2018年05月26日

平成30年夏場所 14日目●正代

14日目 ●御嶽海(掬い投げ)正代○

立ち合い、御嶽海が踏み込むが、正代が弾き飛ばす。その後は御嶽海が左を差し、右上手も取って寄っていく。しかし土俵際で正代が掬い投げで逆転。土俵から落ちた御嶽海は右足を痛めた様子で、付け人に肩を借りながら土俵を後にした。

内容的には悪くはなかったと思う。前に攻める姿勢は出ていた。ただ、正代の体勢は不利に見えながらもずっと投げようとしていて、最後の最後で御嶽海がこらえきれなかったように感じた。

ただ今日は負けたことよりも足の状態が心配。掬い投げで土俵から落ちた後しばらく立ち上がれず、その後土俵には上がったものの、ずっと右足をかばうようにしていた。肩を借りながらではあるが歩いてはいたので、力士生命にかかわるような大ケガということはないと思うが、明日の出場は状態を見て、ということになるだろう。あと1日なので出たい気持ちもあるだろうが、勝ち越しは決めているし、無理は絶対にしないでほしい。

ということで出場するかはわからないが、明日千秋楽の相手は逸ノ城。過去の対戦は2勝3敗で、先場所は押し出しで御嶽海が勝利した。逸ノ城は今場所西関脇で、ここまで8勝6敗。今日は白鵬を破り、新関脇だった場所以来となる関脇での勝ち越しを決めた。明日、もし出場したとしても万全の状態ではないはずなので、逸ノ城に勝つのは簡単ではないが、勝つにはとにかく組まないことが重要。押して動かなくても我慢したい。

過去の対戦
28春 ●御嶽海(送り出し)逸ノ城○
29秋 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●
29九 ●御嶽海(押し出し)逸ノ城○
30初 ●御嶽海(寄り切り)逸ノ城○
30春 ○御嶽海(押し出し)逸ノ城●


優勝争いは、1敗同士の直接対決を鶴竜が制し、単独トップに立った。そして白鵬は逸ノ城に敗れたため、優勝争いから脱落。優勝は1敗の鶴竜、2敗の栃ノ心のどちらかということになった。明日、鶴竜が白鵬に勝つか、栃ノ心が勢に敗れると、鶴竜の2場所連続の優勝が決まる。鶴竜が敗れ、栃ノ心が勝った場合は、2人の優勝決定戦となる。


タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 19:43 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SHOWROOM総選挙イベント2018 2日目昼終了時点のNGT48メンバーのランキングまとめ

SHOWROOMの総選挙イベント、2日目昼終了時点のNGT48メンバーのランキングまとめ。

5月25日17時時点獲得ポイントランキング(NGT48メンバーのみ抜粋)(カッコ内は前日の順位)

1位(1位)  中井りか  2,896,113 pt
2位(4位)  中村歩加  1,486,480 pt
9位(8位)  西潟茉莉奈  532,052 pt
29位(18位) 奈良未遥   187,505 pt
33位(37位) 西村菜那子  165,913 pt
35位(56位) 清司麗菜   144,510 pt
38位(22位) 山口真帆   137,219 pt
39位(68位) 佐藤海里   132,095 pt
49位(- -位) 小熊倫実   104,909 pt
50位(33位) 本間日陽   103,303 pt
55位(40位) 加藤美南    91,933 pt
82位(75位) 太野彩香    55,016 pt
87位(77位) 高橋七実    47,972 pt
89位(76位) 村雲颯香    46,908 pt
99位(87位) 對馬優菜子   37,338 pt


2日目も2位にダブルスコアで飛ばすりかちゃんと、2位に上がってきたあゆたろう。2位〜4位は非常に僅差だが、暫定的に1位・2位を独占した。学生は昼間は配信できないので朝と夕方以降の勝負になり、17時までのランキングだと朝のポイントのみになるのだが、朝配信でポイントを伸ばしたれいにゃー、つぐみん、かいりあたりは大きく順位を上げている。

今年はSTU勢が非常に強い。12位までに6人が入り、100位までだと23人も入っている。STUの立候補者は33人なので、率でもNGTより人数が多い。昨年はこのSHOWROOMイベントと総選挙の両方でNGTが旋風を起こしたが、今年はSTUがそうなるか。

なお、明日以降もランキングは2回発表されるが、基本的に朝は忙しいので、記事の更新は1日1回になるかもしれない。

タグ:NGT48 showroom
posted by K at 02:57 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SHOWROOM総選挙イベント2018 初日終了時点のNGT48メンバーのランキングまとめ

総選挙を間近に控え、今年も一足早く、SHOWROOMで総選挙イベントがスタートした。ということで、今年もNGTメンバーのランキングをまとめる。

今年は有料アイテム(1G)が投げられるようになったため、課金すれば1時間で何ポイントでも投げられるというのが最大のポイントか。また、ランキング発表が1日2回になり、23:59:59までのランキングが翌日の朝7時に、16:59:59までのランキングがその日の夜7時に発表される。なお、総選挙の当選枠が100位までになったためか、このランキングも100位まで発表されている。


5月24日終了時点獲得ポイントランキング(NGTメンバーのみ抜粋)

1位 中井りか  1,922,696 pt
4位 中村歩加   506,108 pt
8位 西潟茉莉奈  330,121 pt
18位 奈良未遥   187,506 pt
22位 山口真帆   137,365 pt
33位 本間日陽   103,303 pt
37位 西村菜那子   93,910 pt
40位 加藤美南    91,933 pt
56位 清司麗菜    65,638 pt
68位 佐藤海里    57,344 pt
75位 太野彩香    50,569 pt
76位 村雲颯香    48,074 pt
77位 高橋七実    47,972 pt
87位 對馬優菜子   37,338 pt
96位 安藤千伽奈   34,578 pt


一昨年1位、昨年2位のりかちゃんが初日からぶっ飛ばして1位を獲得。2位のSKE野々垣美希(昨年6位)とほぼダブルスコア、3位のチーム8大西桃香(昨年1位)と4倍近くの大差をつけた。忙しいはずなので今後のスケジュール次第だが、毎日少しでもできるならば相当強いと思う。

その他、昨年4位のあゆたろうが4位、昨年7位のがたねぇが8位、昨年8位のみはちゃんが18位と順当に上位スタート。今年初参加のドラフト3期生も、みゆみゆを除く4人がランクインした。このイベントは総選挙本体より期間が長い長期戦なので、ここからの推移をじっくり見守りたい。

タグ:NGT48 showroom
posted by K at 02:32 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年夏場所 13日目○琴奨菊

13日目 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●

立ち合い、御嶽海がすぐにもろ差しになる。琴奨菊は腕を抱えて投げようとするが、御嶽海はしっかりとついていく。一度はもろ差しの状態が解けるが、もう一度もろ差しになると一気に寄っていき、土俵際で粘る琴奨菊を寄り切り。御嶽海は2場所ぶりの勝ち越しを決めた。

今日はとにかく攻め続けたのが良かった。まず立ち合いで勝ってもろ差しになれたのがなにより大きかったが、投げを打たれたり、もろ差しの状態が解けたりしても引いたり叩いたりすることなく、常に前に出ようとしていたのが勝利につながった。

これで2場所ぶりの勝ち越しとなった。栃ノ心の大関昇進が確定的で関脇の枠が1つ空き、平幕に御嶽海を上回るような強い星の力士もいないため、来場所の関脇返り咲きもほぼ確実となった。逸ノ城次第では東関脇もあり得る。あとは残り2日もしっかり勝つだけだ。

明日の相手は正代。過去の対戦は5勝7敗(幕内では5勝5敗)で、このところ正代が連勝中。先場所は下手投げで敗れた。正代は今場所西4枚目で、ここまで8勝5敗。なんといっても今日、ここまで全勝で来ていた栃ノ心を破り勝ち越しを決めた。御嶽海としては突き放していきたいところだが、組むのを避けすぎて引いたりするのは避けたいところだ。


過去の対戦
27夏 ●御嶽海(下手投げ)正代○ ※幕下
27秋 ●御嶽海(寄り倒し)正代○ ※十両
28初 ●御嶽海(寄り切り)正代○
28春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
28名 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29初 ○御嶽海(寄り倒し)正代●
29春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
29夏 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29名 ○御嶽海(下手出し投げ)正代●
29秋 ○御嶽海(叩き込み)正代●
30初 ●御嶽海(押し出し)正代○
30春 ●御嶽海(下手投げ)正代○


上で書いたように、栃ノ心が正代相手にまさかの敗戦を喫し、今場所初黒星。鶴竜、白鵬は勝利し、これで1敗が栃ノ心と鶴竜、2敗が白鵬という形に変わった。優勝争いは千秋楽までもつれることになった。明日は1敗の鶴竜と栃ノ心が直接対決。言うまでもなく、勝った方が優勝に大きく近づく。個人的には巴戦も見てみたいのだが、それが起きるのは明日鶴竜と白鵬が勝利し、あさって栃ノ心と白鵬が勝利した場合のみとなる。ちなみに白鵬は明日逸ノ城と対戦。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 01:57 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.05.25 巨人0-1阪神

5回、糸井のホームランで阪神が先制。菅野にとってはこれが、プロで初めて甲子園で浴びたホームランとなった。結局、今日は行った得点はこれのみ。阪神がカードの初戦を制した。

先発の菅野は8回1失点。4回までは1人のランナーも出さないパーフェクトピッチングを見せていたが、5回に糸井からホームランを打たれた。失点はこの1点だけで完投したのだが、味方の援護が全くなかった。まあ、菅野自体には何の不安もなく交流戦に行けそうだ。

打線は8安打しながら1点も取れず、菅野を見殺しにしてしまった。菅野の試合で、菅野がしっかり抑えているのに打線が打てないという、この負け方がいちばんきつい。ただ、陽が帰ってきたのは心強い。今はゲレーロも長野も亀井もなかなか調子がいいけど、これでさらに陽がいると1人が代打で待機できるわけだから層が厚くなる。

明日の先発は巨人が田口、阪神が小野。徐々に良くなっている…ような気もする田口。そろそろ会心のピッチングも見たい。対する小野とは今季初対戦。小野はここまで7試合に投げ、3勝2敗、防御率3.56。広島戦で防御率6.19と打たれているが、DeNAや中日相手には抑えており、数字よりも手ごわい相手だと考えた方がいいだろう。しかし今日打てなかった分も打ちたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 01:11 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする