくさん見た光景が。ただそんな中で、今季まだ打点がなかった小林にタイムリーが出たのは良かった。ヒットもやっと出始めたがまだ打率が低いので、なんとか2割には乗せてほしいところ。

地味に3カード連続負け越し。あの5連敗以降大きな連敗はないが、これはあまりいい流れではない。負けた6試合を見てみると、5試合が2点以下。問題は打線の方にありそうだ。阿部の調子がかなり落ちてきたので、それをなんとか他の選手でカバーしたいところ。今日はこれまでずっと上位を打っていた中井を7番に置き、2番に橋本を入れたが、こういう組み替えはどんどんやっていけばいいと思う。

火曜日からは東京ドームに戻ってDeNAとの3連戦。ホームに戻るので、ここは勝ち越して嫌な流れを止めたい。2試合連続完封中の菅野にまずは勢いをつけてほしい。

posted by K at 23:59 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

2017.04.29 巨人1-2ヤクルト

巨人・田口、ヤクルト・小川の両先発がともに6回まで無失点。巨人の投手が代わった7回、雄平の2ランでヤクルトがついに先制する。巨人は8回、阿部のタイムリーで1点差とするが、あと1点を奪えずゲームセット。ヤクルトがこのカード1勝1敗とした。

先発の田口は6回無失点。これだけ見ると好投に見えるが、与四死球はなんと8。ヒットも4本打たれていて、よくこれだけランナーを出して失点しなかったなというピッチングだった。完璧なピッチングより逆に難しいんじゃないだろうか。援護がなかったのは残念だが、まあテンポが悪かったのも確かだし…。

2番手の篠原が打たれて負け投手となったが(プロ初黒星)、これも四球でランナーを出してからのホームランだった。終盤での2ランだったので痛かった。あとは3番手の中川が今季初登板。2年目のサウスポー。昨年は2試合に登板した。今日は1イニングを抑えたし、昨年以上の活躍を期待したい。

打線は小川を打てず。どうも試合ごとにムラがあるな。ただ今日良かったのは阿部にタイムリーが出たこと。しばらく打点を挙げられてなかったので、これでまた調子を上げてくれれば。

明日の先発は巨人が内海、ヤクルトが星。内海は昨年ヤクルトに対して2試合に投げ、2勝0敗、防御率1.80。得意にしていたが、神宮ではこの2年投げていないのでそこが少し不安でもある。対する星はドラフト2位ルーキー。ここまで一軍では6試合投げているが、いずれもリリーフでの登板。明日がプロ初先発となる。前回登板では4イニングを投げておりスタミナは問題なさそうだが、初先発のプレッシャーはあるはずで、そこを突けるか。

posted by K at 23:28 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

2017.04.28 巨人7-0ヤクルト

初回、坂本のタイムリーで巨人が先制。さらにマギーに3ランが出て、いきなり4点を先制する。3回には石川に移籍後初となる2ランが出て2点を追加。4回にもマギーのタイムリーで1点を追加し、この時点で7-0と大量リードを奪う。大量援護をもらった投手陣はランナーを出しながらも得点を許さず、7-0で巨人が快勝した。

先発のマイコラスは6回無失点。マウンドに上がる前に4点の援護をもらい、かなり楽になったのではないかと思う。ランナーを出しながらも要所を抑え無失点だった。ただ、欲を言えばもう1イニングくらい投げてほしかったところではある。

中継ぎもランナーを出しながら無失点。カミネロはしばらく投げてなかったし調整ということでいいと思うけど、池田の登板がちょっと多くなってきているのが気になるところ。たぶん信用されてきたってことなんだと思うけど、今日は点差もあったし乾や山口でもよかった気がする。下手に点を取られて相手に勢いを与えないようにということだったのかな。

打線は序盤に大量点。今日は阿部がスタメンを外れたが、それを感じさせない勢いだった。特にマギーの調子がかなり良い。マギーが良いからこそ今日みたいに阿部を休ませられる。良い補強をしたと思う。そしてもう1人、石川は移籍後初ホームランを含む3安打。このホームランが巨人の外野手全体でも今季第1号となった。外野手のレギュラー争いでは一歩リードか。他の選手たちも刺激を受けて調子を上げてくれればいいな。

明日の先発は巨人が田口、ヤクルトが小川。前回、7回1失点の好投を見せた田口。ヤクルト戦は今季初登板。昨年は2試合に投げて0勝1敗、防御率1.50。ただ神宮では昨年投げていないので、そこがどうなるか。対する小川とは今季初対戦。小川は昨年は巨人戦4試合に投げ、2勝1敗、防御率2.60。シーズンの防御率が4.50だったので得意な方だった。明日も序盤から打って田口を楽にできるか。

posted by K at 23:16 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

2017.04.27 巨人0-1広島

巨人・宮國、広島・大瀬良の両先発の好投により、4回まで0-0。5回、會澤の犠牲フライによって広島が先制する。先制された巨人はその後、毎回ランナーを出すものの、どうしても点を奪うことができない。結局最後まで無失点で抑えた広島が逃げ切り、このカードの勝ち越しを決めた。

先発の宮國は6回1失点。宮國はここ数年中継ぎで活躍しており、一軍での先発は2014年10月6日以来(このときも広島戦)だったが、上々の結果だったのではないだろうか。許したヒットは3で全部単打。唯一の失点は犠牲フライ。四球も0とかなり良かったと思う。今日は援護がなく負け投手となってしまったが、次も先発だろう。

打線はわずか4安打。今日は阿部に4打席ともランナーありの状況で回ったのだが、阿部がノーヒットだった。阿部の調子が落ちてきたかなあ。阪神戦でスタメンを外れて以降、まだ1安打。そもそもスタメンを外れたのが下半身の張りによるものらしいけど、まだ万全じゃないのかも。治るなら多少休んでも良いと思うが、どんなもんなんだろうか。

このカードは1勝2敗。敵地で、現在首位の相手に1勝2敗なので良しとすべきなのかもしれないが、前回巨人のホームで3連敗しているだけにできれば勝ち越したかった。負けた2試合も1点差だったのでより悔しい。ただ投手陣が前回より好投できたのはいい傾向だ。次こそ勝ち越しを。

明日からは神宮でヤクルトとの3連戦。明日の先発は巨人がマイコラス、ヤクルトが石川。前回、6回4失点で今季初黒星を喫したマイコラス。4四死球と制球も良くなかったので、そこさえ改善すればいけるはず。対する石川とは今季初対戦。今季はここまで4試合で2勝1敗、防御率2.88となかなかの成績を残している。37歳のベテランながら開幕投手を務めるなど、今季も元気だ。昨年は2度対戦して1勝1敗、防御率4.26。広島戦では湿り気味だった打線が調子を取り戻せるか。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 23:18 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

2017.04.26 巨人6-7広島

初回、中井のホームランで巨人が先制。2回には立岡の2点タイムリーが出て、巨人が3点差とする。しかしその裏、広島が安部のタイムリーで1点を返すと、4回には鈴木、松山のタイムリーで同点に。そして6回には會澤の2点タイムリーと堂林の犠牲フライで、広島が3点を勝ち越す。直後の7回、巨人は中井の内野ゴロの間と坂本のタイムリーで1点差と迫るが、その裏、安部のタイムリーで広島が2点差に。9回、立岡の内野ゴロの間に1点を返し、巨人は再び1点差としたもののあと一歩及ばず、広島が接戦を制した。

先発の大竹は6回途中4失点。今日は大竹が悪かったな。3点のリードを守れなかったのもそうだし、6回に先頭打者に四球を出して降板したのもその後の3失点につながった。今日大竹が出した四球は2つだが、どちらも回の先頭打者に与え、それがどちらも失点につながった。やはり四球は怖い。

今日は池田、篠原の若手中継ぎ陣も流れを止められなかった。最終的に1点差の試合だったので、池田がもう少し踏ん張れれば、篠原のあの1点がなければ、と思うが、これを糧にしてほしい。ちなみに篠原はこれがプロ初失点となった。

打線は最後まで食らいついたが、あと一歩及ばず。今日は立岡と中井の打順を入れ替えたが、結果この2人で5打点を挙げているので効果はあったと思っていいのかな。展開的には1点差に迫って阿部、マギーに回った7回にもっと点を取りたかった。

これで1勝1敗。広島には前回東京ドームで3連敗しているので、敵地ではあるが明日勝って勝ち越したい。明日の先発は巨人が宮國、広島が大瀬良。マイコラスを中5日で持ってくるか、それとも2軍から誰か上げるかと思っていたら、一軍では中継ぎをやっていた宮國に先発を任せたか。ただ宮國は今季、一軍に上がるまではずっと先発として調整していたはずなので、先発でも大丈夫だと思う。対する大瀬良とは今季2度目の対戦。前回は7回5失点と巨人は大瀬良を打ったが、このときは抑えのカミネロが大誤算で逆転負けを喫していた。なので打線は悪いイメージはないと思う。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 23:34 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする