2017年03月17日

中村麻里子が卒業を発表

AKB48の中村麻里子が卒業を発表した。

16日のスポーツ紙に、3月末に卒業して4月から兵庫県の独立放送局、サンテレビに契約アナウンサーとして入社するという記事が掲載。その後、夜の公演に登場し、本人の口から改めて発表された。卒業公演は3月30日、最後の握手会は3月20日となる。

デイリースポーツの記事
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/16/0010003336.shtml

これだけ次の進路がはっきりと決まっているのも珍しいというか、こうなるともはや転職だけど素晴らしい。大学とAKBを両立しつつ、昨年末からテレビ局に就活してサンテレビから内定をもらったとのことでなかなかできることではない。ただ、実際こまりこはアナウンサー向いてると思う。芸達者なのでモノマネとかそっちの方に目が行きやすいが、はきはき喋るしすごく聞き取りやすい。それに『あん誰』の司会もなんなくこなしていた。もう卒業まで半月しかないので、ファンにとってはあまりに急で寂しいかもしれないが、サンテレビが見られる地域の人にとってはむしろテレビで見る機会は増えるかもしれない。

こまりこは選抜には縁がないメンバーだったが、グループで果たしていた役割は地味に大きい。アナウンサーで採用されるほどに喋りが達者なのでMCもできたし、じゃんけん大会などではコスプレで確実に結果を残す。そしてチームAではキャプテンのゆいはんがなかなか公演に出られない中、副キャプテンとしてチームをまとめていた。チームAはこじはるとなーにゃの卒業も控えているが、次の副キャプテンはどうするのだろうか。かなり後輩だが、いっそかよよんあたりがやっても良い気がするけど。

9期生の卒業は昨年末に卒業したぱるる以来。残る9期生は全グループ合わせて5人、AKBには3人となる。ちょっと前まではかなり残っていたイメージがあったが、この1年ほどの間にまりやぎ、ぱるる、こまりこの3人が卒業。だんだん少なくなってきた。

契約アナウンサーなので、サンテレビとの契約は1年で、最大2回の更新が可能とのこと。記事ではいずれはフリーになりたいとも言っているようなので、いつの日か、全国放送でアナウンサー・中村麻里子が見られるのを楽しみにしている。

posted by K at 00:41 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

平成29年春場所 5日目□白鵬

5日目 □御嶽海(不戦勝)白鵬■

御嶽海にとって今場所初の結びの一番となるはずだった今日の一番だが、白鵬が前日の勢戦で右太ももを痛め、さらに場所前に右足の指を痛めていた影響もあり、本日から休場。御嶽海は労せずして3勝目を挙げた。御嶽海の不戦勝は初めてとなる。

ラッキーといえばラッキーだし、残念といえば残念。今場所から横綱が増えたが、1場所で最大4回しかできない横綱戦。まだ成長途中である御嶽海にとっては貴重な経験を積む機会だが、それができなかったのは残念。とはいえ、勝ち越したい場所で相撲を取らずに1勝したというのは間違いなくラッキー。本場所は疲労もたまるであろう中で1日休んだのもプラスに働くかもしれない。この幸運を勝ち越しにつなげたい。白鵬はとにかくしっかり治してもらって、また万全にして戻ってきてほしい。そして万全になった白鵬に、いつか土俵で勝ちたいところだ。

これで春場所も序盤が終了。ここまでで3勝2敗と白星先行のスタートを切った。御嶽海は今場所が幕内9場所目だが、序盤を3勝2敗で終えるのはこれで7回目となる。過去6回のうち5回は勝ち越しており、順調といっていいだろう。ただ横綱・大関戦もまだ4日残っており、まったく安心はできない。今場所は悪くはないけど、まだ会心の一番が取れていない気がするので、まず会心の1勝を挙げたいところ。

明日の相手は琴奨菊。過去の対戦は2勝2敗で、ここのところ御嶽海が2連勝中。琴奨菊は先々場所、先場所と2場所連続で負け越し、32場所務めた大関から陥落した。ただし、今場所10勝を挙げれば特例で大関復帰となる。今場所はここまで2横綱を破る活躍を見せ、3勝2敗。10勝するには2勝1敗のペースでいけばいいので、2横綱と対戦している(+白鵬との対戦もない)ことを考えれば悪くないペースだ。御嶽海は琴奨菊に連勝中ではあるが、琴奨菊の体調は前2場所より良さそう。相手のペースにはしたくない。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(押し出し)琴奨菊○
28秋 ●御嶽海(寄り切り)琴奨菊○
28九 ○御嶽海(肩透かし)琴奨菊●
29初 ○御嶽海(寄り切り)琴奨菊●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:34 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年春場所 4日目●高安

4日目 ●御嶽海(寄り切り)高安○

立ち合い、御嶽海は左を差し、さらに右で前まわしを取って有利な体勢に。そのまま寄っていくが、ここは高安が堪える。高安が御嶽海の上手を切ると、一転して高安が攻勢に。御嶽海は左下手を取って応戦するが、高安の寄りに足が出てしまい勝負あり。高安は4連勝、御嶽海は2勝2敗となった。

見ごたえがあっていい相撲だったと思うが、勝てるチャンスもあっただけに悔しい一番でもある。序盤は御嶽海がいい体勢を作っていたんだけど、高安が非常に落ち着いていた。というか、高安に貫禄がついてきたような感じがする。まだ横綱との対戦がないとはいえ今場所もまだ無敗だし、もしかしたらこのまま一気に大関になってしまうかも。

御嶽海はこれで2勝2敗。負けた2番も勝つチャンスがあっただけにもったいなさは感じてしまう。場所が終わったときに「あの一番で勝っていれば…」ということにならないか心配だが、鶴竜や高安相手でも攻め込めるというのを前向きに捉えて明日以降も頑張ってほしい。

明日の相手は横綱・白鵬。これまでは3度対戦して、いずれも白鵬が勝利している。ただ今場所の白鵬は初日に正代に敗れ、さらに今日は勢にも敗れて2勝2敗。まさかの序盤戦となっている。御嶽海は過去の対戦であっという間にまわしを取られてそのまま負けているので、まず立ち合いをどうにかすること。それができれば勝つチャンスも出てくると思う。御嶽海はこれまですべての相手に対して、4度対戦するまでには1勝を挙げている。白鵬にもこのジンクスが通用するだろうか。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(寄り切り)白鵬○
28九 ●御嶽海(寄り切り)白鵬○
29初 ●御嶽海(寄り切り)白鵬○


タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:09 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

AKB48「シュートサイン」初日売り上げは93.4万枚

AKB48のニューシングル「シュートサイン」がオリコンデイリーシングルランキング1位に初登場。初日の売上は93.4万枚だった。

ここ4作連続で初日にミリオンを達成していたが、「唇にBe My Baby」以来の初日100万枚割れということになった。「初日100万枚割れ」なんて表現、AKB以外に使うことはないけど。

前作「ハイテンション」は初日112.0万枚だったので約19万枚減、昨年同時期に出た「君はメロディー」は初日113.3万枚だったので約20万枚減となる。ほぼ同じ条件の「君はメロディー」から下がっていることを考えると苦戦気味というところ。

このところは2日目以降の売り上げが下がっており、「ハイテンション」の初週売り上げは初日+5.7万枚だった。これをそのまま当てはめるとギリギリ初週でミリオンに届かない数字になるがどうなるか。累計の方のミリオンは間違いないだろう。

posted by K at 22:13 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48応援日記 Vol.048

祝?48回。

・北柏から西荻へのお手紙
3月12日に行われたAKB48グループ春祭りのステージイベントで、きたりえ(北原里英)、ゆきりん(柏木由紀)、おぎゆか(荻野由佳)、がたねぇ(西潟茉莉奈)の4人が登場。西荻の2人は「春のすべらない話」を披露すると聞かされていたのだが、先輩2人からの手紙のサプライズがあった。









きたりえも言っているようにドラフトでこの2人を取ったのは正解だったと思う。西荻の2人がきたりえとゆきりんを慕っているのも分かるし、きたりえとゆきりんが西荻を信頼しているのも分かる良い内容だった。たぶん、きたりえやゆきりんの方が先に卒業することになるだろうが、この2人が前から引っ張り、後ろから支えているのでNGTは大丈夫だろう。


・南区PR大使が引き継がれる
3月10日、みーずん(水澤彩佳)卒業に伴う新潟市南区PR大使の引継式が行われ、かとみな(加藤美南)大使が見守る中、みーずん大使から新大使のあゆたろう(中村歩加)にPR大使の座が引き継がれた。





新潟日報の記事
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170310312101.html

朝日新聞新潟総局の記事(動画あり)
http://www.asahi.com/articles/ASK3B3FWRK3BUOHB001.html

新大使はあゆたろう。良い人選だと思う。新潟市出身だし、同じ大使のかとみなと同い年で仲も良いし、パワポ使えるから。と思ってたら、上の朝日新聞の記事でも「カメラが得意で発信力があることなどが評価されたという。」って書いてあった。

そしてPR大使退任のみーずん。こういうイベントがあることでどんどん卒業が近づいていることを実感する。18日のエコスタのイベントで何かしてくれるかな。PR大使のお仕事お疲れ様でした。


・『SHR』第39回〜第44回の感想
第39回、40回はおぎゆか、がたねぇ、みはちゃん(奈良未遥)。普段から仲良しということで雰囲気も非常に良かった。おぎゆかとがたねぇの罵倒合戦(ミーアキャットとかおばさんとか)はもはや『笑点』でも見ているかのような安定感。そういえば3人とも動物だな…。キャッチコピーでは新潟そっちのけでみんな自己アピールしてるのが面白かった。

第41回、42回はアヤカニ(太野彩香)、れなぽん(長谷川玲奈)、まほほん(山口真帆)。前半は新企画の新潟大喜利…だったけど、これは大喜利と呼んでいいのだろうか。そんなハチャメチャな前半に対して、後半はびっくりするほどしっかりしたキャッチフレーズを出していてそのギャップが良かった。

第43回、44回はあゆたろう(中村歩加)、みーずん(水澤彩佳)、あやにゃん(宮島亜弥)。前半は前回に続いて大喜利だが、前回よりは大喜利っぽかった。後半のキャッチフレーズはさすがPR大使のみーずんという感じだった。このメンバーだと基本的にあゆたろうがいじられる流れだったが、いないのにちょくちょく話題に上がるもふちゃんはやっぱりキャラと毛量が濃いんだなあと思った。


posted by K at 18:08 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする