2017年09月17日

2017.09.17 巨人6-1DeNA

初回、村田の2点タイムリーで巨人が先制。2回にもマギーのタイムリーで1点を追加する。さらに5回には小林のタイムリー、ピッチャー畠のプロ初安打・初打点となるタイムリー、陽の犠牲フライで3点を追加、6-0とする。DeNAは9回に柴田のタイムリーで1点を返すが反撃が遅く、これでゲームセット。巨人とDeNAの今季最終戦は巨人が制した。

先発の畠は7回無失点。3位を争うDeNAとの最後の直接対決で5回までノーヒット、7回無失点という快投を見せた。本当に勝負強い。与四球5は今後の課題だが、ナイスピッチングだった。

打線は、今日は集中打が出た。ピッチャーの畠にもプロ初安打・初打点のタイムリーが出たし、今日は良かったと思う。

3位を争うDeNAとの最後の直接対決が終了。巨人が1ゲーム上にいて、巨人が残り12試合、DeNAが残り11試合となる。残りの対戦相手と今季の対戦成績を見ると、

巨人
対広島 残り2試合(7勝16敗)
対阪神 残り3試合(12勝8敗2分)
対中日 残り3試合(13勝9敗)
対ヤクルト 残り4試合(13勝8敗)

DeNA
対広島 残り2試合(12勝11敗)
対阪神 残り5試合(7勝13敗)
対中日 残り3試合(12勝7敗3分)
対ヤクルト 残り1試合(16勝8敗)

これを見ると、巨人の方がやや有利かなと思う。巨人は苦手な広島と残り2試合のみなのに対し、DeNAは負け越している阪神との対戦がまだ5試合残っている。またともに勝ち越しているヤクルト戦が、巨人は4試合あるのに対してDeNAは1試合しかない。巨人はこの有利な点を活かせるか。

明日からはナゴヤドームで中日との2連戦。このところ2連戦は1勝1敗が続いているので、ここで2連勝して勢いに乗りたいところ。明日の先発は巨人が田口、中日が笠原。中5日が続いている影響もあるのかわからないが、このところやや調子を落としている田口。ナゴヤドームでは今季2戦2勝と相性が良いが、良いピッチングを見せられるか。対する笠原とは今季3度目の対戦。しかし過去2試合はいずれもリリーフでの登板だったため、先発としては初対戦となる。笠原はドラフト4位ルーキー。ここまでは15試合に投げて0勝2敗、防御率4.21。今月に入ってから先発に転向し、4回2失点、5回1失点とまずまずのピッチングを見せている。打線は今日のように序盤から点を取りたい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 23:30 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

2017.09.16 巨人0-1DeNA

先にランナーを出したのは巨人だったが、先制したのはDeNA。4回、梶谷のホームランで1点を先制する。その後は両チームの投手陣が好投し、なかなか次の1点が入らない。結局このままゲームセットとなり、最後の直接対決2連戦の初戦はDeNAが勝利。同率3位となった。

先発のマイコラスは7回1失点。中5日ながら梶谷のホームランによる1失点に抑えたが、援護がなく負け投手となってしまった。マイコラスは2ヶ月半の間ずっと2失点以下で来ているのに、ここ4試合中3試合で援護が1点以下という貧打のせいでなかなか勝てていない。不憫でしょうがない。

打線は相手を上回る6安打を打ちながら無得点。チャンスで打てない。打てない日はだいたいパターンも同じなのでもう言うこともない。

明日の先発は巨人が畠、DeNAが濱口。DeNAとの今季最終戦はルーキー対決となった。この2人は8月20日にも投げ合っており、その際は畠が8回1失点、濱口が5回6失点で畠が勝ち投手となった。しかし濱口も9月3日の巨人戦では8回無失点の好投を見せている。畠は2戦2勝、防御率1.20とDeNAとの相性が良さそうなので、打線がしっかり打てば勝てる。明日勝った方がシーズン3位に大きく近づく。なんとしても取りたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:50 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

2017.09.14 巨人2-2阪神

初回、大山の2点タイムリーで阪神が先制。その後は巨人・菅野、阪神・秋山、両先発がランナーを出しながらも踏ん張り、7回まで2-0が続く。8回、陽のタイムリーで巨人が1点を返す。さらに9回には長野のタイムリーが出て同点、試合は延長戦に。その後は両チームのリリーフが踏ん張り、このままゲームセット。この3連戦で2試合目の引き分けとなり、3連戦は巨人の1勝2分となった。

先発の菅野は7回2失点。立ち上がりに2点を奪われたが、その後は立ち直った。援護がなかったので勝ちはつかなかったが、負け投手にならなくて良かった。今季の残り登板試合は多くて3試合だと思うが、あと全部勝ち投手になるようなピッチングを見せてほしい。

中継ぎは今日も頑張った。マシソン、カミネロを10回までで使ってしまったが、その後の池田と西村もなんとか抑えてくれた。引き分けに持ち込んだのは大きいと思う。

打線は終盤に追いついた。ただ、やはり追いつくまでで、勝ち越せない。今日は2番マギー、4番阿部が2安打したが、3番坂本、5番村田、6番亀井がノーヒットだった。全員の調子が上がらないと、なかなかつながらない。とくに坂本が上がってこないとだな。

勝てなかったが、負けなかった。DeNAが敗れたため、差は1ゲームと開いて、週末の直接対決へと向かう。土曜日からの最後の直接対決は2連戦。終盤ということで日程も変則的で、土日が東京ドームでDeNA戦、月火がナゴヤドームで中日戦、そして水曜日がふたたび甲子園で阪神戦。3つの球場での5連戦となる。最初のDeNA戦で連勝できればものすごく大きい。逆に連敗すると順位がひっくり返り、相手を勢いづかせてしまうのでこれは避けたい。1勝1敗ならばゲーム差は変わらないので巨人有利か。巨人の先発は畠とマイコラスで間違いない。DeNAは順番通りなら井納、石田となる。巨人はとにかく打線が打てるかどうかにかかっている。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:55 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

2017.09.13 巨人7-2阪神

2回、小林のタイムリーで巨人が先制。さらに阪神のエラー、陽のタイムリー、そしてマギーの3ランホームランが出て、この回6点のビッグイニングとなる。さらに4回には橋本の犠牲フライで1点を追加。阪神は毎回安打でチャンスを作るものの得点ができず、反撃は9回の糸井の2ランホームランのみ。巨人が快勝で3位に浮上した。

先発の吉川は6回無失点。8安打を打たれながらもピンチをことごとく凌ぎ、ようやく今季初勝利を挙げた。正直遅いけど、ここで出てきてくれたのは大きい。今日は大量リードで気持ちも楽だったっていうのもあるだろうが、ここからのピッチング次第ではこれまでがチャラになる可能性もある。次も期待したい。

打線は2回に猛攻。序盤に大量点を挙げる理想通りの展開に持ち込んだ。陽はなんと5打数5安打。ただ5回以降もヒットは出ていたのに無得点だった。ここが改善すればさらに良くなるんだけど。

今日はDeNAが広島に敗れたため、ついに順位が入れ替わって巨人が3位に立った。残りは巨人が15試合、DeNAが14試合。ここまで来たらなんとしても3位になりたい。まずは明日勝って、土曜日からの最後の直接対決に備えたい。

明日の先発は巨人が菅野、阪神が秋山。9試合連続1失点以下で、8試合連続で7回以上を投げている安定感抜群の菅野。阪神戦は今季2試合投げ、1勝1敗、防御率2.40。シーズンの防御率よりは悪いが、まあ菅野はあまり心配していない。問題は打線が打てるかだ。秋山とは今季3度目の対戦。過去2試合は1勝1敗、防御率1.93。実はこの2試合とも、菅野と秋山の投げ合いとなっている。1度目は菅野が8回4失点、秋山が7回2失点で秋山の勝ち、2度目は菅野が7回無失点、秋山が7回1失点で菅野の勝ち。安定しているのは秋山の方だ。ただし秋山は先週、広島に5回6失点と打ち込まれ敗戦投手になっている。とにかく先制できるかどうか。先制したらあとは菅野に何とかしてもらおう。なお、もし明日巨人が勝ち(=阪神が敗れ)、広島が勝つと、広島の2年連続のセリーグ優勝が決まる。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:23 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

2017.09.12 巨人5-5阪神

初回、福留の2点タイムリーで阪神が先制。2回には上本、糸井、福留の3者連続タイムリーで3点を追加し、2回までに阪神が5点をリードする。巨人は3回、長野のホームランで1点を返すと、4回には亀井のタイムリー、長野の2点タイムリーで3点を返し1点差とする。そして9回、橋本のヒットに阪神のエラーが絡んで、巨人がついに同点に追いつく。試合は延長戦に入り、両チームともランナーは出したがあと1本が出ず、試合は引き分けとなった。

先発の田口は6回5失点。おそらく4本柱が投げる機会を増やしたいということで中5日での登板となったが、2回までに5点を取られるというまさかの立ち上がりになった。その後は立ち直ったけど、やっぱり調子は落ちているのかなあ。結果だけ見ると最近は畠の方が良いし。中5日が続いているのも影響があるのかもしれないが、今後の日程を見ると、田口はおそらく今後も中5日が続く。踏ん張ってほしい。

一時は5点のビハインドになったが、今日は中継ぎが頑張った。池田と田原が1イニング、カミネロとマシソンは2イニングずつ投げ、全員無失点に抑えた。カミネロはこのところ安定してきたし、最近不調のマシソンも今日は2イニング無失点ということで、これが復調のきっかけになればと思う。

打線は5点差を追いついた。それは良かったんだけど、終盤は押していながら勝ち越すことができなかった。9回は同点に追いついてなおノーアウト2,3塁、12回は阿部にバントをさせて1アウト2,3塁のチャンスがありながら後続が凡退した。なので試合終了後の感想としては勝てなかった試合という印象の方が強い。この試合を勝てるようにならないときついかもなあ。

明日の先発は巨人が吉川、阪神が岩田。宮國が抹消されてたの気が付かなかった…。吉川は6月28日以来の一軍登板。先発は6月7日以来となる。二軍では6試合に登板し、防御率1.24と好投しているが、一軍でどうなるか。非常に大事な時期なので、まずは5回は投げ切って試合を作ってほしい。対する岩田とは今季初対戦。岩田は今季初登板が7月27日と遅かったが、そこから7試合投げ、2勝0敗、防御率3.46。防御率はまずまずだが、この1ヶ月は勝てていない。吉川がどれだけやれるか未知数なので、序盤から点が欲しい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする