2019年05月19日

2019.05.19 巨人4-5中日

初回、坂本、亀井のタイムリーで巨人が2点を先制。しかしその裏、福田の内野ゴロの間に中日が1点を返す。5回、ビシエドの2点タイムリーで中日が逆転。6回には堂上のタイムリーで1点を追加する。7回、岡本のタイムリーで巨人が1点差とするが、8回、大島のタイムリーで中日が再び2点差に。9回、巨人は大城のホームランで1点差とし、さらに1アウト1,3塁のチャンスを作るが、岡本がダブルプレーで試合終了。巨人は連勝ストップとなった。

先発の山口は6回途中4失点。四死球は2と山口としては少なくしたものの、代わりに被安打10。菅野に続いて山口も調子が落ちている。先発が安定しているというのが巨人の最大の強みであるはずだが、その両エースが苦しんでいる。

打線はあと一歩及ばず。最後は岡本のダブルプレーで試合終了となったが、岡本は今日もタイムリーを打って3試合連続打点を挙げており、調子は上がってきている…と信じたい。

火曜日からはDeNAとの3連戦。巨人の主催試合だが、火曜日はひたちなかで行われる(水曜・木曜は東京ドーム)。6連戦となるため、高橋、菅野ともう1人誰か、ということになる。中5日でヤングマンよりは2軍から今村あたりを上げたほうが良さそうな気はする。確実に勝ちこして、広島との3連戦に向かいたい。



タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:07 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

2019.05.18 巨人5-1中日

2回、ゲレーロの2ランホームランで巨人が先制。3回には丸、岡本の連続タイムリーと亀井のダブルプレーの間の1点で計3点を追加、5点のリードを奪う。中日は8回にビシエドのタイムリーで1点を返すが、反撃はその1点のみ。巨人が連勝でカード勝ち越しを決めた。

先発のメルセデスは7回無失点。2回に2アウト2,3塁のピンチを迎えたが、そこを切り抜けるとその後は連打を許さない好投を見せた。味方が早い段階で大きくリードしてくれたのも良かったかもしれない。

打線は序盤にリードを奪った。マルティネスの代わりに一軍に戻ってきたゲレーロが2試合目でさっそくホームランを打った。外国人枠は、ヤングマン、メルセデスは外せないだろうが、残り2枠は今一軍にいるアダメスも含めて安泰ではない。生き残りのためにも活躍を続けていってほしい。

明日の先発は巨人が山口、中日が清水。ここ3試合勝ちがない山口。先週の登板は制球が乱れ、3回で降板した。中日戦は今季1度登板し、7回1失点で勝ち投手になっている。その時の再現を見せてほしい。対する清水とは今季初対戦。清水は高卒2年目の投手で、まだ19歳。ルーキーイヤーの昨年も一軍で2試合に登板。今季は先週初登板を果たし、5回2失点のピッチングで見事プロ初勝利を挙げた。昨日もプロ初登板の勝野に苦戦するなど相変わらず初物に弱い巨人打線だが、ここは3連勝で4連敗した分を返したい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:24 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

2019.05.17 巨人4-1中日

前半は巨人・ヤングマン、中日・勝野の両先発が好投し、5回まで両チーム無得点が続く。試合が動いたのは6回、岡本の2点タイムリーで巨人が先制。さらに亀井の内野ゴロの間にもう1点追加する。その裏、中日もノーアウト満塁のチャンスを作り、福田の犠牲フライで1点を返すが、この1点にとどまる。逆に9回、炭谷のタイムリーで1点を追加した巨人が勝利。連敗を4で止めた。

先発のヤングマンは6回途中1失点。5回までは3安打無四球で0点に抑える好投を見せていたが、味方が先制した直後に3四死球を出して降板となった。先制したのが自分のヒットがきっかけだったので、攻撃のほうで疲れが出たのかもしれないが、そこは修正していってほしい。それ以外は良いピッチングだった。

打線はプロ初登板・ルーキーの勝野に苦戦するも、わずかなチャンスを点に結び付けた。決勝点は岡本で、やっぱり4番が打てればそれだけ勝つ可能性は高くなるということだろう。

明日の先発は巨人がメルセデス、中日が柳。メルセデスは中日戦今季2度目の登板。前回は7回3失点と試合を作ったが、打線の援護がなく負け投手となった。メルセデスは安定しているので、明日も期待。対する柳とは今季初対戦。柳は今季7試合に投げ、3勝1敗、防御率3.30。先週の阪神戦では8回無失点という素晴らしいピッチングを見せた。メルセデスはきっと試合を作ってくれると思うので、打線も着実に点を取っていきたい。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 22:15 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

2019.05.15 巨人8-13阪神

初回、糸井の2ランホームランとマルテのタイムリーで阪神が3点を先制。2回には大山、福留のタイムリーでさらに2点を追加する。巨人はその裏、小林の内野ゴロの間に1点を返すと、3回には石川のホームランで1点、4回には小林のダブルプレーの間の1点と菅野のタイムリーで2点を返し、1点差に迫る。しかし5回、福留のホームランで阪神が1点を追加。さらに6回には木浪のホームラン、糸井の犠牲フライ、大山の2ランホームランで4点、7回には梅野のホームランで1点を追加し、巨人を突き放す。巨人はその裏、丸の3ランホームランで3点を返すが、8回、木浪の2点タイムリーで阪神がさらに2点を追加。その裏、亀井のタイムリーで巨人が1点を返すが、これでゲームセット。乱打戦を制した阪神が連勝、巨人は4連敗となった。

先発の菅野は6回途中10失点(自責7)。最初の2イニングでいきなり5失点、その後持ち直したかに見えたが、さらに失点を重ねた。これで防御率は4.36、被本塁打は13。いつもの菅野と比べて、どころではなくリーグワーストレベルの成績になっている。とくに、あまりにホームランを打たれすぎている。菅野が本来の調子でなければ優勝など無理だし、早急にどうにかしなければいけない。

打線は8点を取ったが及ばず。ここ数試合の得点力不足が解消されたのは良かった。これを続けていきたい。

明日は休みで、あさってからはナゴヤドームで中日との3連戦。とにかくまずは連敗を止めたい。

タグ:阪神 巨人 野球
posted by K at 22:51 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

2019.05.14 巨人2-4阪神

初回、丸、岡本の連続タイムリーで巨人が2点を先制。しかし直後の2回、マルテのホームランで阪神が1点を返す。その後はしばらく試合が動かなかったが、7回、阪神は北條のタイムリーで同点、そして糸原の2点タイムリーで勝ち越しに成功する。その後、巨人は阪神のリリーフ陣からチャンスを作れずゲームセット。巨人は阪神戦の連勝がストップし、今季初の3連敗となった。

先発の高橋は6回1失点。今回も勝ち投手の権利を持って降板したが、後続が打たれた。ここまで登板した6試合すべてを3失点以内に抑えており安定感がすごい。ただ、ここ2試合良くなっていた球数の多さが今日は出て、それが6回での降板につながった。一軍でやっていける実力はあるし、さらなるレベルアップに期待したい。

中継ぎはアダメス、戸根が失点。今季まだ無失点だった2人が失点したことで、また勝ちパターンが分からなくなってしまった。この2人と中川でいけると思ったんだがなあ。まだ1試合だからもう少し様子見ではあるけど。

打線は初回の2点のみ。この3連敗は打線が点を取れていないのが大きな原因で、3試合で4点しか取れていない。今日は非常に幸先良いスタートを切ったのにその後続かず、6回以降はノーヒットだった。さらに坂本の連続出塁もストップ。チームが勝つか、記録が続くかどっちかあればまだよかったが、非常に気持ちが沈んでいる。

明日の先発は巨人が菅野、阪神が岩田。先週、6回5失点ながら打線の奮起で勝ち投手となった菅野。ただ、ここまでの防御率は3.56、被本塁打はすでに9(ちなみに一昨年は1年間、187.1イニングで10だった)と、菅野らしからぬ数字が並んでいる。チームもちょっと落ちてきているが、ここで流れを変えるのがエースの役割。まずはチームを勝利に導いてほしい。対する岩田とは今季初対戦。今季はここまで4試合に登板し、1勝0敗、防御率1.30。ここ2試合は勝ちこそついていないが無失点のピッチングを見せており、調子は良い。打線は19点取ってから反動が来たかのように点を取れていないが、3試合経ったんだからもう反動も終わったころだろう。投打のかみ合った試合を見たい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 21:53 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする