2019年09月20日

2019.09.19 巨人1-2DeNA 09.20 巨人9-4DeNA

19日 6回、坂本のホームランで巨人が先制。しかしその裏、福田のタイムリーで中日が同点に。そして8回、再び福田のタイムリーで中日が勝ち越し。このリードを守った中日が勝利。巨人は3試合連続1点どまりで3連敗。

20日 初回、坂本の2ランホームランで巨人が先制。しかしその裏、ロペスのタイムリーと押し出し四球でDeNAがすぐに同点とする。巨人は2回、亀井のタイムリーで勝ち越すと、3回には大城のホームランで1点、6回には重信のホームランで1点、7回には岡本のタイムリーと阿部の犠牲フライで2点を追加し、5点差とする。DeNAはその裏、大和の2点タイムリーで3点差とし、さらに満塁のチャンスを迎えるが、ここは巨人が凌ぐ。すると9回、坂本、岡本のホームランで巨人がダメ押しの2点を追加。巨人が勝利し、優勝へのマジックをついに2とした。

先発は2試合とも試合を作った。メルセデスは勝てなかったが6回1失点と好投したし、山口は自分が移籍した際の人的補償である平良と投げ合ったが7回途中まで投げた。山口はこれで15勝目となり、勝ち星、勝率、奪三振の3項目で単独トップに。最多勝と最高勝率のタイトルはほぼ確実となった。

打線は3試合連続1点の大不振から今日は5ホームラン。もうちょっと安定して打ってほしいが、大事な今日打ったので良しとしよう。

これでマジック2。明日、DeNAに勝てばその瞬間に優勝が決まる。その明日の先発は巨人が戸郷、DeNAが上茶谷。優勝が懸かった一戦、先発に選ばれたのはなんとドラフト6位の高卒ルーキー、戸郷。高卒ながらすでに二軍では11試合で投げており、防御率3.00とまずまずの成績を残している。本人もまさかこんな場面で大役が回ってくると思っていなかっただろうが、こうなったからには自分が決めてやるくらいの気持ちで最初から全力で行けるところまで行ってほしい。対する上茶谷とは今季2度目の対戦。前回の対戦は5回3失点で勝ち負けつかず。試合はDeNAが逆転勝ちしている。ルーキー対決となったが、打線は戸郷を援護してあげてほしい。そして優勝を決めてほしい。

posted by K at 22:58 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

2019.09.18 巨人1-3中日

序盤は得点が動かず。5回、田中のタイムリーで巨人が先制する。巨人の先発・高橋は6回までノーヒットノーランのピッチングを続け、快挙まであとアウト9つに迫るが、7回、初ヒットを許すとピンチを作り降板。その後、阿部のタイムリーで同点となり、大島の2ランホームランで中日が逆転する。巨人はその後チャンスを作るが点を奪えずゲームセット。巨人は敗れ、マジックは4のまま。

先発の高橋は7回途中2失点。6回までは1四球と2失策があるもののヒットを許さない素晴らしいピッチングを続けていたが、初安打からピンチを作って降板。後続がしっかり2人ともランナーを返したため負け投手となってしまった。打線の援護にも恵まれなかったが、今日はナイスピッチングだった。

打線は坂本がスタメンを外れ、山本がショート、田中がセカンドに入った。その田中がタイムリー、山本はきっかけとなる死球で出塁したが、その1点のみに終わった。ヒットは出ていたがあと1本が出なかった。

明日の先発は巨人がメルセデス、中日が小笠原。メルセデスは9月3日以来の登板。そのときも中日戦で3回途中2失点で降板し、試合も敗れている。ここにきての連敗は避けたいので、まずは試合を作って、最低限6イニングくらいは投げてほしい。対する小笠原とは今季3度目の対戦。過去2試合は1勝1敗、防御率4.91。前回の対戦は6回途中2失点で、試合は中日が勝利している。今日の分も打ちたい。

タグ:巨人 中日 野球
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

2019.09.16 巨人1-2阪神

初回、福留のタイムリーで阪神が先制。4回、小林のタイムリーで巨人が同点に。6回、押し出し四球で阪神が勝ち越し。巨人はその裏、1アウト満塁のチャンスを作ったが、このチャンスを逃すとその後も得点できず、このままゲームセット。巨人は敗れたものの、2位のDeNAも敗れたためマジックは1つ減って4となった。

先発の桜井は6回2失点。炎上した前回からは立ち直ったが、6回に3者連続四球で痛恨の押し出しとなった。まあそれでも試合は作ったし、連続で炎上しないのが今季の桜井のいいところだと思う。

打線はわずか1点。5安打と打てなかった。さらに心配なのが坂本の途中交代。足に張りがあったということで、軽症だとは言うものの心配。優勝がかなり近づいている今、ペナントではそこまで無理しなくても良いと思う。悪化するのが一番怖い。

DeNAが敗れたためマジックは4。水曜日から7連戦となるが、よっぽど失速しなければこの7連戦中に決まるだろう。特に金・土は2位DeNAとの直接対決であり、ここで勝って決まる可能性が高いか。菅野が再び抹消され、坂本も途中交代と体に不安のある選手もいるが、あと少し、優勝まで一丸となって頑張ってほしい。水曜日からはナゴヤドームで中日との2連戦となる。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 20:05 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

2019.09.15 巨人6-5阪神

初回、岡本の2点タイムリーで巨人が先制。直後の2回、梅野のタイムリーで阪神が1点を返す。3回、坂本のホームランで巨人が1点を追加するが、4回、鳥谷の2点タイムリーと木浪のタイムリーで阪神が3点を取り逆転する。阪神は7回には糸原のタイムリーで1点を追加する。巨人はその裏、石川のホームランで1点差とすると、8回にはゲレーロの2ランホームランで逆転。このリードを守り巨人が勝利。マジックを5に減らした。

先発の菅野は4回4失点。一度抹消されてからの復帰登板だったが結果を残せなかった。シーズンは優勝が近づいてきたが、CSはまた別ものであり、頼りになる先発ができれば3人は欲しい。当然菅野にもそこに入ってもらわなければいけない。残りの登板でなんとか立て直してもらいたい。

打線は3ホームラン。昨日は追いつくまでで勝ち越せなかったが、今日は逆転して勝ち切った。ゲレーロは4試合連続ノーヒットと不調だったが、今日は値千金の逆転2ランだった。

明日の先発は巨人が桜井、阪神がガルシア。桜井は11日のDeNA戦で4回5失点と炎上して負け投手に。そこから中4日での登板となる。まだ10勝の可能性も残しているが、10勝のためには明日必ず勝っておきたい。対するガルシアとは今季4度目の対戦。過去3試合はガルシアから見て0勝3敗、防御率5.63。前回登板も4回3失点と攻略している。明日が終わると敵地での7連戦となるため、勝って勢いをつけたい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 21:18 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

2019.09.14 巨人5-6広島

4回、鈴木のホームランで広島が先制。しかしその裏、丸の2ランホームランで巨人が逆転する。5回、広島の守備のミスで巨人が1点を追加。しかし6回、鈴木のタイムリーと松山の2点タイムリーで広島が逆転する。7回、岡本のタイムリーで巨人が同点とするが、8回、松山のタイムリーで広島が勝ち越し。9回、丸のタイムリーで巨人が再び同点とし、試合は延長戦に入る。10回、巨人の守備のミスで広島が再度勝ち越し。このリードを守った広島が勝利。DeNAも勝利したため、巨人のマジックは6のままとなった。

先発の澤村は3回無失点。今日は中継ぎでつなぐブルペンデーで、澤村もおそらく長くて3イニングと最初から決まっていたと思うのだが、3イニングパーフェクト、6奪三振。3イニングで代えるのがもったいないくらいの素晴らしいピッチングだった。まあ3イニングなのがわかってたから全力で行ったのかなとも思うけど。

澤村は完璧だったが、それ以降は全員が不安定。完璧に抑えた投手は1人もおらず、中盤以降は打線が追いついてもすぐに勝ち越されてしまった。中継ぎがそれぞれ1イニングをしっかり抑えて勝つというのがブルペンデーだと思うのだが、今日に関していうなら失敗だと思う。

打線は何度も追いつく粘りを見せたが及ばなかった。9回に追いついてなおサヨナラのチャンスがあったところで試合を決められなかったのが非常に痛かった。

明日からは同じく東京ドームで阪神との2連戦。明日の先発は巨人が菅野、阪神が岩貞。前回、2回4失点のピッチングをした後に突如降板し、登録抹消されていた菅野が復帰。時期が時期だけに心配していたが、最短で戻ってきた。体は大丈夫なのだと思いたいが、ピッチングは戻っているかどうか。対する岩貞とは今季3度目の対戦。過去2試合は1勝1敗、防御率1.38。前回は6回無失点で阪神の勝ち、その前は7回2失点だったが巨人が勝利している。この2連戦も悪くても1勝1敗ではいきたいので、まず明日、菅野で勝っておきたい。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 22:58 | Comment(0) | 巨人2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする