2017年03月15日

NGT48 1stシングル個別握手会の第3次応募受付がスタート

4月12日発売のNGT48の1stシングル「青春時計」。その個別握手会の第3次応募受付がスタートした。

フォーチュンミュージックのページ(購入には会員登録が必要)
https://fortunemusic.jp/ngt48_201704/

第3次は今日(15日)の午後3時から明日16日の午後2時までの受付となっている。買える枚数はさらに増え、1回の申し込みで15種類まで、1種類あたり10枚まで。これが3回まで申し込み可能なので最大で450枚申し込みできることになる。

2次までの時点で完売している部は以下の通り(1次で完売したものも含む)。

4月30日:パシフィコ横浜
加藤美南…1部、2部、3部
中井りか…1部、2部、3部
西潟茉莉奈…2部
本間日陽…2部、4部
山口真帆…2部

8月20日:ハイブ長岡
柏木由紀…全部
加藤美南…2部
中井りか…1部、2部、3部
西潟茉莉奈…2部、4部、5部
本間日陽…2部、4部
宮島亜弥…3部

1次で完売を出したメンバーはそれぞれ完売の部数を増やしたほか、新たにまほほんとあやにゃんに完売が出た。日程別だとやはり最初の横浜と地元の新潟に集中している。逆に言えば残りの3つの日程は当たりやすいということになるので、スケジュールが合うなら狙い目かもしれない。

posted by K at 16:13 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT48 1stシングルのタイトルは「青春時計」

NGT48は14日に行われた『COUNT DOWN TV GIRLS FES』に参加し、そこで4月12日発売の1stシングル「青春時計」(せいしゅんどけい)と、そのカップリング曲「暗闇求む」(くらやみもとむ)を初披露した。

写真やセットリストなどは以下のページへ。
https://mdpr.jp/music/detail/1670688

ということで、発売まで1ヶ月を切ってついにタイトルが解禁された。「青春時計」か。曲は聞いてないので何とも言えないが、「Maxとき」や「みど森」の路線と大きくは違わないような気はする。そしてさらにカップリング曲も披露。「暗闇求む」というタイトルからしてこれまでのNGTのイメージとは違った曲なのは間違いないだろう。他のカップリング曲はおそらく18日のエコスタのイベントで披露されるものと思われる。






公式ツイッターではアーティスト写真も初公開。このアー写で着ている衣装が1stシングルの衣装のようだ。ちなみにこのアー写の立ち位置は以下のような感じ。

1列目(文字の前で立ってるメンバー、左から)荻野由佳、柏木由紀、高倉萌香、中井りか、加藤美南、北原里英、本間日陽
2列目(文字に座っているメンバー、左から)村雲颯香、太野彩香、菅原りこ、山田野絵、小熊倫実
3列目(文字の上に立っているメンバー、左から)西潟茉莉奈、長谷川玲奈、佐藤杏樹、山口真帆

きたりえのツイッターでは衣装もより大きく載っている。





これだけ赤い衣装もなかなか珍しいのでは。NGTは赤と白がグループのカラーで、「Maxとき」の衣装がどっちかというと白を基調にしたものだったので、今回はその対で赤が基調になってるのかな。この衣装で踊っている姿を早く見たい。

なお、エコスタのイベントの前日、3月17日の朝9時30分から、NGT48のSHOWROOMのアカウントで「青春時計」のMVが解禁されるとのこと。平日の午前中ということでなかなかハードルが高いが、見られる人はぜひ。

NGT48のSHOWROOMアカウント(たぶんここで配信される)
https://www.showroom-live.com/ngt48_official


タイトル未定(TypeA)(DVD付) - NGT48
タイトル未定(TypeB)(DVD付) - NGT48
タイトル未定(TypeC)(DVD付) - NGT48
タイトル未定 - NGT48
posted by K at 01:35 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

平成29年春場所 3日目○玉鷲

3日目 ○御嶽海(上手出し投げ)玉鷲●

立ち合い、御嶽海は玉鷲の強烈な突きで体が起きかけるが、すぐに前傾姿勢に戻して押し返す。押し合いの中で玉鷲が右を差し、同時に御嶽海が左上手を取る。玉鷲が寄ろうとしたところで御嶽海が上手出し投げを打ち、これが決まって勝負あり。6度目の対戦も御嶽海の勝利となった。

これで対玉鷲は6勝0敗。結果だけ見ると圧倒しているのだが、今日も含め内容を見ているとなぜこんなに差がつくのかわからないくらい熱戦が多い。解説の親方が言うには下から攻めているのがいいらしいが、それが理由ならば玉鷲が攻め方を変えてこなければ御嶽海の有利は今後も続くことになりそう。

これで勝ち星を先行させた。今場所はまだ大関以上との対戦も多く残っているので、関脇以下の相手にはできるだけ勝っておきたいところだ。

明日の相手は高安。御嶽海にとって一番多く対戦している相手であり、明日が7度目の対戦となる。過去は3勝3敗で、先場所は御嶽海が勝っている。高安はここまで3連勝で、11勝した先場所に続いて好スタートを切っている。大関を目指すために今場所も2ケタ勝ちたい高安にとっては負けられない相手だろうが、御嶽海としてもライバルに先を越されたくはない。お互いの意地がぶつかり合う好勝負を期待したい。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(押し出し)高安●
28初 ●御嶽海(寄り切り)高安○
28夏 ●御嶽海(突き落とし)高安○
28秋 ○御嶽海(押し倒し)高安●
28九 ●御嶽海(首投げ)高安○
29初 ○御嶽海(寄り切り)高安●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:43 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

平成29年春場所 2日目○松鳳山

2日目 ○御嶽海(押し出し)松鳳山●

立ち合い、松鳳山が御嶽海に比べてかなり早く立ってしまうが、立ち合いは成立。御嶽海はふわっと立つ形になったが、遅れて立ったことでもろ差しの形になり体勢有利に。松鳳山が投げに来たところを押し出して勝負あり。御嶽海が今場所の初白星を挙げた。

何と言っていいのかわからないが、とにかく勝ったのは良かった。今日に関しては御嶽海が立ち遅れたのではなく、松鳳山があまりに早く立ちすぎたんだと思う。待ったがかかってもおかしくないくらいだったが、待っただと思わずすぐに攻めたのが良かった。本人的にもすっきりとはしてないかもしれないが、勝ちは勝ちなので、ここからまた勝ち星を積み重ねていってほしい。

明日の相手は玉鷲。明日が6度目の対戦で、対戦成績は5勝0敗と御嶽海が圧倒している。玉鷲も実力者だし、さすがにそろそろ負けるんじゃないかとここのところ毎場所思っているのだが、それでも勝っている。ただ当然油断は禁物。玉鷲は4場所連続勝ち越し中で、ここ2場所は三役で勝ち越している。今や大関候補と言ってもいいくらいのところまで来ている。まずは立ち合いを制したい。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(叩き込み)玉鷲●
28初 ○御嶽海(押し倒し)玉鷲●
28秋 ○御嶽海(寄り切り)玉鷲●
28九 ○御嶽海(押し出し)玉鷲●
29初 ○御嶽海(突き出し)玉鷲●


タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:34 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

平成29年春場所 初日●鶴竜

初日 ●御嶽海(下手出し投げ)鶴竜○

立ち合い踏み込んだのは鶴竜だったが、御嶽海が押し返し、鶴竜を突き放す。お互いに突き合う中で右四つの状態となり、先に攻める御嶽海が鶴竜を土俵際まで追い込む。しかし、ここで下手を取っていた鶴竜の出し投げが決まり鶴竜の勝ち。御嶽海は対鶴竜戦連勝とはならず、黒星スタートとなった。

あと一歩のところまでよく攻めたんだけど、惜しかった。出し投げを食らうところまでは御嶽海のペースだったし、勝っていてもおかしくない相撲だったと思うが、そこを勝たせてくれないのが横綱、なんだろう。ただ今日の相撲を見る限り、今場所も調子は悪くなさそうだし、期待してもいいのではないだろうか。

2日目の相手は松鳳山。松鳳山とは十両時代を合わせて5度目の対戦で、これまでは1勝3敗。しかし直近の対戦では御嶽海が寄りきりで勝っている。この取組は組む形になることが多いが、そうなると松鳳山の形なので、なんとか組ませないようにしたい。今日の序盤の相撲ができれば御嶽海のペースにできると思う。

過去の対戦
27秋 ●御嶽海(掬い投げ)松鳳山○ ※十両
27九 ●御嶽海(上手投げ)松鳳山○
28夏 ●御嶽海(寄り切り)松鳳山○
28名 ○御嶽海(寄り切り)松鳳山○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:58 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする