2017年07月12日

平成29年名古屋場所 3日目●豪栄道

3日目 ●御嶽海(押し出し)豪栄道○

立ち合い、当たり勝ったのは豪栄道。御嶽海の体を起こし、まわしに手をかけようとする。御嶽海は巻き替えて防ぐが、そこを豪栄道が一気に出て押し出し。豪栄道が完勝し、御嶽海は初日からの3連勝とはならなかった。

今日は豪栄道が強かった。初日から連敗で、これ以上は負けられないという気迫も感じられたし、御嶽海がやりたい相撲をやられた。御嶽海も同じような展開を狙っていたはずなので、今日の相撲を見ると地力はまだ豪栄道の方が上なんだろうなと感じた。

明日の相手は大関・高安。過去の対戦は3勝5敗で、先場所は高安が首投げで勝っている。ただ先場所は内容的には御嶽海が押していたし、御嶽海にとっても強敵だが、高安にとってもやりづらい相手なんじゃないかと思う。新大関となった高安は初日、いきなり北勝富士に敗れたものの、そこから連勝で調子を取り戻してきている。立ち合いの力は相当なものがあるので、一気に持っていかれないように気をつけたい。

過去の対戦
27九 ○御嶽海(押し出し)高安●
28初 ●御嶽海(寄り切り)高安○
28夏 ●御嶽海(突き落とし)高安○
28秋 ○御嶽海(押し倒し)高安●
28九 ●御嶽海(首投げ)高安○
29初 ○御嶽海(寄り切り)高安●
29春 ●御嶽海(寄り切り)高安○
29夏 ●御嶽海(首投げ)高安○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 00:13 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

2017.07.10 巨人3-2ヤクルト

4回、山田の2ランホームランでヤクルトが先制。しかし6回、巨人は村田、亀井の連続タイムリーで同点とする。さらに7回には長野のホームランで勝ち越しに成功。巨人先発の田口は8回まで投げ、9回はカミネロが抑えてゲームセット。オールスター前最後のカード、初戦は巨人が制した。

先発の田口は8回2失点。先制を許してしまったが、その2点に抑えて8回を投げ切った。今年の巨人は先制されるととんでもなく弱いのだが、今日は田口が粘ったことで逆転勝ちとなった。

打線はヤクルト先発の山中に苦戦したが、6回に捉えた。今日は陽がスタメンを外れ、センターに立岡、レフトに亀井を入れたが、その亀井が同点タイムリーを打った。たぶん右投手だから左打者を入れたんだと思うけど、その采配がハマったか。決勝ホームランの長野も長打が出てきていい感じ。

明日の先発は巨人が菅野、ヤクルトが星。前回、中4日で82球を投げた菅野。明日は中5日での登板となる。オールスター前最後の登板だと思うので、全開で行ってほしい。ちなみにヤクルト戦は今季2試合に投げ2勝0敗、防御率0.53と得意にしている。対する星とは今季3度目の対戦。過去2試合は星から見て1勝0敗、防御率2.25とあまり打てていない。ただこっちは菅野なので、少しでもいいからとにかく点を取ること。0点だけないようにすればあとは菅野がなんとかしてくれる…と思う。

posted by K at 00:00 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

平成29年名古屋場所 2日目○北勝富士

2日目 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●

立ち合いからもろ差しを狙った御嶽海。北勝富士はのど輪で防ごうとするが、構わず前に出た御嶽海が一気に押し出し。完勝で名古屋場所連勝スタートを切った。

北勝富士は昨日新大関の高安を破るなど、このところ力をつけているのだが、まったく相手にしなかった。やりづらい相手ではないと思っていたが、ここまで圧倒的な勝ち方をするとは。北勝富士が力をつけている以上に御嶽海にも地力がついているということなのかな。

明日の相手は大関・豪栄道。過去の対戦は御嶽海の1勝3敗で、先場所は豪栄道が下手投げで勝っている。ただ今場所の豪栄道は初日から2連敗と元気がない。ということは御嶽海にとってはチャンスと言えるだろう。御嶽海は内容も良いし、今の相撲を続けていけばいい。がっちり捕まらないようにだけ気をつけたい。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(上手出し投げ)豪栄道○
28九 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○
29初 ○御嶽海(寄り切り)豪栄道●
29夏 ●御嶽海(下手投げ)豪栄道○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:14 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.07.09 巨人6-7阪神

3回、中谷の2ランホームランで阪神が先制。直後の4回、マギー、陽のタイムリーで巨人が同点とするが、その裏、上本のタイムリーで阪神が再び勝ち越し。5回、長野のホームランで巨人が再度同点とするが、その裏、高山のタイムリー、糸原の2ランホームランで阪神が3点を勝ち越す。このまま試合終了かと思われた9回、巨人は亀井の2点タイムリーで1点差とし、さらに坂本の通算1500安打目となるタイムリーにより、土壇場で同点に追いつく。しかしその裏、阪神はマシソンを攻め、最後は糸原のサヨナラタイムリーでゲームセット。阪神がサヨナラ勝ちした。

先発の山口俊は5回6失点。今日負け投手になったのはマシソンだけども、そもそもは山口がかなり打たれたのが大きい。2度同点に追いついてもらいながら、いずれもその直後に勝ち越しを許した。初登板のときは3本柱(菅野、マイコラス、田口)に次ぐ4本目の柱になってくれるかと思ったのだが、その後を見ると大竹、吉川、内海あたりとそう変わらない感じだなあ。残る3つの枠をどう埋めるかが後半戦の課題か。

打線は3度追いつく粘りを見せた。7安打で6点なので効率も良い。ただ惜しかったのは9回。同点に追いついてなお勝ち越しのチャンスがあったが勝ち越せなかった。マギーは打たなければたぶん押し出し四球をもらえてたと思うんだけどもなあ…。

2カード連続勝ち越したが、3連勝ができない。そろそろ大きな連勝で借金を一気に減らしたい。

明日からは東京ドームでヤクルトとの3連戦。オールスター前最後のカードとなる。明日の先発は巨人が田口、ヤクルトが山中。現在3連勝中、防御率リーグトップの田口。ヤクルト戦は2試合投げて1勝0敗、防御率2.13。シーズンの防御率が2.08なので得意でも不得意でもないというところだろうか。できれば7回くらいまで投げてほしい。対する山中とは今季2度目の対戦。前回は7回2失点と抑えられたのだが、菅野が完封したため巨人が勝っていた。山中は今季まだ勝ちがなく、7試合で0勝4敗、防御率4.64。打線が復調気味なので、明日もまず先制したいところ。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 01:05 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

平成29年名古屋場所 初日○稀勢の里

初日 ○御嶽海(寄り切り)稀勢の里●

立ち合いは五分。しかしそこから攻めたのは御嶽海。低い姿勢から稀勢の里の中に入りもろ差しとなると、御嶽海は一気に寄る。稀勢の里は重い腰で粘るが、最後は寄り切り。御嶽海は初挑戦からちょうど1年、6度目の対戦にして初めて稀勢の里を破った。

今日は2横綱3大関が敗れるというとんでもない1日だったのだが、御嶽海も主役の1人となった。今日は会心の相撲だったと思う。これまでも稀勢の里戦は善戦が多く、あと一歩まで追い詰めた相撲もあったが、そのあと一歩がなかなか出なかった。稀勢の里は確かにまだ万全ではないとは思うが、それでも今日は御嶽海が自分で壁を越えた相撲だったと思う。

明日の相手は北勝富士。同い年、同期入門で、大学時代からのライバル。プロに入ってからは今年の初場所で初対戦し、御嶽海が押し出しで勝っている。ただ北勝富士も力をつけており、先場所は東7枚目で10勝5敗。今場所は自己最高位の西2枚目で初の上位総当たり場所となるが、初日にいきなり注目の新大関・高安を撃破した。力は決して侮ってはいけないが、相撲の取り口的にはやりづらい相手ではないと思うので、今日のように自分の相撲を取ればいいと思う。

過去の対戦
29初 ○御嶽海(押し出し)北勝富士●

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:13 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする