2018年05月20日

2018.05.20 巨人2-10DeNA

初回、筒香の2ランホームランでDeNAが先制。4回、筒香の2打席連続ホームランでDeNAが1点を追加。5回には梶谷の2ランホームランでDeNAがさらに2点を追加する。その裏、長野のホームランで巨人が1点を返すが、DeNAは7回にロペスのホームランで1点、8回は梶谷のタイムリーに巨人のエラーが絡んで2点、9回には筒香の今日3本目のホームランと宮崎のホームランで2点を追加。巨人はその裏、岡本のホームランで1点を返すが差はあまりにも大きくゲームセット。両チーム合わせて8本塁打の試合をDeNAが制し、このカードの勝ち越しを決めた。

先発の野上は5回5失点。3本塁打を浴びた。前回も炎上したし、DeNAと相性が悪いのか。まあ、DeNAとの相性が悪いだけなら、今後も日曜日に投げ続けるとすれば今後はほぼ当たらない(今のところ、今後日曜日にDeNA戦はない)ので問題ないのだが。

打線も長野と岡本のホームランのみ。今日は坂本と吉川の1、2番が6打席で6三振と散々だった(吉川は途中で交代)。でも、昨日、おとといとノーヒットだった岡本にホームランが出たのは良かった。これで今季8号。10本は行けそうなので、20本を目指してほしい。

火曜日からは広島との2連戦。巨人の主催試合だが、火曜日は宇都宮で、水曜日はひたちなかで行われる。巨人の先発は山口俊、吉川だろう。最低でも1勝はしておきたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 20:57 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

平成30年夏場所 7日目●魁聖

7日目 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○

立ち合い、御嶽海は突き放そうとするが、重い魁聖を押し込むことができず、魁聖の圧力の前に逆に後退する。さらに魁聖が右を差し、左上手も取って十分の形に。そこから一気に寄っていき、寄り切り。御嶽海はまたも魁聖に勝つことができず、3敗目となった。

御嶽海は離れて取りたかったが、大きくて重い魁聖に前に出てこられるとなかなか厳しい。それでも徹底して突き放していければあるいはなんとかなったかもしれないが、右を差されてしまったのでこうなるともうどうしようもない。もっとしっかり対策を練らなければいけないということか。

明日、中日の相手は松鳳山。過去の対戦は3勝4敗(幕内では3勝3敗)で、先場所は寄り倒しで松鳳山が勝っている。松鳳山は今場所東2枚目で、ここまで2勝5敗。勝ち星は伸びていないが、2勝は鶴竜と逸ノ城から挙げたものである。御嶽海は初対戦から3連敗して、その後3連勝と苦手さはなくなっていたのだが、先場所は久々に敗れた。明日勝って、白星先行で後半戦を迎えたいところだ。


過去の対戦
27秋 ●御嶽海(掬い投げ)松鳳山○
27九 ●御嶽海(上手投げ)松鳳山○
28夏 ●御嶽海(寄り切り)松鳳山○
28名 ○御嶽海(寄り切り)松鳳山●
29春 ○御嶽海(押し出し)松鳳山●
29秋 ○御嶽海(引き落とし)松鳳山●
30春 ●御嶽海(寄り倒し)松鳳山○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:03 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.05.19 巨人1-5DeNA

初回、筒香の2ランホームランでDeNAが先制。4回、マギーのタイムリーで巨人が1点を返す。7回、ロペスの犠牲フライでDeNAが1点を追加。9回、宮崎の2点タイムリーでDeNAが2点を追加。このリードを守り、DeNAが勝利。このカードは1勝1敗となった。

先発の田口は6回2失点。9安打されながらも2点に抑えて試合は作ったが、今日はこの2点が重かった。それでも、登板しては5点、6点取られていたときから比べると粘りは出てきたのかなと思う。もう一段階調子が上がれば昨年の田口に近くなるのだが。

打線は5安打で1点。5安打の他6四死球もあったのだが、10残塁とチャンスで1本が出なかった。昨日みたいに効率よく点が取れることもあればこういうこともあるか。

明日の先発は巨人が野上、DeNAがウィーランド。今季安定したピッチングを続けている野上だが、DeNA戦では前回、3回途中7失点の大炎上となった。自身のリベンジの意味も込めて、試合をしっかり作ってほしい。対するウィーランドとは今季2回目の対戦。前回は5回7失点で巨人が勝利。これが5月5日で、ウィーランドはそれ以来の一軍登板となる。前回は序盤に大量点を奪ったので、今回もそれの再現を狙いたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 21:41 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

平成30年夏場所 6日目○遠藤

6日目 ○御嶽海(上手出し投げ)遠藤●

立ち合い、御嶽海は遠藤を突き放し、突き押しで遠藤を押し込む。なおも押していこうとするが、ここで遠藤が右前まわしに手をかけると御嶽海が叩いてこれを切り、なおもまわしを取ろうとした遠藤に対して左上手を取り、そのまま出し投げ。小結同士の対戦は御嶽海が制した。

取り口がまったく違う2人なので、自分の相撲にした方が勝つという一番だったが、今日は立ち合いで突き放した御嶽海の相撲になったのが勝因だろう。先手を取れたので、遠藤が前まわしに手をかけたのにも素早く反応して対応することができた。

明日の相手は魁聖。過去の対戦は0勝3敗で、御嶽海が3回以上対戦して勝てていない唯一の力士である。ただし、最後の対戦は一昨年の九州場所、御嶽海が新小結だった場所であり、そのころとは実力もだいぶ違っていると思われる。魁聖は先場所12勝3敗と大活躍し、今場所は西筆頭。初日から上位戦が続いて5連敗していたが、今日は5連勝だった正代を破った(ちなみに正代も魁聖に勝ったことがない)。御嶽海にとっては苦手な巨漢力士だが、魁聖より重い逸ノ城にも勝っているし、突き放していけば勝機はあると思う。

過去の対戦
28春 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28名 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28九 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○


昨日まで全勝だった3人のうち、白鵬、正代が敗れ、全勝は栃ノ心1人となった。白鵬は初顔だった阿炎に突き放され、反撃できずに一方的に押し出される完敗だった。なかなか衝撃的な負け方だったが、まだ差は1つで残りは9日間ある。引きずらずに行けるかが大事だろう。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:41 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.05.18 巨人6-3DeNA

3回、筒香の2ランホームランでDeNAが先制。しかしその裏、坂本の3ランホームランで巨人がすぐに逆転する。5回、梶谷のホームランでDeNAが同点とするが、その裏、巨人先発・菅野のプロ初ホームランで巨人が勝ち越す。6回、代打阿部の2点タイムリーで巨人が3点差に。このリードを澤村、マシソン、カミネロのリレーで守り切った巨人がカードの初戦を制した。

先発の菅野は6回3失点。3回に筒香に浴びたホームランで30イニングぶりに失点、球数も6回で107球と、菅野にしてはやや不調だったかもしれないが、先発として最低限の仕事はした。そして今日は何よりプロ初ホームランが出た。菅野はバッティングも良いのでなんなら初ホームランなのが意外なくらいだったが、ライナーでスタンドに突き刺さるすごいホームランだった。

打線は効果的に得点した。菅野のホームランもそうだが、坂本の3ランも、菅野の代打で出た阿部のタイムリーも非常に良いところで打ってくれた。今日は8安打だったが、それがすべて得点したイニングで出たので、効率が良かった。

明日の先発は巨人が田口、DeNAが濱口。前回3ホームランを浴びた田口。ただ、前のDeNA戦では7回2失点の好投で勝っているので、そのピッチングを見せてほしい。対する濱口は左肩の違和感で出遅れ、さらに登板予定の試合が雨で中止になるなどして初登板が遅くなり、先週ようやく今季初登板して5回5失点だった。昨年はルーキーで10勝しているので実力は確か。本来の力を取り戻す前に打ちたい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 22:10 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする