2018年01月20日

「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」2公演目(75位〜51位)結果

リクアワの2公演目。75位〜51位の結果。

カッコ内は、曲が発表されたグループ、昨年のリクエストアワーの順位が書いてある。「初」は昨年のリクアワ以降に発表された曲、「圏外」は昨年200位以内に入らなかった曲。

75位 #好きなんだ(AKB 初)
74位 Chain of love(HKT 16位)
73位 制服を着た名探偵(SKE 57位)
72位 僕は愛されてはいない(NMB 初)

70位 祈りはどんな未来もしあわせに変える(チームサプライズ 初)
70位 君のニュース(チームサプライズ 初)
69位 やさしさに甘えられない(チームサプライズ 初)
68位 あなたの代わりはいない(チームサプライズ 初)
66位 制服を脱ぎたくなってきた(SKE 初)
66位 残酷な雨(チームサプライズ 初)
65位 左の腕で連れ去って…(チームサプライズ 初)
64位 話し相手は冷蔵庫(チームサプライズ 初)
63位 思い出せてよかった(STU 初)
62位 誇りの丘(チームサプライズ 初)
61位 お願いヴァレンティヌ(HKT 圏外)

60位 ラスベガスで結婚しよう(チームサプライズ 初)
59位 最初の愛の物語(AKB 178位)
58位 Buddy(HKT 圏外)
57位 恋の指先(HKT 38位)
56位 意外にマンゴー(SKE 初)
55位 ここがロドスだ、ここで跳べ!(AKB 162位)
54位 虹の作り方(NMB 29位)
53位 隣の彼はカッコよく見える(HKT 初)
52位 いじわるチュー(HKT 43位)
51位 NGT48(NGT 5位)

ここで「チームサプライズ」と書いてあるものはすべて、NGTが現在やっている「誇りの丘」公演の曲であり、実質NGTの曲といえるため、この公演はNGT祭りとなった。51位の「NGT48」を含め10曲がランクインした。しかしこれだけ順位が固まっているということは、1公演目の時に書いたが、おそらく「overture」に票を入れた人が「誇りの丘」の曲にも同数、あるいはそれ以上の票を入れたのではないかと思われる。そしてそれ以外の人の票で順位がついているのではないだろうか。

ちなみにこの公演ではNGTが最多だったが、ここまでの50曲の割合は以下のようになっていて、決してNGTだけが多いわけではないことだけは言っておきたい。

AKB(チームサプライズ含む) 13曲
SKE 7曲
NMB 6曲
HKT 12曲
NGT(「誇りの丘」公演含む) 11曲
STU 1曲

ちなみに、NGTでまだ出てきていない曲はこれだけある。「NGT48」が51位に入っていたことを考えると、ほとんどの曲がランクインしているのではないかと思われる。残りの公演も注目。

Maxとき315号
君はどこにいる?
みどりと森の運動公園
青春時計
空き缶パンク
出陣
純情よろしく
暗闇求む
下の名で呼べたのは…
世界はどこまで青空なのか?
僕の涙は流れない
大人になる前に
抱いてやっちゃ桜木町
ナニカガイル
ぎこちない通学電車
下衆な夢(「誇りの丘」公演)


NGT以外では、STUの曲が初登場。「思い出せてよかった」よりは「瀬戸内の声」の方が上だと思うが、「思い出せてよかった」がこの位置にいるのをどう見るか。「瀬戸内の声」に票が集中したうえでこの順位ならば期待できるが、割れてしまってこの位置だとどこまで上位に行けるか。また、チーム8の曲はここまで1曲も入っていない。「47の素敵な街へ」に集中させることができていれば、これだけNGTの曲が入っている(票が分散している)ことを考えると1位も十分あり得るだろう。

posted by K at 13:12 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」1公演目(100位〜76位)結果

今年も「リクアワ」がスタートした。昨年同様、グループリクアワのベスト100の発表となる。今年は初日が1公演、2日目に3公演という変則的な日程で100曲が発表される。まずは初日、100位〜76位の結果。

カッコ内は、曲が発表されたグループ、昨年のリクエストアワーの順位が書いてある。「初」は昨年のリクアワ以降に発表された曲、「圏外」は昨年200位以内に入らなかった曲。

100位 思い出以上(SKE48 98位)
99位 キスは待つしかないのでしょうか?(HKT48 初)
98位 ジッパー(NMB48 62位)
97位 おNEWの上履き(NMB48 81位)
96位 いい人いい人詐欺(SKE48 67位)
94位 初日(AKB48 105位)
94位 サササ サイコー!(NMB48 初)
93位 永遠のレガシー(SKE48 初)
92位 君の瞳はプラネタリウム(AKB48 65位)
91位 お手上げララバイ(チームサプライズ 圏外)

90位 HKT城、今、動く(HKT48 35位)
89位 クロス(SKE48 68位)
88位 もう裸足にはなれない(NMB48 圏外)
87位 自分たちの恋に限って(AKB48 初)
86位 overture(NGT48 ver.)(NGT48 圏外)
85位 LOVE修行(AKB48 58位)
84位 法定速度と優越感(AKB48 初)
83位 365日の紙飛行機(AKB48 27位)
82位 メロンジュース(HKT48 51位)
81位 サヨナラで終わるわけじゃない(AKB48 初)

80位 清純フィロソフィー(AKB48 30位)
79位 ぐにゃっと曲がった(HKT48 初)
78位 最高かよ(HKT48 23位)
77位 ロマンスかくれんぼ(AKB48 59位)
76位 女の子だもん、走らなきゃ!(HKT48 61位)

例年通り、初登場の曲あり、昨年圏外からジャンプアップの曲あり、昨年は最終公演で出た曲など様々。過去に1位を獲得した曲も2曲(「初日」、「清純フィロソフィー」)出た。続けてランクインしている曲はやはり根強い人気曲が多いなという印象。今回からついに対象曲が1000曲を突破し、100位でもかなり上位になるので当然か。

今日最大のサプライズは86位の「overture(NGT48 ver.)」だろう。「overture」はすべての公演の初めに必ず流れる曲だが、メンバーが歌っている曲ではない。DJ TAZさんという方が歌っている曲である。そのため当然ランクインする可能性はかなり低く、過去に入ったことがあるのは対象曲が100曲無かった(つまり全曲披露された)最初の年と、全曲の順位を発表した2015年のHKT ver.のみとなる(このときは実際に披露する200位以内に入った)。対象曲が1000曲以上ある中で100位以内に入るのはかなり異例である。NGT推しの当ブログとしてもなんで入ったのかよくわからないが、明日の3公演でNGTの曲が大量に入る可能性が出てきたともいえる。「overture」に入れるっていうのは相当の物好きか相当のお金持ちで、たぶん後者だと思われる。その場合、「overture」以外の曲にもそれなりに票を入れている可能性が高いからだ。今日の公演ではNGTの曲はこれだけだったが、明日の3公演は結構な数の曲が入っているかもしれない。注目だ。

そして今日発表されたのが、NMB48の市川美織の卒業。97位の「おNEWの上履き」を歌った後、自ら発表した。みおりんはAKBの10期生としてデビューし、その後NMBに兼任を経て移籍。デビューしてすぐのころから「フレッシュレモン」として多くのテレビにも出ていたためいまだにAKBのイメージも強いが、実はAKBとNMBの在籍期間はほぼ変わらないくらいNMBに在籍している。さすがに昔と比べて顔が年齢に追いついてきたような気はするが、もうすぐ24歳になるようには見えない。今後も芸能界での活動は続けていくとのこと。キャラは不思議ちゃんのように見えるがたぶん頭は良い子だと思うので、卒業後も活躍できるんじゃないかと思う。

明日は朝10時から、75位〜51位が、昼2時から、50位〜26位が、そして夜6時から、25位〜1位が発表される。

posted by K at 02:23 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年初場所 6日目○北勝富士

6日目 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●

立ち合い、より低く当たったのは北勝富士。しかし、御嶽海もすぐにその下から北勝富士を突き起こす。胸の下を押していくと相手の上体が起き、そのまま一気に押し出し。ライバル対決を制し、初日からの連勝を6に伸ばした。

先場所は北勝富士に完敗した御嶽海だったが、今場所は一転して、相手に反撃を許さない完勝となった。内容も、御嶽海本来の相撲である下からの突き押しを徹底した見事な相撲。北勝富士も相当地力がついてきているはずだが、土俵際で粘る隙も与えなかった。本当に心も体もノッているんだと思う。

明日の相手は嘉風。過去の対戦は3勝3敗で、初対戦から嘉風が3連勝したが、その後御嶽海が3連勝中。嘉風は昨年、初場所から秋場所まで5場所連続勝ち越しを続けていたが、先場所6勝9敗と負け越して今場所は平幕(東前頭2枚目)に落ちた。今場所は3連敗スタートとなったが、4日目に白鵬、5日目に稀勢の里を破って金星2つを獲得。さらに今日は豪栄道も破り、2横綱1大関に勝って3勝3敗と実力を発揮している。注意が必要な相手だ。御嶽海はこのところ3連勝しているが、内容で圧倒しているイメージはない。嘉風にはとにかく先手を許していることが多いので、まず立ち合いで有利な形を作りたい。

過去の対戦
28秋 ●御嶽海(押し出し)嘉風○
28九 ●御嶽海(上手出し投げ)嘉風○
29夏 ●御嶽海(叩き込み)嘉風○
29名 ○御嶽海(寄り切り)嘉風●
29秋 ○御嶽海(叩き込み)嘉風●
29九 ○御嶽海(引き落とし)嘉風●

さて、昨日敗れて1勝4敗となった稀勢の里は、その相撲で左胸のあたりを痛めたということで今日から休場となった。休場は5場所連続となる。一応、ケガによる休場ではあるが、そうでなくても4日目までに3敗しているわけで、本調子でないのは間違いない。果たして今場所出場したのは正しい判断だったのだろうか、見通しが甘かったのではないかと思ってしまう。次が進退をかける場所になるかどうかはわからない。でも、次に出るときはそのつもりで土俵に上がってほしい。もちろんケガは完全に治したうえで、これ以上はないというくらいの状態になったときに戻ってきてほしい。横綱の仕事は出ることではなく、出て勝つことだと思うので。

5日目時点で全勝だった鶴竜、御嶽海、栃ノ心、朝乃山の4人は6日目も全員勝利した。一方で1敗だった豪栄道、高安の両大関はともに敗れて2敗に後退、1敗は平幕の松鳳山、大栄翔の2人となった。7日目は鶴竜と栃ノ心の全勝対決、さらに全勝の朝乃山と1敗の大栄翔の対戦もある。前半戦の大きなヤマ場となりそうだ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:25 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

平成30年初場所 5日目○玉鷲

5日目 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●

立ち合い、まず攻めたのは御嶽海。玉鷲の体を起こし、相手を押し込む。ここで一度叩き、玉鷲に押し返されるが、再び攻めに転じた御嶽海はハズ押しのような形になり、力強く押し出し。御嶽海は幕内では自身初となる5連勝で序盤戦を終えた。

今日は御嶽海の押し相撲に一段と力強さが見られた。最近は上位に突き押し相撲の力士が多いが(御嶽海、玉鷲、阿武咲、貴景勝、北勝富士、嘉風等)、玉鷲はその中でもパワーはトップクラスだと思っている。しかし今日の御嶽海はその玉鷲を真っ向勝負で押し出した。力がついているのが分かる。

これで序盤戦が終了し、無傷の5連勝。御嶽海の初日からの5連勝は新十両優勝をした平成27年名古屋場所以来(このときは8連勝まで伸ばした)で、幕内に昇進してからは初めてとなる。そして、すでに関脇・小結との対戦は終わり、あとは横綱・大関と平幕との対戦のみとなっている。これは大チャンスだ。

しかし、平幕と言っても油断できない相手ばかり。同期のライバル北勝富士、今場所2横綱を破った嘉風、先場所敗れている逸ノ城、さらに今場所5連勝と絶好調の栃ノ心などとの対戦がまだ残っている。明日以降も気を引き締めていきたい。本人のコメントを見る限り心配なさそうだが。

明日の相手は北勝富士。過去の対戦は2勝2敗で、現在北勝富士が2連勝中。北勝富士は先場所、1横綱2大関を破るなど11勝4敗と活躍し、今場所は自己最高位の東前頭筆頭。今場所はここまで1勝4敗だが、その1勝は横綱の白鵬から挙げ、4場所連続の金星となった。これは1999年の土佐ノ海以来、昭和以降で2人目らしい。このように急激に力をつけている北勝富士だが、御嶽海も今場所は調子がいい。突き押しで互角以上に戦えるはず。ライバルに勝ってさらに勢いをつけたい。

過去の対戦
29初 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29名 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●
29秋 ●御嶽海(寄り切り)北勝富士○
29九 ●御嶽海(押し出し)北勝富士○


序盤戦が終わって、幕内の全勝は御嶽海の他、横綱・鶴竜、平幕の栃ノ心、朝乃山の4人。1敗で豪栄道、高安の両大関などが追う。鶴竜は2場所しっかりと休んだのが功を奏したのか、内容も良く5連勝。この調子なら、まず引退ということにはならないだろう。現在、優勝争いの筆頭候補だ。そして先ほども書いたが非常に調子がいいのが栃ノ心で、昨日は高安を、今日は豪栄道を破った。鶴竜や御嶽海ともこれから当たるので、ダークホースとなりそうだ。一方で鶴竜以外の2横綱は試練となった。白鵬は最初の2日は良かったが、3日目、4日目と連敗。そして4日目に足を痛め、今日から休場となってしまった。白鵬は場所前に、立ち合いの張り差しやかち上げに苦言を呈され、今場所は立ち合いでそういったことをしていなかった。連敗したのも立ち合いで悩んでいるのかなという気もするが、白鵬ならばこれも難なく対応してきそうに思う。まずはケガをしっかり治してほしい。そして稀勢の里は初日に敗れ、2日目は勝ったものの、そこからなんと3連敗。序盤、1勝4敗という非常に苦しいスタートになった。まだ関脇以上との対戦はすべて残っており、今場所の勝ち越しは非常に厳しいと言わざるを得ない。どうしてこんな状態になってしまったのか、そしてどうすればこの状態を抜け出せるのか、もうわからない。今場所終了後に進退を問われるということはないようだが、このまま出続けて負け越しても、途中休場しても、次に出る場所は間違いなく進退をかける場所になる。それならば、次の場所で勝ち越せるようになるにはどうするのが一番良いかというのをよく考えて、出続けるのか、休むのか、決断してほしいと思う。横綱の責任とかはいったんおいといて、復活するための最善の手段を選んでほしい。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:50 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

NGT48 2ndシングル個別握手会の第11次応募受付がスタート

NGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」。その個別握手会の第11次応募受付がスタートした。

フォーチュンミュージックのページ(購入には会員登録が必要)
https://fortunemusic.jp/ngt48_201712/

第11次応募受付は1月17日の14:00から18日の14:00まで。買える枚数は1回の申し込みにつき、1人15種類まで、1種あたり20枚まで(最大300枚まで)。最大5回まで申し込みが可能。

この11次から、『当日メンバー指名参加券』というものを申し込めるようになった。

詳細はこちら
http://ngt48.jp/news/89277

つまり、とりあえずこの券を買っておいて、握手会当日にどのメンバーのどの部に参加するか選べるということだ。おそらく完売やそれに近い部は選べないと思うが、それでも結構な数のメンバーから選べることになる。NGTの場合、握手会のちょっと前まで受付をしているのでこの券はそんなにいらないようにも思えるが、それでも締め切り後に急に気になってきたメンバーがいるとか、あるメンバーをお試しで1枚だけ買って参加したら良かったのでもう1回握手したいとか、そういうときに使えるのではないかと思う。どこの会場でも使えるということではなく、ある日程の券を買ったらその日しか使えないので買うときは注意。


第10次までで完売した部は以下の通り。

2月10日:名古屋
荻野由佳…1,3,4部
小熊倫実…3部
北原里英…2,3部
西潟茉莉奈…2,3,4部
本間日陽…全部(1,2,3,4部)
奈良未遥…3部

2月11日:東京
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
小熊倫実…3部
柏木由紀…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…2,3,4部
中井りか…4,5部
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

2月12日:長岡
荻野由佳…5部
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

3月17日:東京
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…2,3,4,5部
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

3月25日:新潟
荻野由佳…全部(1,2,3,4,5部)
柏木由紀…全部(1,2,3,4,5部)
北原里英…全部(1,2,3,4,5部)
西潟茉莉奈…全部(1,2,3,4,5部)
本間日陽…全部(1,2,3,4,5部)

4月15日:神戸
荻野由佳…1,2,3,4部
太野彩香…4部
西潟茉莉奈…2,3,4部
本間日陽…2,3,4部


第10次で新たに完売した部

2月10日:名古屋
荻野由佳…1,3部
小熊倫実…3部
本間日陽…1部
奈良未遥…3部

2月11日:東京
中井りか…4部

2月12日:長岡
荻野由佳…5部
西潟茉莉奈…1部
本間日陽…1部

3月25日:新潟
荻野由佳…2部

今回、完売が大きく増えた。年が明けて握手会が近づいてきたのが大きいと思う。2月の握手会まではもう1ヶ月を切っているので、スケジュールもだいぶわかってきただろうし、受付の締め切りが近いというのもある。実際3月以降より2月の方が完売した部が多いし。今回、2月の握手会の受付が最後という発表もないので、おそらく次回(第12次)も応募はできるんじゃないかと思うが、心配な人は今回のうちに申し込んだ方が良いだろう。

posted by K at 01:07 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする