2017年09月22日

北原里英の冠ラジオ番組&主演映画が決定

北原里英がNGT48からの卒業を発表してから1ヶ月が経ったが、そんなきたりえについて、新たな仕事が相次いで発表された。

1.BSNラジオで冠番組がスタート
10月2日から、BSNラジオで新番組「NGT48北原里英のMOONLIGHTING」がスタートすることが発表された。

日刊スポーツの記事
https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201709190000623.html

きたりえは卒業後も新潟と関わっていきたいと話していたが、この番組もその1つだろう。きたりえは過去にもラジオで冠番組をやっていたことはあるが、そのときは10分番組。今回は30分番組なのでたっぷり楽しめそうだ。放送時間は毎週月曜日の午後8時30分から。BSNラジオでは月曜9時から『NGT48のガチ!ガチ?カウントダウン』を放送しているので、その後の『トーク』まで含めると、1時間15分NGT関連の番組が続くことになる。『ガチガチ』とともに、長く続く番組になることを願う。


2.来年2月に主演映画が公開
来年2月に公開予定の映画、『サニー/32』で主演を務めることが発表された。

日刊スポーツの記事
https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201709210000090.html

こちらはきたりえが卒業後にやりたいと話していた女優の仕事。きたりえにとってはオムニバスのうちの1作を含めると3作目の主演映画となるが、びっくりするのが周りのメンバー。監督は『凶悪』で数々の賞を受賞した白石和彌監督。脚本も同じく『凶悪』を書いた高橋泉さん。共演者はピエール瀧さん、リリー・フランキーさん、門脇麦さんなどなど。ものすごいメンバーと一緒にやることになった。というかもう撮影は終わっているらしいが、女優への第一歩としてこの上ない環境ではないだろうか。ぜひともこの機会を活かして、素晴らしい女優になってほしい。

『サニー/32』特報


posted by K at 00:46 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

平成29年秋場所 12日目○正代

12日目 ○御嶽海(叩き込み)正代●

立ち合いで目の覚めるような当たりを見せた御嶽海。しかし正代はこれにも動じず、逆に御嶽海を押し返す。正代が頭をつけに来たところで御嶽海が叩くと、正代がバランスを崩してそのまま叩き込み。6勝6敗と五分の成績に戻した。

今日はまず立ち合いが素晴らしかった。相手が胸を出す立ち合いをする正代だからこそ思いっきり行けたというのもあると思うけど、この立ち合いができたというのは残り3日間に向けてきっとプラスになると思う。その後の展開はまだ理想のものではないだろうが、良い立ち合いができた分余裕があったかなと思う。

明日の相手は逸ノ城。過去の対戦は0勝1敗。唯一の対戦は昨年の春場所で、その時は逸ノ城が送り出しで勝っている。昨年春場所の時点では幕内下位同士の対戦だったのだが、その後上位に定着した御嶽海に対し、逸ノ城は腰椎椎間板ヘルニアによる休場などもあり、なかなか上位に戻れていない。今場所は東6枚目でここまで6勝6敗。四つの形にならないように気をつけたい。おそらく14日目が日馬富士、千秋楽が嘉風と組まれることになるので、明日は勝って、勝ち越しに王手をかけて土日に行きたい。

過去の対戦
28春 ●御嶽海(送り出し)逸ノ城○

優勝争いの方は、星2つの差をつけてトップを独走していた豪栄道が2敗目。しかし3敗で追いかけていた3人も敗れたため、2差は変わらず。4敗で日馬富士、嘉風、琴奨菊、阿武咲、千代大龍、貴ノ岩、荒鷲、大栄翔、遠藤、朝乃山の10人が追いかける展開となった。なお、明日4敗同士の対戦があるため、優勝決定は早くても14日目となる。豪栄道が圧倒的に有利なのは変わらないが、もし明日負けるようだとわからないな。まだ日馬富士戦も残っているし。4敗勢で調子がいいのは嘉風。初日から4連敗したが、そこから8連勝で優勝争いにまで絡んできた。さらに明日対戦する日馬富士とは9勝9敗で互角、千秋楽に組まれるであろう御嶽海にも3勝1敗と相性が良い。豪栄道とは対戦済みなので他力本願ではあるが、要注目だろう。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:38 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年秋場所 9日目○貴景勝

※書いたはずだったものがアップされていなかったので改めてアップ。「明日」などの表記は9日目時点のもの。

9日目 ○御嶽海(引き落とし)貴景勝●

立ち合いで当たり勝ったのは貴景勝。御嶽海を突き放し、土俵際まで追い込む。しかしここで足が揃ってしまい、さらに滑ってしまって前にばったり。決まり手は引き落としとなり、御嶽海が勝利。白星先行となった。

ラッキーとまでは言わないが、勝ちを拾った一番だった。立ち合いは負けていたし、その後も相手の圧力に押されてしまっていた。ただそれでも一気に持っていかれることなく少し抵抗したことで、貴景勝にも余裕がなくなり、それがこういう結果になったのかなと思う。しかし貴景勝にはしっかり対策を練らないといけないだろうな。

明日の相手は碧山。過去の対戦は1勝1敗で、直近の対戦では御嶽海が押し出しで勝っている。碧山は今場所、初日から休場していたが、中日から復帰。しかしいきなり日馬富士、豪栄道と当てられ連敗。そのため今場所の成績は2敗7休となっている。まだ本調子ではないはずだが、御嶽海は巨漢力士が苦手な印象があるので不安もある。先に仕掛けていきたいところ。

過去の対戦
28初 ●御嶽海(突き出し)碧山○
28九 ○御嶽海(押し出し)碧山●

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 00:00 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

平成29年秋場所 11日目●豪栄道

11日目 ●御嶽海(寄り切り)豪栄道○

立ち合い、豪栄道が右四つの形を狙う。それを嫌った御嶽海は強引にもろ差しの形を狙うが、それによって体勢が悪くなり、構わず前に出た豪栄道が寄り切り。豪栄道は10連勝、御嶽海は再び黒星先行となった。

今場所の勢いの差がはっきり出た一番だった。豪栄道の得意な形になりかけたので、それを避けようともろ差しを狙ったら体勢が悪くなって寄り切られたという感じだったが、仮にもろ差しを狙わず、右四つに組んでいても負けていたと思うし、やはり立ち合いで先手を取られた時点で今日はダメだったんだなと思う。ちょっと立ち合いが高いなあ。

明日の相手は正代。過去の対戦は4勝5敗で、幕内では4勝3敗。先場所は御嶽海が下手出し投げで勝利した。正代は今場所東5枚目で、ここまで5勝6敗。お互い勝ち越しに向けて負けられない一番となる。まず鋭い立ち合いを見せられるか、そしてそこから次の動きに早く移行できるか。この2点だろう。

過去の対戦
27夏 ●御嶽海(下手投げ)正代○ ※幕下
27秋 ●御嶽海(寄り倒し)正代○ ※十両
28初 ●御嶽海(寄り切り)正代○
28春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
28名 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29初 ○御嶽海(寄り倒し)正代●
29春 ○御嶽海(寄り切り)正代●
29夏 ●御嶽海(寄り切り)正代○
29名 ○御嶽海(下手出し投げ)正代●

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:45 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.09.20 巨人2-0阪神

初回、マギーのホームランで巨人が先制。2回には長野のタイムリーで1点を追加する。その後は巨人・菅野、阪神・秋山の両先発の好投で試合が動かないまま終盤へ。秋山は6回で降板するが、菅野は7回以降も投げ続け、結局9回を1人で投げ抜き完封。巨人が勝利した。

先発の菅野は9回無失点。被安打2、無四球でダブルプレーが1つあったので、対戦した打者は28人だった。文句なしのピッチング。今日の勝因の9割は菅野と言っていいだろう。これで16勝目となり、最多勝のタイトルはほぼ手中にしたと言っていいだろう。よっぽど炎上しない限り防御率も1位だろうし、2冠となりそうだ。あとはさらに勝ちを上乗せできるか。

打線は序盤に2点。今日は打順を入れ替え、1番に坂本、2番に陽、3番にマギーを入れたが、その効果はあまり感じられず。でも首脳陣も何か変えようとしているのはわかってよかった。

DeNAは試合がなかったため、ゲーム差なしとなった。勝率の差でDeNAが3位、巨人が4位のままである。とにかく勝っていくしかないな。

明日は試合がなく、あさってから6連戦。金・土がマツダスタジアムで今季最後の広島戦、日・月が神宮でヤクルト戦、火が東京ドームに移ってヤクルト戦、水が東京ドームで最後の中日戦となる。まずは広島戦、先発はマイコラスと畠になると思うが、2人は菅野、田口と比べると広島を苦手にしているのが不安なところ。広島の優勝が決まっているのが、こっちにプラスに働くことを祈りたい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 23:15 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする