2019年07月20日

2019.07.19 巨人6-7広島

初回、広島のエラーで巨人が先制。巨人は3回に岡本のホームランで1点、4回には大城、若林のタイムリー、阿部の犠牲フライで3点を追加し、5点をリードする。しかしここから広島が反撃。その裏、鈴木のタイムリーで1点を返すと、5回は西川のタイムリー、6回は安部のホームラン、7回は菊池のタイムリーで1点ずつを返し、1点差に迫る。巨人は8回、坂本のホームランで1点を追加するが、その裏、松山のタイムリー、そして曾澤の2ランホームランで広島が3点を取りついに逆転。巨人は5点差をひっくり返される大逆転負けとなった。

先発の菅野は7回途中4失点。4回までに5点のリードをもらい、自身も3回まではパーフェクトピッチングと完全に勝つ流れだったが、ここですいすいと行けないのが今季の菅野か。悪い流れのままリリーフに渡すというのが昨年までの菅野を見ているととても信じられなくて、ショックだった。

それでもデラロサが後続を抑え、坂本のホームランで再び流れを引き寄せたかに見えたが、マシソンがまさかの3失点。マシソンは今季11試合目の登板にして初失点なので、これで信頼を失うということはないと思うが、よりによって広島戦で打たれるとは…という感じ。

打線は大瀬良から5点を奪ったが、その後なかなか追加点を取れなかった。坂本のホームランより前に1点でも取れていれば流れは全然変わっていたと思うが、リリーフ陣を打てなかった。

この負け方は普通に負けるよりよっぽど痛い。こっちが痛いだけならいいが、これで広島を起こしてしまわないかがとにかく心配。5月のように勢いを取り戻してしまわないように、巨人が広島の勢いを鎮めなければいけない。

明日の先発は巨人が今村、広島が床田。前回の広島戦では5回1失点とまずまずの投球を見せた今村。嫌な流れを止めてほしい。対する床田とは今季4度目の対戦。過去3試合は床田から見て1勝1敗、防御率3.78。チーム状態の悪化もあり、しばらく勝てていない床田。巨人打線は今日は勝てなかったとはいえ6点取っており、調子は悪くない。明日もこれくらい取りたい。
タグ:野球 巨人 広島
posted by K at 01:23 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

2019.07.17 巨人4-5ヤクルト

初回、バレンティンのタイムリーでヤクルトが先制。4回、坂本のホームランで巨人が同点とするが、5回、青木の3ランホームランとバレンティンのホームランでヤクルトが一挙4点を勝ち越す。巨人は直後の6回、坂本の2打席連続となる2ランホームランと亀井の犠牲フライで1点差に迫るが、続くチャンスを逃すと、その後もランナーは出すもののあと1本が出ず、このままゲームセット。巨人の連勝は5でストップした。

先発のメルセデスは5回途中3失点。4回まではランナーを出しながらも1点で粘っていたが、5回に連打を浴びて降板し、続く大江がホームランを打たれた。前回は良かったのだが、間隔があいたのが逆に良くなかったか。

打線は坂本が2発打ったが勝てず。坂本はまた調子が戻ってきただろうか。今日の2本でホームラン、打点がともにリーグトップとなった。打率は現在リーグ7位だが、1位の中日・高橋が小指の靱帯断裂で登録抹消。2位の広島・鈴木とは6厘差であり、三冠王も十分狙える成績だ。坂本が個人タイトルにこだわっているかはわからないが、坂本が打てば当然それだけチームが勝つ確率も高まるので、チームのために打って、そして個人タイトルも獲ってくれれば最高だなと思う。

木曜日は休みで、金曜日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。5月下旬以来、約2か月ぶりの対戦となる。前回の対戦時は広島が絶好調で首位攻防戦であり、広島が勝ち越したが、その後状況は一変。交流戦では巨人が4つ勝ち越したのに対し、広島は7つ負け越して単独最下位。さらにリーグ戦再開後は引き分けを挟んで11連敗と約3週間勝ちがない状況が続き、現時点では借金6の5位となっている。だが、それでも巨人にとって広島はやはり怖い存在なのは変わらない。調子の悪くなる前とはいえ今季も巨人は広島に負け越している。現在広島とは12ゲームの差があるので、そうそうひっくり返されることはないと思うが、もしここで3連敗でもしようものなら広島が一気に息を吹き返す恐れがあるし、もしCSに上がってきたら怖い存在になる。だからこそせめて1勝、できれば勝ち越して、広島をこのまま下位にとどめておきたい。とにかくまず1勝だ。

posted by K at 00:48 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

2019.07.15 巨人7-4ヤクルト 07.16 巨人6-3ヤクルト

15日 2回、炭谷の犠牲フライで巨人が先制。3回、バレンティンの内野ゴロの間にヤクルトが同点。4回、炭谷のタイムリーで巨人が勝ち越すが、その裏、バレンティンのタイムリーと村上の2点タイムリーでヤクルトが3点を取り逆転する。巨人は直後の5回、坂本のホームランで1点を返すと、8回、ビヤヌエバのタイムリーで同点に追いつき、試合は延長戦へ。そして11回、ヤクルトのエラーで巨人が勝ち越し。さらに亀井の2ランホームランで突き放した巨人が勝利。後半戦白星スタートとなった。

16日 初回、岡本の2ランホームランで巨人が先制。2回には山口がスクイズを決め1点を追加する。ヤクルトは3回、バレンティン、村上のタイムリーと雄平の犠牲フライで3点を取り同点とする。しかし直後の4回、亀井のタイムリーで巨人が勝ち越し。7回、亀井が今度はホームランを打ち1点を追加。8回にも小林のタイムリーで1点を追加し、逃げ切った巨人が連勝。前半戦から続く連勝は5に伸びた。

投手陣では今日先発した山口が7回途中3失点で10勝目。両リーグ最速の2ケタ勝利到達となった。昨年は規定に到達しながらも9勝どまりだったため、7月半ばにして早くも勝ち星は昨年を超えた。自己最多は2016年の11勝だが、今の調子ならこれも超えそうで、どこまで伸ばすか楽しみだ。

また、チームが勝ち続け、僅差の試合が多いため、田口や中川はフル回転。中川は7月の11試合中8試合、田口に至っては11試合中9試合に登板ととんでもないペースになっている。今チームは絶好調で、今後調子を落とす時もきっと来ると思うので、勝てるときに最善を尽くして勝っておくというのは大事だと思うが、今の時期にこれだけ投げてしまうと終盤戦やポストシーズンの大事な時期に疲れが溜まってしまうのではないかという心配もある。原監督がうまくやりくりしてくれればいいが。

打線では亀井が2試合連続ホームランと好調。もうすぐ37歳とは思えない元気なベテランだ。亀井に関してはたまにスタメンから外して休ませたりしているので、うまく使えていると思う。陽や重信も調子がいいのでそういうことができるのだろう。

明日の先発は巨人がメルセデス、ヤクルトが山田。前回、7回無失点の好投を見せたメルセデス。中10日と休養も十分で、明日も好投を期待したい。対する山田とは今季初対戦。今季は5試合に投げ、1勝0敗、防御率3.07。前回の登板でソフトバンク時代以来2年ぶりの白星を手にした。打線が打って、勝ちパターンを出さなくてもいいくらいの差をつけられれば理想的。

posted by K at 01:11 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

2019.07.10 巨人4-1阪神

初回、丸のホームランで巨人が先制。2回には炭谷のタイムリー、坂本の2点タイムリーで3点を追加する。阪神は6回、マルテのタイムリーで1点を返す。しかし続くチャンスで点を取れずに終わると、その後は巨人のリリーフ陣がリードを守り切りこのままゲームセット。巨人は阪神に3連勝。貯金を今季最多の17とし、前半戦を終えた。

先発の今村は6回途中1失点。5回までは3安打無失点と素晴らしいピッチングだったが、6回に突如崩れ、3連打で1点を失ったところで降板となった。代えるの早いなと思ったが、勝てる試合を確実に取るためと考えれば仕方ないところか。実際勝ったわけだし。

打線は序盤に大きくリードを奪った。序盤にリードすると投手も楽になるだろうし、いい形で点が取れている。3回以降無得点なのは後半戦への課題ということで。

オールスター前の9連戦を8勝1敗というほぼ最高の形で終えた。前半戦は80試合を終えて48勝31敗1分。2位のDeNAと阪神に9.5ゲームという圧倒的な差をつけた。この2チームは借金2であり、巨人にとっては初めての2位以下が借金の状態での前半戦首位ターンとなる。これだけ差があると油断しそうだが、ほかならぬ巨人が過去にこれ以上の差をひっくり返したことがあるのでまだまだ油断はできない。後半戦も一戦必勝で行きたい。後半戦はオールスターを挟んで15日から。巨人は長野と神宮でヤクルト戦となる。

なお、オールスターには坂本、岡本、菅野、山口の4人が出場。活躍してほしいと思う一方、多少体も休めてほしいところ。岡本と菅野は他チームの選手との交流で復活のきっかけをつかんでくれるといいなと思う。


タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 22:53 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.07.09 巨人1-0阪神

巨人・桜井、阪神・ガルシア、両先発が好投し、なかなか点が入らない。両チーム無得点のまま7回まで終了する。そして迎えた8回、1アウト3塁から代打・中島の内野ゴロの間に1点が入り、巨人が待望の先制点を挙げる。このリードを中川、マシソン、田口のリレーで守り切った巨人が連勝。カードの勝ち越しを決めた。

先発の桜井は7回無失点。3回3失点だった前回登板から立て直し好投を見せた。8回に味方が先制したため、4勝目も手にした。これで後半戦もひとまずローテ入りは間違いないだろう。後半戦も大活躍を期待したい。

8回を中川が抑えた後、9回はマシソンがあっさり2アウト。このままいくのかと思ったらここで田口にスイッチし、田口が最後のアウトを取った。マシソンの負担を軽くしたということだが、なかなか思い切った采配だった。結果抑えたんだし成功だろう。ただこれでマシソンが3連投、田口は4連投になったので、できれば明日は休ませたいところだ。

打線は1点。相手先発ガルシアの好投でチャンスもほとんどなかったが、そんな中でビヤヌエバが出塁し、代走で増田が登場。バントで3塁に進み、中島の内野ゴロで1点を挙げた。増田の存在感が日に日に増している。一方で9回はノーアウト1,2塁から岡本にバントをさせて(岡本はプロ初バント)1アウト2,3塁のチャンスを作ったが、3塁ランナーの坂本が牽制死、その後亀井がヒットを打ったものの2塁ランナーの丸がホームタッチアウトで点が入らないというチグハグな攻撃になってしまった。こういうのは少なくしていきたい。

明日の先発は巨人が今村、阪神がメッセンジャー。前回、6回の壁を越えて7回もマウンドに上がったが、そこではアウトを取れなかった今村。明日はその7回を投げ切るのを目標にしてほしい。9連戦の最後で中継ぎも疲れているので、もちろんもっと投げてくれてもいいけど。対するメッセンジャーとは今季2度目の対戦。前回は4回6失点とメッセンジャーを攻略し、試合も勝利した。メッセンジャーはその後もそれほど好調というわけではなく、今季ここまで3勝6敗、防御率4.34となっている。すでに7.5ゲーム以上の差をつけて前半戦を終えることは決まっているが、せっかくならば勝って前半戦を終えたい。さっきも書いたように中継ぎも結構登板しているので、打線の奮起を期待したい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 01:12 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする